カテゴリ: オーディオ機器

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    AVアンプのSONY STR-DH530ですが、3ヶ月程度使用したので再レビューしたいと思います。

    関連記事はこちら

    主な用途は下記のようになります。
    ・テレビ音声(アニメ・洋画)
    ・ブルーレイ音声(アニメ・洋画)
    ・ゲーム音声

    映像を視聴する際には音楽も聴きますが、音楽単体で視聴という点では全くといっていいほど使用してません。

    さて、まずリモコンですが実はほとんど使用する機会がありません(^_^.)
    というのも、HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が搭載されているため、ほとんどの操作を各機器で行えるからです。
    ここでいう各機器とはテレビやブルーレイレコーダーという事になります。

    ですから、テレビの電源を入れれば自動でAVアンプの電源も入り、切れば同時に切れます。
    さらにボリューム操作や、音声入力自体が他の機器に変われば自動で切替えてくれます。

    例)
    テレビ→アンプ→スピーカー

    これをブルーレイに切替えたときに、自動的に入力切替を行ってくれます。
    ブルーレイ→アンプ→スピーカー

    HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が備わっていないとリモコンでテレビ入力からブルーレイ入力に切替えてあげないと音声出力をしてくれないので、その切替を全て自動でしてくれるのが非常に便利で使い勝手が良いです。
    音質については他と比べたことが無いのでなんとも表現しにくいですが、エントリー向けのホームシアターセットのアンプよりは良いと思います。
    AVアンプはAudio Visual Amplifireの略?だと思うので(たぶん)、言ってみれば音楽の音声も映像の音声も良い音で聴きたい!という欲張りな製品だと思います(^_^.)

    音楽だけを楽しみたいのであればプリメインアンプの方が良いかと思いますが、マルチチャンネルを楽しんだり、リビングで使用するなら多用途に使えるAVアンプをお勧めします。

     
    ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DH530
    ソニー (2012-04-20)
    売り上げランキング: 706

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    先日購入した2.1chのPCスピーカーのレビューをしたいと思います。
    商品はこちら
    クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120

    クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120
    クリエイティブ・メディア (2011-01-29)
    売り上げランキング: 196

    このスピーカー、Amazonで送料込み1,800円という激安価格で販売されてまして、その割には評価がめちゃくちゃ高いのでちょっと気になっていました(*^_^*)

    ではさっそく簡単に開封の儀です。
    箱は意外と大きいですね。
    大体の大きさはスマホと比較してみてください。
    IMG_0882
    IMG_0884

    スピーカーの前面は鏡面仕上げになっていて、これが少し安っぽさを強調してますね(^_^.)
    キズも付きやすいですし。
    IMG_0885

    変わってその他のサイド部分などはつや消しで仕上げてますので良い感じです。
    IMG_0886
    IMG_0887

    こちらはマウス型のボリュームコントローラーです。
    有線式になっていて、この小ささがなんともカワイイですね。
    ホイール部分でボリュームの調整が出来ます。
    3.5mmのフォーンプラグのステレオケーブルと繋がってますので、もしかしたら他の機器にも使えるかもしれません。
    IMG_0888
    IMG_0894

    2.1chの0.1ch部分であるウーファースピーカーです。アンプ部と合体しているのですが、こちらでボリュームの調整は一切出来ません。
    だからマウス型ボリュームコントローラーが壊れたらもしかすると使えなくなるかもしれません…
    IMG_0889

    大きさは結構あり、パソコン用のスピーカーとしては大型の部類に入るのではないでしょうか。
    表面はザラザラしたつや消し仕様で、見た目は悪くないです。
    IMG_0890

    接続端子部分は電源スイッチにRCA端子の出力端子がLRで2つ、3.5mmプラグの入力端子が一つですね。
    もちろん入力元をパソコンじゃなく、iPhoneなどにすればそのまま再生できます。
    IMG_0891
    IMG_0892

    スピーカーはRCA端子で接続しますが、スピーカー側はケーブルがくっついていてリケーブルが出来ないので、壊れないように注意が必要です。
    IMG_0893

    欲を言えばボリュームコントローラで電源のオンオフも出来ればなお良かったなと感じました。

    で、肝心の音質ですがとても1,800円とは思えないバランスの良い音で驚きました。
    ウーファーの出力は設定できないのですが、それが良い方向に動いたのか、ボリュームを上げるとちょうど良い感じに低音が響きます。
    ただ、当然空間的な広がりはあまりないので、あくまでパソコンの前で聴く分には良い音というのが正直なところです。

    部屋全体での広がりや共振での心地よいサウンドではなく、パソコンの前の1m程度の狭い空間での良質なサウンドを奏でてくれる、そんなスピーカーです。
    パソコンの前で音楽を聴く、動画を見るという用途であれば非常に満足できる音であるのではないでしょうか。
    低価格でもこれだけの表現力のあるアンプ内蔵スピーカー、お勧めしたいですね。

    クリエイティブ 2.1チャンネル ステレオ アクティブ PCスピーカー SP-SBS-A120
    クリエイティブ・メディア (2011-01-29)
    売り上げランキング: 196

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんにちわ。
    先日注文したインシュレーターが届きましたのでさっそくレビューしたいと思います。

    こちらの商品です。
    audio-technicaハイブリッドインシュレーター(8個1組) AT6089CK

    audio-technica ハイブリツドインシユレーター(8個1組) AT6089CK
    オーディオテクニカ
    売り上げランキング: 858

    8個1組で1,700円(送料込)とコストパフォーマンスは良いですね。
    実際に届いてみると…ちっさいです(^_^.)
    10円玉くらいの大きさを想像してました。
    パッケージもドンキホーテとかに置いてそうな雰囲気の安っぽさが漂います。
    7416750f.jpg

     850e071f.jpg


    安い割に高級感はありますが、コルク部分は劣化してすぐにペチャンコになりそうな予感です。
    ad3d0376.jpg



    ではさっそく置いてみました。
    【Before】
    89a6d625.jpg



    【After】
    5e4a3fc0.jpg


    最初に迷ったのがコルク面はどっちに向ければ良いか?というところで、色々Google先生に教わりスピーカーと反対側(床側)に置きました。
    795e01c2.jpg

    a34d315b.jpg

    6786ee29.jpg


    インシュレーターはスピーカーとは接着してないので、地震が起きたら確実に倒れますね(^_^.)
    ゴム製の耐震ジェルか両面テープか何かでくっつけたほうが良いのかどうか…
    良くわからないのでとりあえずそのまま載せてます。

    肝心の音の違いなんですが、正直何も感じませんでした(^_^.)
    変化があったかどうかもわからないレベル…
    なんとなく良くはなったかも!とか、高音が伸びるように!とかは感じますが、多分気のせいでしょう。そんなレベルです。
    スピーカーが変わったとか、アンプが変わった、2ch→5chに変わった、音声フォーマットやサンプリングレートが変化したなどに比べると微々たる変化なのかもしれませんね。
    まさにオカルトの領域です(^_^.)

    設置場所の調整や床面にブロックを置けばもう少し変化を得られるかもしれませんので、次回はブロックを購入して床に置いてみます。
    床→ブロック→インシュレーター→スピーカー
    このように置けば本当の違いというのを感じ取れるかもしれませんね。

    audio-technica ハイブリツドインシユレーター(8個1組) AT6089CK
    オーディオテクニカ
    売り上げランキング: 858

    このページのトップヘ

    ブログパーツ