カテゴリ: Android

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hne
    イーモバイルが販売しているGoogleのNexus 5(EM01L)ですが、新規一括0円で契約した際に2年間維持せず、1年後に解約した場合の料金を計算してみました。
    正直なところ1年間だけ使って他者へ移動するのがとても魅力的に感じたので、一つの記事としてまとめておきます。

    新規一括0円で契約した場合は1年ちょうどで解約またはMNP転出しても、総コスト43,000-45,000円くらいで済みます。(事務手数料や解約金の1万円含めて)
    ※契約初月は多少料金が変わるため概算になります

    2,515円×12ヶ月=30,180円
    契約事務手数料 3,150円
    解約違約金 約10,000円
    合計 約43,000円


    Googleで購入するとEM01Lと同じ16GBモデルでも39,800円なので、イーモバで新規一括0円で購入した際の総コストは、1年間の通信料金込み+MNP元回線というメリット付きで43,000円です。
    価格的にはかなり差がありますね、特に12か月分の通信料金の差が…
    そしてオマケにMNP元回線という金の卵を産む強力な助っ人付です。

    よって、個人的に現状ではGoogleで購入する意味は全く無いかなと思ってます(^_^.)
    イーモバイルも1年使用して解約したとすれば、流石にブラック要素は皆無だと思いますので精神衛生上も良いと思います。
    EM01Lの新規一括0円案件は回線目当ての人以外の、Nexus 5の白ロムだけを欲しい方でもGoogleで買うより十分にお得な案件なので、見つけたら迷わず買い!ですね。まぁその肝心の一括0円案件が全く無いんですけどね(-_-;)
    Google Nexus 4 16GB (LG E960) SIM Free - 並行輸入品
    Google
    売り上げランキング: 146

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dokomo
    dメニューから利用できるオンラインストアのdショッピングですが、ドコモの回線契約さえあれば他社のスマホなどでもお買い物が可能なようです。
    今回auのiPhone 5で実験してみたのですが、dショッピングのページへ行くことも可能で、決済も回線契約のあるdocomo IDで行えば可能でした。
    しかし、回線契約のないdocomo IDではやはり利用できないようで、dショッピングのページを見ることはできても、おそらく決済画面で決済を行えないと思います。

    docomo IDについて
    docomoid
    2014年 1月時点では回線契約のないdocomo ID向けのサービスはdゲーム、ショッぷらっと、ドコモ地図ナビの3つしかありません。
    今後利用できるようになるサービスは増えていくでしょうが、現状はまだまだ足りませんね。

    ちなみに回線契約がある場合だと下記のようにフルでサービスを利用可能です。
    doomoidx
    dショッピングは覗いてみると予想外に低価格で魅力的な商品が多いので、メイン回線がドコモでない方でも、3円運用などの寝かせ回線のdocomo IDを有効活用して、オトクな商品を見つけてみてはどうでしょうか。
    ここだけの話、今現在メインで使用しているWindowsタブレットのLenovo Miix2 8は32,980円のドコモポイント10%還元で実質29,690円で購入しました(^_^.)
    現在はもう品切れ中ですが…
    Screenshot_2013-12-21-01-12-28Screenshot_2013-12-21-00-51-29

    dショッピングの利用は今回auのiPhone 5で試してみましたが、パソコンやAndroidスマートフォンでもdショッピングに入れない端末はあります。
    私雅所有しているNexus 7(2012)は下記のような表示が出ました。
    efaw
    ブラウザのユーザーエージェントを変更したりしてお買い物できるようにする事も可能だとは思いますが、なんでもいいのでドコモのスマホがあればdショッピングへは入れますので、そこまでする意味はあまり無いですね。
    dメニューのサービスは他にもdビデオが、auやSoftbankのiPhone 5で視聴が可能でしたので、いくつかの例外があるようです。
    Android裏技スーパーブック (超トリセツ)

    インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
    売り上げランキング: 405,989

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wadaws
    先日の12月21日~23日にかけて新規一括0円という価格で一時的に安売りされたイーモバイルのNexus 5(EM01L)ですが、少し気になる情報を見つけたので備忘録として残しておきます。

    内容は、イーモバイル版のNexus 5(EM01L)にはどうやら『IMEI制限』(ネットワーク利用制限)がかかっており、イーモバイルのSIMカードでしか利用、通信が出来ない仕様となっているようです。
    IMEIとは製造番号のことで、契約したSIMカードと製造番号が紐付けされているという事になります。
    ※契約したSIMと契約した端末が完全に紐付けされているわけではなく、あくまでイーモバイル端末との紐付け

    よってNexus 5の端末自体はSIMフリー端末ですが、契約したSIM側にイーモバイル端末とのロックが施されている状態となります。
    ですから、イーモバイルのNexus 5(EM01L)を購入時に契約したSIMカードを、Google Playから購入したNexus 5に差し替えての利用が出来ません。

    この仕様によりどういう弊害が起こるかというと、安売りに釣られてメイン回線などでEM01Lを契約してしまうと、今後2年間はこのEM01Lを使い続けなければなりません。
    端末が壊れた際にヤフオクや白ロムショップなどでGoogle Play版のNexus 5を購入しても利用が出来ない他、その他のSIMフリースマートフォンでも利用できない可能性が高いです。
    高確率で利用できる端末は、現状ではイーモバイル版のNexus 5(EM01L)になります。
    直接サポートに問い合わせたところ、中古のEM01Lでも問題ないが100%使えるとは断言できないと回答を頂きました。
    EM01Lで契約するSIMはソフトバンク回線も利用できるタイプで、他の機種であるGL07Sなどの契約とはまた少し違うため、そのSIMをGL07Sに挿して今までどおり問題なく利用できるのか、という点についてはまだ微妙なところのようです。
    今後EM01L以降にイーモバイルが発売するスマートフォンや中古で購入したEM01Lであれば、ほぼ問題なく利用できるかと思います。

    いずれにせよ、メイン回線でNexus 5を契約した場合は2年間は同一機種を使い続けなければならなくなるため、月額料金が2,515円という格安に釣られて契約してしまうと、結局1年後くらいにはdocomoなどに移動しなければならないかもしれません。
    キャリアのメアドを利用しない人であれば問題ないかもしれませんが、2年単位といえどキャリアメールは利用し続けたい人にとって1年でメアドが変更するのは煩わしいです。
    飽きたら1年後に公式ショップで機種変更すれば良いという意見もありそうですが、毎月の割引である『月額割引-S』が消滅して2,515円で利用できなくなることや、機種変更価格で購入する高額な端末代の事を考えるとあまり現実的ではありません。
    以上から、メイン回線の端末を頻繁に変える予定の人や、契約した月額2,515円のSIMカードを他社のSIMフリー端末に挿して利用したいという方は、そういった利用方法が出来ないのでご注意ください。

    今回の記事の内容は、実は正確なソースがありません。
    2chのテンプレや掲示板、個人ブロガーさんなどではこういう仕様ですと書いてありますが、実際のソースがなければ本当かどうかわからなかったので、直接カスタマーサポートで確認を取りました。
    イーモバイル公式の注意事項などでも記載が無いため、あえて隠している…という感じですね。
    端末はSIMフリーですが、まさかSIMカードの方にロックがかかっているとは誰も思いませんから(^_^.)
    ちなみに並行輸入品などグローバルモデルのNexus 5もGoogle Play版と同じくイーモバのSIMでは利用できません。

    2014.2.1追記:どうやらGooglPlay版でも利用できたという報告があがってます。
    詳しくは下記記事を。
    【朗報】GP版のNexus 5でもイーモバイルのEM01Lで契約したSIMが利用できている模様 密かな仕様変更が影響か

    このページのトップヘ

    ブログパーツ