画像2
最近良く利用するテクニックなのですが、USBホストケーブルを用いた簡易モバイルバッテリーを有効活用してます。
どういうことかというと、USBホストケーブルというケーブルを使用すれば、スマホをモバイルバッテリー代わりに使う事が可能なのです。
今までの当ブログの記事では、このケーブルでキーボードやマウスを接続する事を良く書きましたが、実際の実用性という面では、結局のところBluetooth接続の方が手軽でスマートだったりします(^_^.)
ですから、USBマウスやキーボードも接続できるんだ!という事実だけを記事にしただけでした。
しかし、今回のモバイルバッテリーとして利用するテクニックは実用性にも長けています。

用いるものは同じで、『USBホストケーブル』またはアダプタタイプの『USBホストアダプタ』と呼ばれるものです。
これに、USBホスト機能に対応したスマートフォンやタブレットデバイスがあれば、簡単にスマホやタブレットが大容量なモバイルバッテリーに変身するというわけです。
注意点としては、古いAndroidデバイスはこのUSBホスト機能を備えていない場合がありますので、機能が無い場合には残念ながら使用不可です。

画像3画像2
ケーブルを接続すれば良いだけなので、特に難しい事はありません。
私の所有しているGALAXY NEXUS(SC-04D)とNexus7(2012)は両方ともUSBホスト機能を備えているため、ケーブルを差し替えてあげるだけで、SC-04Dを充電したりNexus7を充電したり切り替えてやることも可能です。

写真 2014-02-11 16 27 58
そして、今度はライトニングアダプタの変換ケーブルをかましてあげれば、iPhoneだって充電可能です。
もちろんその他の変換ケーブルがあれば、なんでも充電ができてしまうので、ケーブル一本といえど大変便利です。(※アンペア出力的に充電不可能な製品も中にはあります)

画像4
私は主にタブレット、iPhone、Androidスマホ、モバイルWi-Fiルーターと沢山ガジェットを持ち運ぶので、どれでも充電できるようにUSBケーブルと、USBホストケーブル、そしてライトニング変換アダプタの3つをカバンに忍ばせています。
ライトニング変換アダプタは一つあればとても便利で、マイクロUSB端子にかますだけで、ライトニングケーブルに変身します。
iPhone用のケーブルとAndroid用のケーブルを一本にまとめられるので、持ち物が多いユーザーには重宝する一品ですね。

このテクニックは主にAndroidとiPhoneの2台持ちや、タブレットとスマホの2台持ちというユーザーに利用できるやり方です。
1台しか持ち運ばない方は結局のところモバイルブースターが必要になるのですが、もし今現在2台持ち以上で、なおかつモバイルバッテリーも持ち運んでいる方は、この方法を試す事により、荷物を減らすことが出来るかもしれませんよ(^^♪
私が使用しているUSBホストケーブルは下記の安物です。
安い物は100-200円程度で販売されてますので、一本あればきっと役にたちます。
また、ライトニング変換アダプタも一つあれば便利な品物なので、こちらも個人的にはかなり使用頻度が高いのでご紹介しておきます。
USBホストケーブルは、L字タイプや二又タイプ、巻き取りタイプ、アダプタタイプなど様々な形の物があるので、用途に合わせて選ぶと良いかと思います。
個人的にはかさばらないアダプタタイプも検討中。