カテゴリ:PCパーツ・PC関係 > レノボ Miix2 8

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-23 11 43 16
    レノボのWindows 8.1搭載8インチタブレット『Miix2 8』を購入しました。
    さっそく開封の儀を行いたいと思います。

    写真 2013-12-23 10 55 11
    まずは化粧箱ですが、パソコンの箱というよりはタブレットの箱というイメージですね。(まぁタブレットなんですが)
    あまり高級感はありません。
    付属品はシンプルで、充電用のUSBケーブルとアダプタ、それに説明書やOfficeのプロダクトキーが記載されたカードなどです。

    写真 2013-12-23 13 25 06
    分厚い説明書などは無く、起動方法とシャットダウン方法などだけが記載されてます。
    初心者向けではないかもしれません。

    写真 2013-12-23 19 48 12
    ちなみに付属のOfficeは転売不可となっているようです。
    他のパソコンでの使用はライセンス違反との事なのでご注意ください。

    写真 2013-12-23 13 25 27
    写真 2013-12-23 13 25 40
    アダプタは小さいです。
    フルパッケージが搭載されたWindowsマシンがiPhoneやAndroidのようにUSBで充電できるのはとても新鮮ですね。
    アダプタの出力は2Aでした。

    写真 2013-12-23 11 39 52
    縦方向上部にイヤホンジャックを搭載してます。

    写真 2013-12-23 11 40 17
    そして右サイドに全てのコントロールボタンなどが集約されてます。

    写真 2013-12-23 11 40 38
    USB端子にMicro SDスロットです。
    スロットの横に少しスペースがあるので、開発段階ではSIMスロットも搭載できるようになる予定だったのかもしれませんね。

    写真 2013-12-23 19 44 51
    入っていた保護袋を見てみると、Micro SDスロットの隣はOPTIONと記載されてます。
    やはり何かしらを取り付けられるスペースはあるようです。

    写真 2013-12-23 11 40 45
    電源ボタンとボリュームボタンです。
    若干固いというか、押した感触はあまり良くありません。
    iPhoneのボリュームボタンのようにカチカチと鳴るようなボタンではなく、ほぼ無音です。

    写真 2013-12-23 11 43 25
    フレームは艶消しシルバーのような雰囲気です。
    下部だけフレームが変わっており色が違いますが、こちらも一応艶消しになっていて反射などはしません。

    写真 2013-12-23 11 42 45
    指紋はつかない加工になってますので安心してベタベタ触れます。
    また、キズも目立ちにくいです。

    写真 2013-12-23 11 42 53
    こちらはカメラ部分です。
    画質に関してはあっても無くても良いレベルなので、私はカメラレスモデルがあればそっちを購入してましたね(^_^.)

    写真 2013-12-23 11 43 03
    下部の色が違うシルバー部分は、メインフレームと違い少し指紋や汚れが目立ちます。
    また、キズもおそらく目立ちやすいかと思います。

    写真 2013-12-23 11 43 16
    背面にあるLenovoロゴは、印字されているわけではなく金属の板が貼り付いている感じです。
    ですからこの部分だけ手触りはデコボコですね。

    写真 2013-12-23 11 43 52
    やはり軽さは最強です。
    8インチにもかかわらず350グラムは軽量化にかなり頑張っているようで、私が所有しているGoogleのNexus 7(2012)3Gモデルが340グラムなので、1インチ大きいにもかかわらずほぼ同じ重さです。

    写真 2013-12-23 11 46 41
    Nexus 7(2012)とサイズを比較すると結構差があります。
    しかし持ってみると同じなので、感覚的には軽く感じます。

    動作や動きに関してはしばらく使用してみて、また別途記事を書きたいと思います。
    開封動画はこちらより

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    asfgjk
    Lenovo IdeaPad Miix2 8

    レノボのWindows 8.1搭載8インチタブレットMiix2 8を購入しました。
    個人的にはDellのVenue 8 Proも捨てがたかったのですが、発売日が2014年 1月15日と遅いことや、価格や重さなども加味してやはりMiixだなと思い決断しました。
    残念ながらAmazonのBluetoothキーボードセットは相変わらず在庫切れのため、他店で購入しました。
    このセットはおそらく現状では予定台数に達しているため、在庫の復活は無いかと思います。
    しかし、セット商品のキーボードの確保が出来ればまた再販売する可能性もありますので、引き続きこまめにチェック&再入荷の際にメールでお知らせが来るように設定しておくと良いかと思います。

    私はこのデバイスを、主に出先でのブログ執筆用にと考えているので、ついでにキーボードも購入しました。
    購入した商品は下記のiPad mini専用の挟み込むタイプのキーボードです。
    大手IT系情報サイトであるITmediaさんの記事で、Miix2 8でも問題なく使えてそうだったのでこれに決めました。
    【ITmedia】ここから選ぶ予定! 八八艦タブと一緒に買いたいワイヤレスキーボード

    私が購入した商品は2,780円(送料込)の下記商品です。

    実はこの手の商品は類似品が沢山発売していて、おそらく販売店は独自のロゴを印字して価格設定もある程度自由にしているようですが、製造元や仕入先などは1社か2社かと思われます。
    価格は2,980円、3,980円、4,490円とバラつきがありますが、どれもそれなりの評判なのでモノ自体は同じ商品だと推測してます。
    ですから、一番安い価格の2,780円で販売しているお店を選びました(^_^.)

    届き次第またレビュー記事をいくつか書きたいと思いますので、しばらくはLenovo Miix2 8ユーザーとして、様々な情報を提供していきたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-07 11 41 51
    12月6日に発売したWindows 8.1搭載8インチタブレット『Lenovo IdeaPad Miix2 8』をビックカメラで触ってきました。
    Windowsタブレットコーナーでは隅っこの方にひっそりと置いてあり、どちらかといえば東芝のタブレットを大々的に宣伝している印象で、レノボのほうには全く人だかりが出来てませんでした(^_^.)

    触ってみてまず、軽さに驚きます。
    8インチタブレットで350グラムは伊達じゃ無いですね。
    先日購入した3G版のNexus7(2012)が7インチで347グラムあるので、8インチにもかかわらず同じ重さと思えばかなりの軽量化を実現しています。

    そして厚みも非常に薄く、散々色々なタブレットを触ってきた私でも初めて持ってみて『おっ軽いな…』と感じました。
    筐体は指紋のつきにくい素材で悪くは無いのですが、若干チープさが漂います。
    電源ボタンやボリュームボタンなどもシンプルで良いのですが、押した感覚などにどこか安っぽさが残る感じです。

    一番気になった部分はタッチの反応です。
    普段iPadをメインで使用されている方ならその違和感に気付くかと思いますが、タッチしたポイントと反応するポイントが若干ズレています。
    iPadやiPhoneなどのiOSデバイスはパソコン用のページで本当に小さいリンク先をクリックした時でも、なぜか誤検知せずに思ったところに反応してくれる事が良くあります。
    でも、今回Miixを触ったときは、希望のリンク先より一つ下のリンク先が反応してしまいました。
    古めのAndroidタブレットであれば良くある現象で、Miixはそこまでひどくは無いのですが、小さい文字のリンク先やボタンをタッチすると少しズレた位置で反応します。
    これはデモ機だからなのか、単にズレているだけでキャリブレーション等で調整が効くのか定かではありませんが、この細かいタッチ反応を気にする方は一度実機で、どんな感じで反応するのか試す事をお勧めします。

    あくまでiPadやiPhoneなどのiOSと比べての事なので、普段タッチ位置が少しズレている古めのAndroid端末を使用している方であればそれほど気になる部分では無いかもしれません。

    価格は32GBモデルで42,800円のポイント10%還元なので実質38,520円、Amazonと同額になります。
    64GBモデルは47,800で実質43,020円でこちらもAmazonと同額ですが、やはりポイント分をすでに割り引いた価格で販売していて、なおかつBluetoothキーボードも付属するAmazonが一番オトクですね。
    ビックカメラ店頭では32GBはお持ち帰り在庫有り、64GBモデルについてはお取り寄せとなってました。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ