カテゴリ: アプリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    vfvvv
    イー・モバイルオンラインストア
    以前の記事で、イーモバイルで契約したNexus 5(EM01L)のSIMカードはIMEI制限がかかっており、Google Play(以下GP版)で購入したNexus 5では利用できないという事を記事にしました。
    【SIMカードロック】イーモバイル版Nexus 5(EM01L)の契約SIMにはIMEI制限がかかっておりGoogle Play版のNexus 5では利用できない

    ネット上や2ch、ブログなどでも確かに利用できなかったという記述をいくつか見かけました。
    ※例外的に数時間だけ利用できたり、数日利用できたりという報告も有り
    私も直接イーモバイルのカスタマーサポートにて確認を取ったところ、基本的にはご購入いただいた端末での利用以外は正常動作を保証しませんという回答をいただきました。

    しかし、最近になってGP版で購入したNexus 5でも通信が可能だったという書き込みを、価格.comにて見かけました。
    【価格.com】Nexus 5 EM01L 16GB イー・モバイル Google版にEM版SIM
    実際のところなぜ利用できるようになったのかはわかりませんが、おそらくここ最近で話題になった、Nexus 5の密かな仕様変更が関係しているのではないかと勝手に思ってます(^_^.)
    GoogleとLGは密かにNexus 5の改良版を発売、ボタンとスピーカーの穴の仕様が若干異なる:juggly.cn
    実際のところ仕様変更後の端末で利用できたのか、初期型の端末で利用できたのかは正確にわからないため、あくまで『利用できる可能性もある』程度にとどめておいたほうが良いかもしれません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_2160
    Android用の手書きメモアプリ『DioNote』を利用してみました。
    無料のアプリとしては高機能かつシンプルで、キーボード入力でのメモ取りはイマイチ馴染めないという方にはもってこいのアプリです。

    今回は手持ちの端末の中でも極めてタッチの反応が良いGALAXY NEXUS(SC04D)にインストールしてみました。
    古い端末ですが最近のスマホにも負けてない良い端末で、未だに現役です。

    Screenshot_2013-09-17-21-33-43
    初めて起動すると簡単な説明があります。
    フォルダの役割を担う『ノートブック』の中にメモを作成して保存いくという感じの使い方です。
    ノートブックは複数作成できますので、ジャンル別に作成してメモを追加していくと管理がしやすいです。
    仕事、プライベート、買い物などで分けてTODOリストのようにも利用できます。

    Screenshot_2013-09-24-19-41-09
    さっそく手書きで書いてみました。
    手書きといっても上記の画像は人差し指で書いてます。
    入力スペースはディスプレイの下1/3くらいになり、スマホのディスプレイサイズによって大きさが変わりますので説明しずらいですが、通常のスマホサイズだと入力スペースはそれほど大きくないので、指で入力すると汚くて読めないかと思いましたが、想像以上に綺麗に書けました。

    もちろん静電式のタッチペン(スタイラス)を利用して書くことも可能です。
    スタイラスを使用した場合だとさらに綺麗に書けるのではないでしょうか。

    Screenshot_2013-09-24-19-42-49
    こちらは入力した瞬間です。
    長文を書く時も、画面の端までいくと自動的にスクロールしてくれるので文章も書けます。
    そして書いた後の文字を再編集できるという部分も見逃せないポイントですね。
    手書き入力をした文字は、一文字単位または一画単位で修正が可能です。
    カーソルが表示されるので、バックスペースキーで削除、書き直しは手書きといった感じです。
    手書きではなくキーボード入力も出来るので、手書きメモアプリとしてではなく通常のメモアプリとしても高機能な部類に入るのではないでしょうか。
    また、検索機能などもありシンプルながら痒いところに手が届く機能が備わっています。
    その他、画像の挿入や写真の編集、メールで送信などこだわって利用したい上級者向けの機能もあります。

    Screenshot_2013-09-24-19-37-32
    バックアップ機能も充実していて、Evernoteはもちろん、Dropboxとも連携が取れます。
    手持ちのAndroidタブレットが3台とも対応していなかったので、もしかすると現在はまだタブレットには対応していないのかもしれませんが、タブレットで利用すれば伝言ボードや家族内でのメモ書きなどにも利用でき、様々な用途で利用できるかと思います。
    androidの便利アプリとしては無料にもかかわらずかなり作りこまれている印象です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ようやく購入しました。
    iPhone(iPod touch)で比率16:9の写真が撮影出来るカメラアプリです。
    iPhone5の世代よりディスプレイのアス比が16:9になったので、カメラも4:3と16:9と選択できるようになるかと思いきや全くできず、この点だけはずっと不満でした。

    で、無料アプリを探しましたがまともなアプリが無い…という事なので有料版(85円)ですが、今後の事も考えて購入する事にしました。

    購入したアプリは『OneCam』というカメラアプリ、それほど評価が沢山在るわけでもないですが、機能はなかなかでした。
    まぁ広角レンズになったわけでは無いので広い範囲が撮影できるようになった!というわけではありませんが(^_^.)
    ブログなどに載せる画像としてはやはり16:9の画像の方が見栄えがよく、しっくりきますね。

    【16:9】
    IMG_1485

    【4:3】
    IMG_1486


    IMG_1491
    比率については撮影前にワンタッチで切替が可能で、4:3で撮影したい時も安心です。


    IMG_1490
    撮影する時は上記のような感じで周りに黒縁が発生します。
    この枠の中に納まるように撮影すれば16:9の画像のできあがりというわけです。


    IMG_1493
    撮影中に設定画面を呼び出して各種設定も行え、それほど細かくない設定ばかりなので初心者でも扱いやすいですね。


    IMG_1494
    IMG_1495
    Twitterとの連携などもあるみたいですが、まだ全ての機能は使いきれてません(^_^.)
    しかし手軽に16:9の写真が撮影できて、お値段は85円。
    久々に買ってよかったと思える有料アプリでした。

    画像は全てiPod touchですが、iPhoneでももちろん使用可能ですよ。
    16:9の比率で撮影できる安いアプリを探していた方はいかがでしょうか。

    OneCam(静音, 連写, ジオタグ) - Walker Software

    OneCam(静音, 連写, ジオタグ) - Walker Software

    このページのトップヘ

    ブログパーツ