カテゴリ: WiMAX

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-10-31 11 33 47

    WiMAX 2+に対応しているモバイルWi-Fiルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2  HWD14』のコールドモックが展示されていたので触ってきました。
    AndroidベースのOSが搭載されているということで実機を触る機会があれば一番良いのですが、モバイルWi-Fiルーターのホットモックは店頭に置いていることがあまりありません。
    重さや大きさなどはコールドモックでも確認が可能なので、興味のある方はビックカメラやヨドバシカメラ等の店頭で確認してみると良いかと思います。

    写真 2013-10-31 11 32 00
    こちらは10月31日のビックカメラ藤沢店での店頭の様子です。
    サービスは開始しているのですが、藤沢駅周辺はまだWiMAX 2+のエリア化が完了していないため店員さんも販売しづらい状況でした(^_^;)

    写真 2013-10-31 11 33 51
    サイズは手のひらに収まる程度ですが、最新型というわりには大きめでのっぺりした印象です。
    重さは約140グラムあり、昨今のモバイルWi-Fiルーターの中では重たい方ですね。
    特に純粋なWiMAXルーターとして考えると大きさや重さのスペックは1世代前のレベルです。
    背面はシンプルで、雰囲気はdocomが出しているL-03Eに似ています。
    バッテリー交換は不可能すが、無接点充電のQi対応やUSB給電機能など、付加機能としては2年間使い続けることを考慮してか詰め込んでますね。
    ただ、流石にWiMAX 2+対応ルーター第一弾からクレードル対応やバッテリー交換、連続12時間以上の通信など、既存のWiMAXでは当たり前の機能を入れることは出来なかったようです。
    そのあたりは次の新型や、NECまたはシンセイコーポレーションが出してくれることを期待したいですね。

    写真 2013-10-31 11 34 01
    側面にはMicro SDカードスロット及び、反対側にMicro IC Cardスロットがあります。
    既存のWiMAXと比べてLTE/3G+WiMAXが利用できるルーターはSIMカードを必要とします。
    HWD14についてはMicro SIMカードになるようです。

    今回のWiMAX 2+が契約できるプランは1年縛りのUQ Flatではなく、2年縛りの専用プラン『UQ Flatツープラス』になり、2年縛りからは逃れられなくなっています。

    よほど高性能で2年戦える端末が出ない限りは契約をためらいそうですが、以前より3G+WiMAXが利用できる『UQ Flatプラス』を契約していた方であれば端末もDATA08WやHWD13からの乗り換えになると思いますので、エリアや速度がパワーアップしたWiAMX 2+を存分に利用できるかと思います。

    WiMAX及びWiMAX 2+キャンペーンのまとめ記事については下記より
    【キャンペーン】WiMAX 2+が提供開始! MVNOプロバイダが実施しているキャンペーンを比較

    【キャッシュバック】2013年 11月版 WiMAXプロバイダキャンペーン比較 So-netのMeMO Pad HD7セットや1年縛りの@nifty、月額1,980円のシェアリーなどが魅力的

      

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-10-19 10 16 02

    以前から思っていたことなのですが、小田急線の成城学園前駅は携帯各社の電波が非常に悪いです。
    というか入りにくくなっているのか、WiMAX電波もいつも圏外でした。
    3年前から一向に改善する事無かったのですが、ここ最近はWiMAXに関しては小型基地局の設置により電波が入るようになったようです。

    普段携帯キャリアのモバイル回線の電波状況は確認できないので、今回駅停車時に確認してみると、auの電波でも圏外→検索中...→圏外→検索中...を繰り返してようやく1xになったりなど、3Gにすらなる気配がありませんでした。
    ちなみに成城学園前から登戸間はほぼ3Gの状態でした。
    1xは3Gよりもさらに遅い、通信はできるけれどほとんど速度が出ていない状態です。

    Twitterで検索してみると、案の定同じように感じている方が大勢いらっしゃる模様です(^_^.)
    写真 2013-10-19 17 49 56
    頻繁に毎日数件つぶやかれるくらいに電波が悪いので、関東の高級住宅街としてはこれくらい頑張って欲しいところです。
    まぁそもそもお金持ちは電車あまり利用しないのかもしれませんが…
    一応駅構内ではdocomo Wi-Fiとau Wi-Fiは利用できます。
    ソフトバンクWi-Fiスポットに関しては未確認なのですが、駅構内で待つ事があるならまだしも、停車中の一時的な場面でわざわざキャリアが提供しているWi-Fiスポットに接続するのは少し面倒ではあります。
    ドコモが提供予定のSIM認証がある程度一般化されれば自動接続という事になり、少しは便利になるかもしれませんね。
    Xperia Z SO-02E docomo [Black]
    ソニーモバイルコミュニケーションズ
    売り上げランキング: 25,790
    iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A
    アップル
    売り上げランキング: 1,552

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    yahoowifi
    業界最安の月額2,880円!【Yahoo! WiFi】はこちら

    モバイルWi-Fiルーターに新サービスが登場しました。
    『Yahoo! Wi-Fi』という、名称のとおりヤフーが提供する通信サービスですね。

    特徴としては、Yahooプレミアム会員が契約すると2年間は月額2,880円で高速LTE通信サービスが利用できるというものです。
    3年目からは3,880円になり、更新月に解約の申し出が無ければ自動でまた2年契約になります。
    モバイルルーターはイーモバイルが提供しているPocket WiFi GL06Pになり、新しいモデルのGL09Pも契約できますが、こちらはプレミアム会員も非プレミアム会員も同じで月額3,880円なのでオトク感は無いですね。
    回線は当然ですがイーモバイルの回線を利用する事になります。
    プレミアム会員でない方がGL06Pのプランに申し込んだ場合は、今ならプレミアム会員の月額費が6ヶ月間無料になるので大変オトクになります。
    ただし契約期間の残り18ヶ月はプレミアム会員費(399円)が必要になります。
    GL06Pに関しては、2014年5月までは通信容量の規制無しで無制限で利用が可能ですが、当然ながら短期間の大容量通信には規制がかかります。
    2014年5月以降に関しては月間10GBの容量制限になります。
    imoba
    参考 http://faq.emobile.jp/faq/view/107225

    もし自宅回線用に…と期待している方は、残念ながら規制有りの回線となるため、大容量の通信を頻繁に行うとあっという間に上限に達してしまいます。
    現在本当に通信容量が無制限で規制が無いモバイル通信サービスは、UQが提供するWiMAXのみとなってます。
    管理人も自宅回線として利用してますが、月間30GB前後の通信量でも今まで3年以上規制された事はありません。
    WiMAXについては下記にまとめてます。
    少し長い記事なので、お時間がある時にでもご覧ください。
    【キャッシュバック】2013年 10月版 WiMAXプロバイダキャンペーン比較 WiMAX 2+のキャンペーンは11月から実施か!?

    そして本題のYahoo! Wi-Fiですが、契約を検討されている方には大事な注意事項があります。
    それは端末代金で、端末代金は0円と表示されてますが実際は違約金商法、実質商法という携帯電話の販売方法と同じ販売方法です。
    私の知る限りこの実質商法をしていないモバイル通信サービスは、端末代金を本当に0円で提供しているWiMAXだけです。

    Yahoo! Wi-Fiは利用している通信サービスがイーモバイルなので当然なのですが、購入時の端末代金は0円でも、解約するタイミングによって違約金が変動するタイプです。
    契約年月が長くなるにつれ違約金が下がっていきますが、それはまさに端末の分割金を払っている事と同じ事になり、いくら端末代金が0円でも途中解約の違約金は高額です。
    kaiyakukin

    携帯電話の場合は端末代金を2年間で分割して支払い、途中解約の場合は残りの端末代金を支払うというまだわかりやすいシステムですが、イーモバイルの「にねん+アシスト1600」や「にねん+アシスト1700」というプランは端末代金は0円で払い終わっていても、途中解約の違約金を端末代金の分割金のように設定していて、2年間使用しないと端末代金相当の解約違約金が発生します。
    ですから、使用期間が長ければ長いほど違約金は下がっていきますが、2年間使用しないと通常解約金(9,975円)以外にも必ず別途高額な違約金が発生します。

    例えば「にねん+アシスト1600」で契約して半年後に解約した場合は、2年以内の解約金である9,975円+別途解約金として32,400円が加算されます。
    端末代金を0円で払い終わっているのにもかかわらずです。
    携帯電話の契約と違い、端末代金が0円で残金無しと思わせておいて違約金は端末代金相当を請求する、悪どい販売方法ですね。

    もし絶対に2年間は使い続けるということであれば月額2,880円で利用できますが、途中で解約したいとなると高額な解約違約金が発生するので、契約をご検討中の方は十分ご注意ください。

    詳細は下記より
    Yahoo!からモバイルルーター新登場!
    業界最安の月額2,880円!【Yahoo! WiFi】はこちら

    このページのトップヘ

    ブログパーツ