カテゴリ: Android

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pg
    『Pokémon GO』のギフトカードキャンペーン

    Pokémon GOデザインのGoogle Playギフトカードが期間限定で発売中です。
    300円分のクーポンも貰えるキャンペーンになっているので、ポケモンに興味が無い方でも検討の価値ありです。

    記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像3
    前回の記事でOCN モバイル ONEをSIMフリー機であるNexus7(2012)へつっこんで利用してみましたが、今回はdocmoのLTE端末に挿して利用してみました。
    テスト機として用いたのはF-02E,SC-01E,HW-01Eの3機種です。
    どれも使用せずに眠っていたのを掘り起こしてきました(^_^.)

    まず全機種で共通する事ですが、やはりAPN(アクセスポイントネーム)の設定は必須のようですね。
    SIMフリー端末ではなくdocomo端末だから設定無しでもいけるかな?とささやかな期待を持ったのですが、SPモードのAPNのままでは通信できませんでした。
    また、テザリングに関してもやはり出来ません。
    テザリングをONにしてWi-Fi電波を飛ばし、別の端末で電波をキャッチする所までは出来るのですが、肝心の通信自体は不可能でした。
    やはりroot権限や特殊なアプリが必要なようですね。
    私はその辺は専門外なのと、特にこのSIMでテザリングが必須というわけでもないので、格安SIMでテザリングをする事に関しては他ブログさんをご参照ください。

    APN設定後は全ての端末で通信が確立されました。
    ただ、何故かSC-01E及びHW-01Eに関してはアンテナ上でLTE表示がされず、FOMAハイスピードの『H』表示のままでした。
    もしかしたらたまたま電波状況が悪かっただけかもしれませんが、F-02Eに関してはLTE表示だったので、何かあるのかもしれません。

    3機種ともスピードテストを行った結果、下りは2-8Mbps、上りは0.5-2Mbpsとあまりよろしくない結果に終わり、docomoで契約しているSPモードのデータ回線と比較すると、ping値及び上下速度共に明らかに差がありました。
    やはり元がdocomo回線といえど、本家で契約する回線とMVNOの格安SIMとでは似て非なるものであって、品質に差があるように感じました。
    日常レベルで支障はありませんが、『ドコモ本家での契約の方が品質が良い』というのはおそらく間違いないと思いますので、ドコモから格安SIMに変えて通信品質が良くなった!という事はあまり期待できないと思います。

    セルスタンバイ問題についても少しテストしたかったのですが、一日かけてバッテリーテストなどをしないと正確な事がわからないため、もし今回テストした端末で情報が欲しいという方がおられましたら、コメント欄かTwitterなどからメッセージをいただければと思います。

    しかし通話が出来ないとはいえ、月額980円程度でこれくらいの通信品質を利用できるのであれば、まさに格安SIM!格安データSIM!ですね。
    縛り期間も無く簡単に利用できるので、海外から日本へ遊びに来る友人や、年配の方などへお試しとしてネット環境を用意してあげる分には使い勝手が良いサービスだと思います。
    まぁ申し込みから開通手続き及び各種設定が難しいので、補助してあげられる人間は別で必要ですけどね(^_^.)
    OCN モバイル ONEのキャンペーン、まだ間に合いますよ~。
    【まとめ】OCN モバイル ONEの6,000円キャッシュバックキャンペーン適用で6月末まで月額0円~70円で利用できる格安SIMについて

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像2
    最近良く利用するテクニックなのですが、USBホストケーブルを用いた簡易モバイルバッテリーを有効活用してます。
    どういうことかというと、USBホストケーブルというケーブルを使用すれば、スマホをモバイルバッテリー代わりに使う事が可能なのです。
    今までの当ブログの記事では、このケーブルでキーボードやマウスを接続する事を良く書きましたが、実際の実用性という面では、結局のところBluetooth接続の方が手軽でスマートだったりします(^_^.)
    ですから、USBマウスやキーボードも接続できるんだ!という事実だけを記事にしただけでした。
    しかし、今回のモバイルバッテリーとして利用するテクニックは実用性にも長けています。

    用いるものは同じで、『USBホストケーブル』またはアダプタタイプの『USBホストアダプタ』と呼ばれるものです。
    これに、USBホスト機能に対応したスマートフォンやタブレットデバイスがあれば、簡単にスマホやタブレットが大容量なモバイルバッテリーに変身するというわけです。
    注意点としては、古いAndroidデバイスはこのUSBホスト機能を備えていない場合がありますので、機能が無い場合には残念ながら使用不可です。

    画像3画像2
    ケーブルを接続すれば良いだけなので、特に難しい事はありません。
    私の所有しているGALAXY NEXUS(SC-04D)とNexus7(2012)は両方ともUSBホスト機能を備えているため、ケーブルを差し替えてあげるだけで、SC-04Dを充電したりNexus7を充電したり切り替えてやることも可能です。

    写真 2014-02-11 16 27 58
    そして、今度はライトニングアダプタの変換ケーブルをかましてあげれば、iPhoneだって充電可能です。
    もちろんその他の変換ケーブルがあれば、なんでも充電ができてしまうので、ケーブル一本といえど大変便利です。(※アンペア出力的に充電不可能な製品も中にはあります)

    画像4
    私は主にタブレット、iPhone、Androidスマホ、モバイルWi-Fiルーターと沢山ガジェットを持ち運ぶので、どれでも充電できるようにUSBケーブルと、USBホストケーブル、そしてライトニング変換アダプタの3つをカバンに忍ばせています。
    ライトニング変換アダプタは一つあればとても便利で、マイクロUSB端子にかますだけで、ライトニングケーブルに変身します。
    iPhone用のケーブルとAndroid用のケーブルを一本にまとめられるので、持ち物が多いユーザーには重宝する一品ですね。

    このテクニックは主にAndroidとiPhoneの2台持ちや、タブレットとスマホの2台持ちというユーザーに利用できるやり方です。
    1台しか持ち運ばない方は結局のところモバイルブースターが必要になるのですが、もし今現在2台持ち以上で、なおかつモバイルバッテリーも持ち運んでいる方は、この方法を試す事により、荷物を減らすことが出来るかもしれませんよ(^^♪
    私が使用しているUSBホストケーブルは下記の安物です。
    安い物は100-200円程度で販売されてますので、一本あればきっと役にたちます。
    また、ライトニング変換アダプタも一つあれば便利な品物なので、こちらも個人的にはかなり使用頻度が高いのでご紹介しておきます。
    USBホストケーブルは、L字タイプや二又タイプ、巻き取りタイプ、アダプタタイプなど様々な形の物があるので、用途に合わせて選ぶと良いかと思います。
    個人的にはかさばらないアダプタタイプも検討中。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ