2017-04-14-10-36-32
先日購入したスマホ用VRゴーグル、VOX PLUS 3DVRが届いたので、さっそく開封の儀と簡単なレビューをします。

私はPSVRを持っているので、VRゲームはそれなりに遊んでます。
スマホでの簡易VRがどれほどの性能でどれくらい遊べるのか、 PSVRに迫る勢いがあるのかなど、気になってました。
 

開封の儀

2017-04-14-10-37-08
さっそく開封していきます。
箱を開けるとまずは専用の巾着袋が入ってました。

遊んだあとはレンズにほこりが入らないように、これにしまえという事ですね。
まぁ使わんでしょう。なんせ2,000円の代物ですから。

内容物など

2017-04-14-10-37-17
本体が登場です。
水中眼鏡というか、シュノーケリングで使うアレみたいな感じですね。

ちなみにプラスチック製なのでかなり軽いです。PSVRに慣れていると、めちゃめちゃ軽く感じます。
重さは325グラム程度のとの事。

2017-04-14-10-38-11
内容物はこれだけ。
クロス、説明書、専用布ケース、本体です。

2017-04-14-10-38-59
 説明書は全て英語で書かれていて日本語表記はありません。
 直感的にいじって理解するしかなさそうです。


作りは全体的にチープ

2017-04-14-10-39-47
2017-04-14-10-40-11
Amazonレビューでも書かれていた、ゴムバンドの耐久性については確かに弱そうです。
縫製が雑という事ではないですが、見るからに甘い縫い方なので長く使用するとそのうちほつれてきたり、ゴムが伸びたりするでしょう。
長さ調節の固定方法はマジックテープです。

眼鏡をかける人でも使える

2017-04-14-10-40-43
レンズ部分は保護フィルムが貼ってあります。
PSVRの時もそうでしたが、レンズに傷がつくのを恐れてこれを剥がさない人いますが、必ず剥がしましょう。
保護フィルムで映像が歪んで見えてしまい、没入感どころの話ではなくなります。

2017-04-14-10-42-44
2017-04-14-10-43-07
ちなみに私もメガネユーザーなのですが、家用のメガネをかけながらも問題なくゴーグルを使えました。
端の方は若干ぶつかりますが、クッションが少し圧迫されるだけで問題はありません。
また、メガネとレンズの接触に関しては、レンズの距離がわりと遠くにあるので、ぶつかる事はまずないと思います。(ぶつかる前にクッションが頬に当たるため)

2017-04-14-10-45-12
 黒いクッション部分が肌に当たるようになってますが、中のサイズは約13.3センチくらいです。
これ以上フレームが大きいメガネだと、このゴーグルは装着不可になりますので、ご注意ください。

装着方法や調整方法

2017-04-14-10-41-24
2017-04-14-10-41-36
スマホを装着する部分ですね。基本的にはここの真ん中に置いて、蓋を閉めるだけです。
クッションがあるので、こちらから固定する作業は無く、置いて閉じる、それだけです。

また、左右と上部にダイヤルがあり、簡単に焦点を合わせる事が出来ます。
これはPSVRには無かった機能で、少しぼやけてたりしてもすぐに調整が出来ます。

image
センターの目印があるので、映像も合わせるように置いて、蓋を閉めればOKです。

商品レビュー

いくつかのアプリとVR動画を体験してみたので、PSVRとの比較や感想について。
一応今回購入した製品および、スマホ用VRゴーグルに関してのレビューという形なります。

本体は軽いがスマホの分が重たい 

これは仕方ないですね。
逆に、だからこそゴーグル本体をなるべく軽い造りにしているとも思えます。
私の使っているスマホはiPhone 6sですが、約140グラムくらいあります。

これがVRゴーグル本体と合わさると、それなりに重みを感じます。
また、装着感というかフィット感はそれほど良くないので、首を大げさに振ったりすると重みでズレてしまう事もあります。

ゴーグル本体の色やスマホの色で視聴に影響

この製品は本体が白色です。
周りの光を通しやすいので、明るい場所で装着すると、どうしても外の光が気になります。

また、鼻の部分からの光漏れもひどいです。隙間に何か詰めるか、鼻の高い人なら問題なさそうですが、元々日本人向けに作られている製品ではないため、ある程度は仕方ないですね。
もしスマホ用のVRゴーグルの購入を予定されている方がいたら、黒色をお勧めします。

また、VRゴーグルは装着したスマホを目の前に置いて楽しみます。
スマホの色が白だと、かなり目立ちます。
実際、少し視線をずらせばホームボタンや受話スピーカーなどが目に入り、一気に現実に引き戻されます。
これが黒色であれば多少はマシになるでしょう。

ポジショントラッキングがない

スマホVRはポジショントラッキングがありません。
ポジショントラッキングとは、簡単に言うとVR空間内を実際に移動できる機能です。

PSVRなどでは、HMD本体にあるセンサーとカメラとの位置関係で装着者の位置をトラッキングし、VR空間内を少しだけ移動できます。といっても1-2m程度ですけどね。

その少ない距離でも、空間を移動できるという事は、VR空間内にある物や人に近づいたり、コントローラーで触れたりする事ができます。
ここに大きな違いを感じました。

アニメなどの二次元コンテンツとは相性バッチリ

VR全般に言えますが、三次元コンテンツより、アニメなどの二次元コンテンツの方が相性が良いです。
理由としては、三次元コンテンツはリアルさが最も大切なのですが、肝心の映像の解像度が低いままです。
これは撮影機材や再生するデバイス、VRゴーグル本体の性能に左右されるものなので、簡単に改善する事ができません。

二次元コンテンツであれば、コンテンツとしての質はともかく、目の前にアニメのキャラクターが登場したり、ポリゴン化された非現実空間に入り込めるという点ではとても相性が良いです。

没入間はまだまだ

視野角の問題や、光の漏れ、そしてスマホ本体の外枠が視界に入り込んでしまう点など、没入間はイマイチです。
もちろん初めて体験する人はスゴイ!と感じるかもしれませんが、没入感に関してはまだまだだなぁと感じるレベルでした。

まとめ 

先に5万円もするPSVRを体験してしまってたからなのか、少々辛口なレビューになってしまいました。
たかだか2,000円で買える製品である事や、スマホをそのまま利用して体験できるという点では画期的だと思いますので、今後さらに盛り上がっていく事を期待したいですね。

ただ、一般の人がスマホのVRを体験して、「VRってこんなもんか。たいした事ないね。」という感じに捉えられてしまいそうなのが少し残念です。
PSVRを体験すればわかりますが、全くの別物ですからね。

特にポジショントラッキングの有無は大きいです。
今後、スマホでもトラッキングができるようになる可能性は無くはないですが、本格的なVR機器に張り合うのではなく、別の楽しみ方として進化していってほしいですね。

今回のスマホ用VRゴーグルVOX PLUS 3DVRに関しては購入はあまりおすすめしませんが、とりあえず体験してみたいという方は、さらに安価な1,000円前後の製品で良いと思います。
ダンボール製であれば、500円送料無料なんてのもあるみたいですしね。