カテゴリ: デジタル家電

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    最近では標準になりつつある家電屋さんなどのポイントシステムですが、大型家電量販店が10%~だったり、スーパーや薬局だと1%~だったりと、ジャンルによって付与されるポイント率が違ってきます。
    今回はビックカメラやヨドバシカメラなどの大型家電量販店のポイントと、楽天市場やヤフーショッピングなどのポイントとの違いを説明します。
    実は結構知らない人が多かったりしますので、今後のお買い物の参考にしてください(^_^.)

    ビック・ヨドバシ・ヤマダ=家電屋
    楽天市場=楽天
    ヤフーショッピング=ヤフー

    まずは家電屋さんの場合ですが、家電屋さんは最終的に支払う金額に対してポイントを付与します。
    例えば、10,000円の商品を購入する時に、10,000円で支払えば10%の1,000円分、1,000ポイント付与されます。
    実質9,000円という事になりますね。
    しかし、この支払いの際にポイントで5,000円分支払ったとします。
    現金5,000円とポイント5,000円分ですね、そうなるとポイントが付与されるのは最終的に支払った現金の5,000円分に対してでしか付与されないので、5,000円の10%500円分しかポイントが貰えません。
    という事は、ポイントで5,000円分支払った場合だと実質9,500円になりますよね。
    仮に10,000円分ポイントで支払えば、ポイント付与は0ポイントです。
    という事は実質でも10,000円であり、なんの割引にもなってないのです。
    この違いに気付かないと、家電屋さんで購入しても全く得をしてない、高い価格で物を購入する事になります。

    ではどうすれば良いのかというと、ポイントを使用した場合の実質価格を安くしてもらえばいいのです(^_^.)
    しかし事はそう単純ではありません。
    私の体験ですが、価格ドットコムで最安値40,000円の商品がありました。
    家電屋さんで見ると50,000円越えてます、そこで同じようにならないか交渉したところ、45,000円の10%ポイント還元でどうかと言われました、ポイント付与が4,500ポイントです。
    45,000円-4,500=40,500円で、実質価格は40,500円ですね。
    まぁ確かに悪くない金額、しかし私はポイントが15,000ポイント近くあったため、これを利用した場合の計算をしてみました。

    45,000-15,000=30,000円
    支払額の30,000円に対してポイント10%が付与されるので、3,000円分になりました。
    支払う額の45,000円から3,000円引いてやると、42,000円です。
    価格ドットコム最安値の40,000円よりも2,000円も高くなりました。
    これでは納得できないのでなんとかならないかと交渉してみたが、ダメだと言われ交渉決裂です。
    この最終的に支払う金額に対してしかポイントを付与しないシステムのおかげで、家電屋さんのポイントシステムは成り立っています。

    ではどのようにしてこの問題を解決するかですが、2つ方法があります。
    ①全てのポイントで支払って購入する事
    ②どこで購入しても価格が決まっている商品を購入する事


    全てのポイントを支払って購入については、価格ドットコム価格まで下げてくれる店舗限定というか、少し難しいです。
    ようはポイント値引き無しで一括価格を下げてもらうように交渉するのですが、最初は普通に交渉します。
    そして価格ドットコム価格まで下げられるか交渉します。
    最初から出来ないと言われれば諦めましょう。
    そしてポイント還元で実質価格が最安値になったところで、実は全額ポイントで支払えるんですよ!ととどめを刺します。
    全額ポイントで支払うとポイントは0%、全く付与されません。
    そうなると全然価格高いですよね?なんとかしてください!といって結局はポイント値引きではなく、現金値引きで下げさせて購入します。
    さらには貯めていたポイントを無駄なく消化できるというわけです。

    ポイント値引きではなく現金値引き、ここが重要な部分です。

    さて、かなり話はそれましたが、楽天で買い物すると家電屋さんとは全く異なってきます。
    それは、楽天やヤフーだと、ポイントで支払った金額に対してもポイントが付与されるのです。
    10,000円の商品を10,000ポイントで支払っても最低で1%の100ポイントが付与されます。
    家電屋さんとは全く違いますね。
    同じだと思い込んでいたい人は多いかと思いますが、大きな違いがあるので、お買い物の際には参考にしてください(^_^.)
    そのため楽天やヤフーで買い物する時は特に注意はありませんが、家電屋さんで購入する時は損をしないように注意してください。
     
    新かんたんポイント&カード生活 (自由国民ムック)
    ポイント探検倶楽部
    自由国民社 (2012-04-03)
    ポイントカード超整理術
    櫻井雅英
    USE
    売り上げランキング: 210,395

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    WiMAXルーターURoad-Aeroでホームネットワークを構築してみました。
    以前まではMobile Cubeで一応構築してはいたのですが、やはりモバイルルーターのルーター機能ではネットワーク経由での動画再生はキツイ部分があります。
    あくまでWiMAXルーターをアクセスポイントとしての使用なので、ルーター経由での動画のやり取りはコマ落ちも良く発生してました。 

    そこで今回、数年前に購入した無線LANルーターをWiMAXに接続してみようと目論んでみました(^^♪
    使用したのはこちらの無線LANルーターです。   

    もちろんURoad-Aeroはクレードルに載せていないと構築はできません。
    無線LANルーター同士の接続には『リピート機能』という機能が必要になり、そのリピート機能はWiMAXルーター及び、今回の無線LANルーターには備わってません。
    仮に無線LANルーターにリピート機能がついていてもWiMAXが対応してなければ多分接続出来ないと思います。
    いずれにせよ、今回の構築はアクセスポイントを変える作業という事なので、あえて無線でする必要もありません(^_^.)
    不安定になるだけですしね。

    接続環境は下記のようになります。
    )))無線  ==有線LAN

    無線電波(((URoad-Aero(クレードル)==無線LANルーター
    無線電波(((無線LANルーター==パソコンやテレビ等

    簡単に説明すると、普通は壁から光やADSLがきていて、それをモデム→無線LANルーター→という形で接続するところを、モデムの部分がWiMAXに置き換わったという事になりますね。
    無線で飛んできている回線をクレードルで有線に変換できるからこそ出来る構築方法になりますね(^_^.)
    IMG_1139
    IMG_1140

    このホームネットワーク構築によりどのようなメリットがあるかというと、下記のようになります。

    ・WiAMX電波を遠くまで飛ばせる(速度は変わらないかむしろ落ちるかも)
    → 一度無線LANルーターを経由して、そこでさらに増幅されますので、電波を飛ばせる『距離』でいうと伸びます。
    ただしあくまで受信している電波を増幅するだけなので速度は変わらないか、経由している分むしろ落ちる可能性もある

    ・接続台数の増加

    →WiMAXルーターで11台、無線LANルーター側では有線4台+無線も機器のスペック上の分は増やせますね

    ・ 高性能なルーター機能で、ネットワーク経由の動画もサクサク再生

    →WiMAXルーター経由だと厳しかった動画も、今度の経由先は据え置き型の無線LANルーターですから、サクサク再生してくれます(ルーターの機種や性能に依存します) 

    ・有線LANの接続が可能

    →当然ですが有線接続も複数台接続できるようになります。

    こんな感じです。
    ルーターの性能によれば5Ghz帯域を利用できたりするのでさらにスムーズに動画を再生できます。
    実際にSHARPのレコーダーBD-W510の動画をPS3で再生しましたがコマ落ちする事無く再生でき、iOSやAndroidアプリのTwonky Beamでも問題なく再生できました。

    WiMAXでホームネットワークを組んでみたい方や、WiMAXを無線LANルーターの親機に接続したいという方などは参考にしてもらえればと思います。

    細かい設定などは記事では省いてますので、気になる部分などがあればコメント欄やメールでお気軽にどうぞ。 

     
    シンセイコーポレーション URoad-Aero専用クレードル URoad-Aero Station
    シンセイコーポレーション (2013-02-20)
    売り上げランキング: 1,469

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    最近良くマイカーのバッテリーを上げてしまいます(-_-;)
    おそらくは漏電が原因ぽいんですが、あと一年で車検なのでそれまではなんとかだましだまし使いたい!という事で、いつもならバッテリーを購入するのですが今回は修理業者が良く使っている『アレ』を買ってみました。

    ジャンプスターターです!
    別名、エンジンスターターとも言うそうですが、エンジンスターターは別の用途での製品があるので、一般的にはジャンプスターターのようですね。

    今回購入したのはこちら。
     
    お値段は6,000円程度とボチボチの価格ですが、バッテリーが5,000円程度する事を思えばこれ一台あっても良いかなぁと感じました。
    ちなみにこのジャンプスターター、現場で車のバッテリーを始動させる他にも色んな使い方が出来ます。
    バッテリー機能を搭載しているので、家庭用の電化製品が使用できるのです。
    インバーターという家庭用コンセントを繋げるように出来る製品があり、これを使用することにより、非常用電源として使えるようになります。
     
    セルスター(CELLSTAR) パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12V
    セルスター(CELLSTAR)
    売り上げランキング: 8


    使用できる電化製品は、テレビやパソコン、扇風機など結構何でも使用できるみたいで、当然スマホなどの充電、ライトなどにも使えます。
    小さな発電機として機能するわけですね。

    東京はまだまだ地震が多いですし、関東はもうすぐ必ずデカイ地震が来るという話ですし…
    非常用にも使えるかと思い、購入してみました(^_^.)

    楽天ではこちらが一番安いかも。
     


    価格: 5,980円
    (2013/03/12 22:46時点 )

    感想:1,039件

    このページのトップヘ

    ブログパーツ