カテゴリ: アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    今回はブルーレイソフト、フルメタル・パニック! The Second Raidというアニメの音質をレビューしたいと思います。
    50e400d1.jpg

    ちなみに北米版です(^_^.)

    fde3df27.jpg

    2枚ですが全話収録されています。

    この作品は個人的に好きだったので購入したのですが、購入前は音声フォーマットの詳細がどこにも載ってませんでした。単なるDolbyとしか…

    で、実際に届いた商品を見てみると…
    24dc146d.jpg

    なんと日本語版でもDolby TrueHD 5.1chが収録されているじゃありませんか(^^♪
    思わぬ収穫でした。

    感想としては、アニメとしては抜群に良い音ですね。
    当然といえば当然ですが、テレビ放送版だと単なるステレオ2chですから、それが5.1chで、さらにロスレス音源であるDolby TrueHDで再生されるのですから当然ですよね(^^♪

    最終話のバトルシーンあたりもサラウンド感が良く出ていました。
    ただ、例によってハリウッド映画と比べてはいけませんね(^_^.)
    そこは別物として楽しむ事にします。

    とはいえ、アニメもテレビ放送で視聴するのとブルーレイで視聴するのでは全く違いが出ますね。
    音質は大きな要素ではないかと思っています。

    今日紹介したフルメタル・パニック! The Second Raidは北米版なら非常に安く手に入りますので、アニメの音質を試してみたい!という方にはお勧めです。



    こちらが使用してるAVアンプです。
    ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DH530
    ソニー (2012-04-20)
    売り上げランキング: 436

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんにちわ。

    今日は先日購入したブルーレイソフト、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の音質をレビューしたいと思います。
    なぜこのソフトなのかというと、6.1ch音源の収録とDTS-HD Master&Dolby TrueHDのフォーマットを収録しているからです。
    59af997a.jpg


    ブルーレイの普及で最近は標準になりつつもあるDTS音源ですが、DTS-HDとDolby TrueHDの両方が収録されてるソフトってあまり無いんですね。
    さらに5.1ch以上で収録しているとなるとほとんどありません。

    というわけでこちらのヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を選びました。
    幸い私はアニメも沢山視聴します(*^_^*)

    まず両音源を聴き比べた感想としては、全く違いがわかりませんでした。
    私は完全なDTS派なので、所詮Dolby音源は薄いサウンドだろうと思っていたのですが、全く違いが無いほどに迫力のあるサウンドでした。


    28948bc7.jpg

    6.1chについては、私は残り2つのスピーカーをサラウンドバックスピーカーとして設置しているので、後ろ2つのスピーカーから残りの1chが鳴るようになりますね。

    感想としては…まぁ5.1chとさほど変わらないかな(^_^.)
    でも真後ろから音が聴こえるというのは大きな違いかもしれません。
    こればかりはパンニング(音の定位設定)が上手いかどうかによって大きく変わるので、5.1chでもパンニングが上手な綺麗な作品では迫力が違います。

    このヱヴァンゲリヲン新劇場版:破は、洋画のアクション映画のようなアクティブな音の動きではなく、どちらかというとソフトな感じでした。

    個人的にはネルフ本部でのシーン、まるで本部内部で一人のオペレーターになったかのようなサラウンド感です。
    右後ろや左後ろ、真後ろからオペレーターの声やアナウンス、SEが聴こえてきて、前方からも大型モニタに映し出されたヱヴァの映像と音が聴こえます。
    ネルフ本部でミサトが映っているシーンではまさにミサトが聴こえている音と映像をそのまま体感しているような感覚です。
    個人的にこのシーンのパンニングはすばらしいと感じました。
    他にも良いところはありますが、どうしても原音の質が洋画と比べて薄いので迫力は欠けてしまいます。

    洋画は生音に近い音をそのまま収録している感じですが、アニメだからなのかこのヱヴァではフィルターがかったような、まだまだスピーカーで鳴っているなという感じは否めませんでした。
    良い音を収録するのにもコストと技術、労力がかかりますので、このへんはハリウッドと比べてはまずい部分なのかとも感じます。
     

    SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム DS7500 MDR-DS7500
    ソニー (2011-10-10)
    売り上げランキング: 1,081

    このページのトップヘ

    ブログパーツ