こんばんわ。
AVアンプのSONY STR-DH530ですが、3ヶ月程度使用したので再レビューしたいと思います。

関連記事はこちら

主な用途は下記のようになります。
・テレビ音声(アニメ・洋画)
・ブルーレイ音声(アニメ・洋画)
・ゲーム音声

映像を視聴する際には音楽も聴きますが、音楽単体で視聴という点では全くといっていいほど使用してません。

さて、まずリモコンですが実はほとんど使用する機会がありません(^_^.)
というのも、HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が搭載されているため、ほとんどの操作を各機器で行えるからです。
ここでいう各機器とはテレビやブルーレイレコーダーという事になります。

ですから、テレビの電源を入れれば自動でAVアンプの電源も入り、切れば同時に切れます。
さらにボリューム操作や、音声入力自体が他の機器に変われば自動で切替えてくれます。

例)
テレビ→アンプ→スピーカー

これをブルーレイに切替えたときに、自動的に入力切替を行ってくれます。
ブルーレイ→アンプ→スピーカー

HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が備わっていないとリモコンでテレビ入力からブルーレイ入力に切替えてあげないと音声出力をしてくれないので、その切替を全て自動でしてくれるのが非常に便利で使い勝手が良いです。
音質については他と比べたことが無いのでなんとも表現しにくいですが、エントリー向けのホームシアターセットのアンプよりは良いと思います。
AVアンプはAudio Visual Amplifireの略?だと思うので(たぶん)、言ってみれば音楽の音声も映像の音声も良い音で聴きたい!という欲張りな製品だと思います(^_^.)

音楽だけを楽しみたいのであればプリメインアンプの方が良いかと思いますが、マルチチャンネルを楽しんだり、リビングで使用するなら多用途に使えるAVアンプをお勧めします。

 
ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DH530
ソニー (2012-04-20)
売り上げランキング: 706