カテゴリ:PCパーツ・PC関係 > レノボ Miix2 8

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-30 14 12 49
    レノボのMiix2 8を日中帯に出先で使用したので、その使用感や購入から1週間程度使用してのレビューとなります。
    まずはマクドナルドにてコーヒーを飲みつつ、ドヤ顔でMiix2 8を取り出しました。
    周りを見渡すと数人ノートパソコンを広げている人がいましたが、どれも11.6インチモデルかそれ以上のサイズで、ちょっと妙な優越感に浸りつつ一つ記事を書きました(^_^.)

    写真 2013-12-30 14 08 57
    マクドナルドはコンセントが付いてる座席があるので、ノマドワーカーやノマドブロガーにはとてもありがたいです。
    100円で充電が出来ると考えれば中々のコストパフォーマンスです。
    さらに夏場や冬場だと雨風や外気温から守られますし、何より都内では『座れる』という事がかなり重要です。

    写真 2013-12-30 14 09 52
    さっそく充電器を繋げてみました。
    アダプタもノートパソコンのものより小型というか、スマホの充電器と変わらないので場所を取りません。
    まぁ実際のところほとんど電池が減らなかったので、今回充電器は必要なかったですね。

    写真 2013-12-30 14 36 09
    外で文章を打ったりウェブサイトを見たりして気付いたのですが、思った以上にタッチパネルを使います。
    11.6インチのノートパソコンではあまり使用しなかったのですが、8インチのMiix2 8ではかなりの割合で利用しました。
    理由としては、キーボードとタッチパネルの位置が近いからだと思います。
    すぐ指を伸ばせば日本語入力を切り替えられたり、スクロールできたりします。
    接続しているBluetoothキーボードに入力切替キーが無い事や、マウスが無いからタッチに頼ってしまうという事も理由の一つですが、キーボードとディスプレイが近いと思いのほかタッチ操作が苦になりませんでした。

    バッテリーが減らなかった理由については、おそらくディスプレイの輝度を一番下まで下げているからだと思います。
    Miix2 8は本当にディスプレイが明るいです。
    最低輝度にしても普通に使えるくらいで、もう少し下げられても良いくらいです。
    バッテリーの節約に一番貢献するディスプレイの明るさを一番最低の状態で運用できるというのは、モバイル用途としては評価ポイントが高いです。

    スリープからの復帰についてですが、実はべゼル部分に印字されているWindowsマークがタッチセンサーボタンになっています。
    そしてここに触れるだけでスリープから復帰が可能なので、わざわざ側面にある電源ボタンを押してやる必要はありません。
    また、私が使用しているiPad mini用のBluetoothキーボードの場合だと、キーボードの電源をオンにしてから何かキーを叩けばスリープから復帰します。

    写真 2013-12-23 12 20 54
    帰りは電車内で使用してみたのですが、車内での利用は少しキビシイかもしれません(^_^.)
    やはり接続しているキーボードの開く角度が113度となると、目線とディスプレイの角度はかなりズレます。
    視野角が広いので問題なく表示内容を確認する事はできるのですが、座り方が悪くなります。
    しっかりと奥まで座り、背筋を伸ばしての使用は難しいですね。
    かなり足を前に出して腰もずらしてだらしなくすればそれなりに見やすいですが、それでは周りの迷惑になるので、電車内では普通にタブレットとして使用するのが無難です。
    管理人が購入したマウスやキーボードは下記の商品です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-29 0 36 20
    先日購入したレノボのWindowsタブレット『Miix2 8』ですが、Bluetoothキーボードを購入したのでどうせならマウスも…という事で、小型のBluetoothマウスも購入してみました。
    今回購入したマウスはエレコムのM-BL3BBRDという製品です。
    4種類のカラーから選べて価格はどれもほぼ同じですが、数十円だけ安いレッドカラーを購入しました。
    価格はAmazonで1,615円(送料込)です。
    ヨドバシカメラで見たところ1,890円のポイント10%還元だったので、店頭でもだいたい同じ値段で購入できると思います。
    一応店頭で実機を触ってから購入しました。

    写真 2013-12-29 0 11 53
    パッケージはこんな感じです。
    実際マウス単品を購入するのは2度目なので新鮮です。

    写真 2013-12-29 0 13 27
    付属品は説明書と電池2本、あとポーチがついてきます。
    試供品でも電池が入っているのはありがたいですね。

    写真 2013-12-29 0 13 53写真 2013-12-29 0 14 03
    手のひらと比較するとこれくらいです。
    小さい部類には入ると思いますが、超小型というわけでもありません。

    写真 2013-12-29 0 14 18
    写真 2013-12-29 0 14 31
    厚みが結構あるので若干かさばりそうなイメージですね。

    写真 2013-12-29 0 15 17
    マウスを持つというかは『つまむ』という感覚のほうがしっくりくるかもしれません。
    操作性に関してはやはり普通の大きさのものより少し扱いにくいですね。

    写真 2013-12-29 0 35 40
    Miix2 8本体を入れているケースをずらしてやればマウスを使えるスペースが出来ます。
    これでさらに快適に、『普通のパソコン』のように使用できるようになりました。

    重さはマウスだけなら41gですが電池2本分があるため、電池を入れた状態だと70gになってしまい、これが地味に重たいです。
    私がデスクトップパソコンで使用している普通のレーザー式有線タイプのマウスは50g以下なので、見た目が小さい分さらに重たく感じます。
    Miix2 8+キーボード+マウスの合計で650gなので、ここまでくるとやはり結構重たくなりますね。
    それでもノートパソコンよりは全然軽いです。
    M-BL3BBRD購入前はもう少し安価で良いマウスは無いかと探したので、ついでに紹介しておきます。

    efe
    LOGICOOL ウルトラスリム タッチマウス ブラック T630BK
    ロジクールのT630というマウスがデザイン的にもサイズ的にもかなり優秀なのですが、値段がかなり予算オーバーです(^_^.)
    Amazonだとブラックが6,000円くらいで購入可能ですが、マウスに6,000円は流石に出せないので断念しました。
    持った感じや大きさ、重さやデザインなどは秀逸なので、近くに大型家電屋さんがある人は一度ご覧ください。

    その他にはサンワサプライのMA-BTLS21シリーズが、比較的安価で31gという軽量モデルです。
    電池を入れても50gくらいだと思います。
    この製品も捨てがたかったのですが、Amazonの評判はあまり良くなかったので結局一番安いエレコムの製品にしました。
    MA-BTLS21は2,500円くらいで購入可能です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-28 19 04 20
    レノボのWindowsタブレット『Miix2 8』にOTGケーブルを接続して外部機器を色々と接続してみました。
    今回使用したケーブルは以前、ドコモのAndroidタブレット『dtab』で使用する目的で購入した安価な製品です。
    150円で送料込みなので、一本あると色々使いまわせて便利です。
    まずはマウスを接続してみましたが、問題なく使用可能です。
    ただ、私のMiix2 8の場合だとキーボードとくっつけていてUSB端子が上から出ているため、ちょっと不細工ですね。
    見た目的にはかっこ悪くなります(^_^.)

    写真 2013-12-28 19 05 46
    次にUSBフラッシュメモリを接続しました。
    こちらも問題なく認識しました。

    写真 2013-12-28 19 07 23
    お次はスマートフォンです。
    こちらも問題なく接続され、スマホのストレージをパソコンで覗くことも可能なうえ充電もされます。
    普通のパソコンに接続した時と同じ挙動です。

    写真 2013-12-28 19 09 32
    最後に出力0.5mAhのモバイルバッテリーを接続してみました。
    一応Miixは充電モードに入り、充電されているようです。
    ただ、おそらく出力0.5mAhだとほとんど充電されず、『電池の消費を遅らせる』程度にしか役にたっていないかと思います。
    モバイルバッテリーで充電するのであればせめて2Aの出力を備えた製品をおすすめします。

    今回OTGケーブルで接続を試みましたが、おそらくOTGケーブルでなくとも、Micro端子と標準端子の変換ケーブルだけで接続は可能だと思います。
    というのも、OTGケーブル自体がホスト機能(親の役割)を持つパソコン以外の機器向けに使用するケーブルであり、すでにホスト機能を備えている『パソコン』ではOTGの機能は必要ありません。
    ですから、おそらく今回のテストではOTGケーブルの機能ではなく、単なる変換ケーブルとしての役割が機能して接続されている状態だと思います。
    そもそも一般的に販売されている製品は、変換ケーブル=OTGケーブル扱いになるのでは?という事も考えられます。
    下手をすると変換ケーブルの方が価格が高い可能性があるので、安価なOTGケーブルを購入したほうがAndroidタブレットにキーボードを接続するなどの用途も増えてメリットがあります。
    OTGケーブルについては私もそれほど知識がないので、参考ページを載せておきます。
    Wikipedia USB On-The-Go
    USB On-The-Go(OTG) 3分でわかるシリーズ 技術コラム集(組込みの門) ユークエスト

    ちょっとした事で使うかもしれないという程度であれば100円くらいの安価なものでも十分ですが、良く利用したり持ち運びもするということであれば、結構沢山の形状の製品が出ているので、じっくり選んでから購入すると良いと思います。
    L字タイプや二又タイプ、巻き取りタイプ、特にアダプタタイプなどはかさばらないので見た目的にも良いですね。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ