カテゴリ: iPad & iPad mini

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ipadretina
    新型のiPad miniとiPad Airが発表されましたね。
    想定内のRetinaディスプレイ搭載であまり驚きはありませんでしたが、販売価格は想定外の高さで驚きました(^_^.)
    一番売れるであろう16GBモデルで41,900円という価格です。
    私は去年の12月頃に初代iPad miniを28,800円で購入したので、非常に高く感じます。
    まぁ最近Apple製品は値上がりして初代miniもその時に32,800円になり、新型発表と同時に31,800円に値下がりしたものの、それでも新型との価格差は8,100円もあります。
    流石に今回は見送りかなぁ…と思っています。

    そこで、なるべく格安でiPad miniをゲットする方法をまとめておきます。
    まぁ一部の人にしか出来ない芸当なので、出来ない方や、こういった購入方法をやりたくない方はスルーしてください。
    あと、どちらかというと関東の人しか実践できない気もします。
    地方からブログを閲覧してくださっている方にはちょっと申し訳ない記事になります。

    やり方は簡単で、『MNP一括0円でau iPhone 5+キャッシュバック付を購入しiPhone 5を売る』という方法です。
    ようは携帯電話の契約を利用して小銭を稼いで、そのお金で買いましょうという事ですね。
    だから別にiPad miniでなくても手に入れたお金は自由に使えます。
    ただ、Apple製品を購入してゲットしたお金ならApple製品に使ってあげたほうがお互いのためにも良いかと思います。
    auはiPhone 5が売れてさらに純増1契約をゲットでき、AppleはiPad mini及びiPhone 5が各1台づつ売れて、購入者は無料でiPad miniを手に入れられる、さらに買取業者もiPhone 5で利益を得る、Win-Winですね(^_^.)
    誰も悲しみません(たぶん)

    現在のau iPhone 5のMNP一括案件は、一括0円にキャッシュバックが30,000円~40,000円ほどです。
    そろそろ在庫が尽きかけているのか、案件自体も少なくなったように感じます。
    そして白ロムの買い取り相場は最大で45,000円です。
    仮に今すぐにでも他社へ動かせる回線をお持ちの方であれば、下記のような計算式になります。

    MNP転出手数料 2,100円
    新規事務手数料 3,150円
    前回線の解約違約金 9,975円
    契約後の24ヶ月の維持費(980円×24ヶ月) 23,520円
    iPhone 5売却額 +45,000円
    キャッシュバック +35,000円


    合計 41,255円

    前の回線の解約違約金9,975円を支払ってau iPhone 5に移動して、さらに2年後に解約したとしても約41,000円の利益が発生します。
    総諸費用は38,745円発生してますが、iPhone 5の買取額とキャッシュバックが大きく、完全に上回ってしまうのです。
    もちろん契約する時にいくつかオプションやLTEフラットの加入などがあり、あと5,000円程度は費用がかかるかもしれませんが、それでもかなりプラスになりますね。
    契約した回線は解約金が発生しない24ヵ月後に解約しても良いですし、1年後に9,975円払って解約してもほとんど同じ事ですね。
    ただ、即解約する事だけはキャリアとユーザーのお互いのためにもやめておいた方が良いかと思います。

    単純計算だと41,000円の利益が出て、新型iPad miniは41,900円…ほとんど無料でゲットですね(^_^.)
    関東でなければこれほどまで良い条件はないので、安く新型のiPad mini Retina、iPad Airを入手したい人は一度実践してみてはどうでしょうか(^^♪
    iPhone 5 16GB au [ホワイト&シルバー]
    アップル
    売り上げランキング: 3,642

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-09-28 21 29 14

    先日久しぶりに100円回転寿司の『くら寿司』へ行ったのですが、注文パッドがiPadに変わってました。
    電源ケーブルの形状から察するに、おそらくは私も所有している第3世代iPadかと思います。
    1年前に行った時は普通の感圧式のパッドだったので、この日は妙にタッチの反応が良いナァと思ってたら案の定全台iPadに変わってました。

    タッチの反応やメニュー写真の美麗さは流石はRetinaディスプレイのiPadといった感じです。
    お客さんにいじられないようにホームボタンの部分は触れなくなっており、Wi-Fiのマークが点いていたので、おそらくは店内の親機のシステムとWi-Fiで常に通信、同期しているようです。

    寿司ネタが品切れになると、メニュー一覧からその寿司ネタだけ姿を消すようで、注文自体が出来ないようになり『リアルタイムに更新されるメニュー』というアイデアは画期的だと感じました。

    欲を言えばこの注文パッドの位置がかなり高い位置に固定して設置してあり、操作していると非常に腕が疲れるのと、品切れした際にメニューから姿を消すのではなく、『品切れ』という文字を加えてくれるとさらにわかりやすいかなと思いました。

    しかし安い居酒屋などにある感圧式の使いにくい注文パッドよりも、iPadを使用した注文パッドはとても綺麗で使いやすいですね。
    今後も活用する企業が増える事を期待したいです。
    iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A
    アップル
    売り上げランキング: 1,206

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    docomoの10インチAndroidタブレット dtabですが、専用スタンドが意外に汎用性が高かったです。
    というのも、厚みがiPadと0.5mmしか違わないので当然といえば当然ですが、iPadも違和感無く立てることが可能です。
    IMG_1152
    IMG_1153

    さらに、dtabの厚みは9.9mmなので、10mm以内であればどのようなタブレットでも使用可能かと思います。
    最初はちゃちで100均で購入できるレベルだとバカにしましたが、中々役に立っています(^_^.)
    さらに二つに折れてコンパクトになるあたり、実用性は高いと感じました。 
     IMG_1007IMG_1006
    こういった折りたたみスタンドは一つ持っておいても良いですね。

    このへんとか良いかも。

    【39s】Galaxy TAB/iPadスタンド
    39s
    売り上げランキング: 3,855

    このページのトップヘ

    ブログパーツ