カテゴリ: ゲーム関係

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    image
    せっかく発売日に購入したPSVR、まだまだ品薄なようですが、これから購入する人のためにも一人のユーザーとして情報を発信していきたいと思います。

    私はとりあえず無料の体験版だけは一通り遊んだのですが、ブログ休止中の時期だった事もあり、再度遊びなおしてレビュー記事を書いていきたいと思います。  記事の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2014-01-06 14 56 34
    最近PS3に接続しているトルネの調子が悪く、出ている現象としては下記のような現象が発生しています。
    現象が出だしたのが2013年 11月頃で、購入してからは約4年程度経過していました。

    ・起動が非常に遅い 大体15-25分くらいかかる
    ・再生中に予約録画が始まると、再生中の動画がコマ落ちする
    ・録画エラーを消しても次に起動すると消したはずのエラー履歴が復活する
    ・録画中にPS3の電源をOFFにするとトルネまで終了してしまう
    ・今まで使えてたHDDが急に録画(視聴)出来なくなる(昔に録画した動画は視聴可能)


    あげてみるとこれくらいの不具合が発生していて、とりあえず調子の悪いHDDはもう録画に使用する事は止めたのですが、起動が遅いのはちょっと困るので、Google先生に聞いてみたところ『アプリの再インストール』を試すと治るかも?との回答を頂きました。
    クロスメディアバーからトルネのアプリアイコンを△ボタンを押して削除します。
    アプリを消しただけでは録画データまでは消えませんのでご安心ください。
    アプリの再インストールはトルネ購入時にパッケージに同梱されているソフトウェアディスクを使用します。

    写真 2014-01-06 15 16 46
    記憶に無かったのですが、箱にしまってありました。
    ディスクを入れてインストールし、起動してみるとさっそくアップデートがあるのでそれも実行します。
    無事にアップデートが完了して起動してみると…治りました(^^♪
    30秒とかからないくらいで起動してくれます。
    これで一安心…と言いたいところだったのですが、翌日起動させてみるとまたもや遅い現象が発生しました。
    今度はさらに遅く、起動まで30分以上かかります。
    そこで、原因はアプリ以外にもありそうだったので、その調子の悪いHDDをUSB接続自体をはずしてみました。
    そうしたら無事にまた30秒程度で起動完了です。

    察するに、おそらく壊れかけたり録画ミスをする、録画が出来てもコマ落ちが良く発生するような、PS3と相性の悪いHDDを繋いでいると、アプリ起動時に接続確認などがあるのか、起動に非常に時間がかかるようです。
    購入時には問題なく使えていても、HDD側で故障が近くなってくるとどうしようもないので、こうなってしまった場合は一旦動画を別のHDDに移してから問題のあるHDDを初期化するなどしてもう一度再登録してやるのが良いと思います。
    まぁHDDが故障間近だとあまり使用しないようが良いのかもしれませんが…

    2017.3.22追記:原因としては、相性の悪いHDDというよりは、壊れかけのHDDというのが正しそうです。
    動作が怪しいHDDに入っている動画を別の新品のHDDに移そうとした時にエラーが出て移せなかったりしたので、こうなってしまってはもう動画は諦めて、そのHDDは外してしまうのが良いでしょう。
    問題のHDDさえ取ってしまえば、起動は早くなると思います。


    あと、私の場合はUSBハブをバスパワータイプの製品を使用しています。
    本来であればACアダプタ接続のセルフパワーUSBハブを使用することが推奨されてますが、トルネ購入時には手持ちが無く、そこらへんに転がっていた適当なバスパワーのハブを使用してきました。
    今まで問題なかったため使い続けていたのですが、こういったところでも故障の原因になりかねないので、やはりセルフパワーのハブを購入しようかと思います。
    流石に2TBのHDDを4台接続しているとなるとハブ側の負担も大きいでしょうしね(^_^.)
    しばらく使用してみてまた問題が起きるようであればまた追記します。
    torne (トルネ) (CECH-ZD1J)
    torne (トルネ) (CECH-ZD1J)
    posted with amazlet at 14.01.07
    ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-18)
    売り上げランキング: 55
    nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
    ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-08-30)
    売り上げランキング: 99
    PlayStation 3用 BDリモートコントローラ (CECH-ZRC1J)
    ソニー・コンピュータエンタテインメント (2011-03-31)
    売り上げランキング: 144

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Screenshot_2013-12-16-11-00-18
    12月16日(月)11:00より配信を開始したdゲーム版のドラゴンクエストX オンライン 目覚めし五つの種族をプレイしてみました。
    まずはドコモが提供している10インチAndroidタブレットのdtab限定での配信という事で、早速所有しているdtabでプレイしてみました。

    Screenshot_2013-12-16-11-03-07
    11:00過ぎにダウンロードボタンが出現したので早速ポチッと、WiMAXのWi-Fi環境でしたが、ものの数分でダウンロード&インストール完了です。
    容量は13.33MBなので、ほとんどのデータはサーバー(クラウド)上のようです。

    Screenshot_2013-12-16-11-04-41
    ゲームをプレイしてみると、早速3回ほどエラーで接続できず(^_^.)
    4回目くらいでようやく繋がりました。
    まぁ配信日なのでdtab用に設けられたサーバーが込み合っているのか、WiMAXの電波状況がよろしくないかどちらかですね。

    Screenshot_2013-12-16-11-06-33
    Screenshot_2013-12-16-11-06-44
    Screenshot_2013-12-16-11-07-48
    Screenshot_2013-12-16-11-20-15
    ムービーを流してみましたが、開始早々1分くらいで標準画質から低画質モードに画質とを落とされました。
    どうやら通信環境が悪いと画質を落とされるようです。
    スクリーンショットの画像は低画質モードです。

    Screenshot_2013-12-16-11-11-42
    実際にプレイを開始した後も、低画質モードに落とされるどころか300秒くらいのカウントダウンの後、強制終了となるようです(-_-;)
    この仕様はちょっと…困りますね。

    写真 2013-12-16 11 26 35
    写真 2013-12-16 11 27 31
    写真 2013-12-16 11 27 40
    実際に手に持ってプレイした感じはこんな感じです。
    dtab自体は600グラム以上ある重めのタブレットなので、普通のPSPやDSのような携帯ゲーム機のようにプレイするのは少し厳しいです。
    本体を手の腹の部分で固定しながら、なおかつ本体上部をひざの上に固定してプレイすると、多少長い時間でも苦にならずにプレイできるかと思います。
    完全に手だけで固定した状態でプレイするのは長時間プレイには向きません。
    また、操作方法は画面左右に現れるコントロールボタンをタッチしてのプレイとなります。
    上のほうにあるボタンは手を持ち変えないといけないため少し不便ですね。

    下記は少し短いですが冒頭のプレイ動画です。
    WiMAXの通信速度はdtabで計測したところ、平均でpingが140、下り7-10Mbps、上り5Mbps程度でした。
    このくらいの速度でも通信環境的に問題があるとすると、もう光の固定回線でのプレイ限定ともいえそうですね(^_^.)
    今回プレイした感じでは、操作から反応→描画までの遅延も見られました。
    ドコモ版ドラクエXはサーバー側でゲームの描画までを行い、それを動画にして端末側にストリーミング配信というような方法を取っているらしく、低スペックの端末でも通信速度さえ維持できれば快適にプレイができるようですが、この調子だと本当に通信環境がかなり重要になってきそうですね。


    対象ユーザーについてですが、プレイできる条件はdtab所持者というだけではありません。
    SPモードの契約
    も必要になります。
    という事は必然的にドコモ回線及びdocomo IDも必要になりますので、ドコモユーザーでありdtabを所持している必要があります。
    dtab購入時の回線とドコモIDの紐付けはありませんので、父親のドコモ回線で購入したdtabを息子のドコモIDで利用する事も可能です。
    利用料金は3日間で350円、10日間650円(共に税抜)ですが、初回起動後3時間は無料なのでどんな感じなのかお試しでプレイする事は可能です。
    2014年 2月以降にスマホや他のタブレットにも対応予定らしいので、今後に期待したいですね。
    また、すでにWiiやWii U、PC版でプレイしているユーザーも、同じIDとPWでログインすればデータを引き継いでプレイできるようです。
    外ではdtab、自宅ではPCというシームレスなオンラインゲームのプレイが可能なので、とても魅力的です。
    ただ、残念ながらdtabでプレイするためには別途dtabでも利用料金の契約が必要なため、月々のコストは上がります。

    dtabは現在Amazonの白ロムで18,000円程度、ドコモで購入しても実質負担する額(9,975円+dビデオ6ヵ月分)は同じなので、端末の入手自体は自由が利きそうです。
    ドコモ docomo dtab 10.1インチ タブレット 2013年 春モデル
    Huawei Technologies Co., Ltd
    売り上げランキング: 1,761

    このページのトップヘ

    ブログパーツ