カテゴリ: iPad & iPad mini

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    docomo dtabとiPadを比較してみました。
    この2機種で迷ってるユーザーはあまりいないかもしれませんが(^_^.)

    タッチのレスポンスなどは当然iPadにはかないませんが、dtabの魅力はそこではなく『低価格』であることだと思うので、満足感は非常に高いです。
    『低価格タブレット』でも安かろう悪かろうではなく、性能も現在発売している10インチクラスのタブレットにひけをとりません。
    いわゆるハイエンド機を求めてる方はXperia Z Tabletを購入すれば良いと思うのですが、そこそこの性能で良いのでなるべく安い製品を…となればdtab一択では無いでしょうか。
    docomoユーザーでないと多少高くついてしまうのが玉にキズですが、他の国産タブレットを購入するよりかは良いかと思います。

    IMG_1033
    質感はそっくりですが、dtabは筐体の周りが白い縁で覆われています。


    IMG_1034
    ますます質感が同じ感じに(^_^.)
    dtabは上部にある白いプラスチック製のパーツが安っぽさを出しているので、あの部分さえもう少しどうにかなれば高級感も備えたタブレットとして覇権タブレットになれたかも。


    IMG_1048
    黒と白で少し比較しにくいですが、アスペクト比が違うので大きさも違いますね。


    IMG_1049
    重ねてみた感じです。


    IMG_1052
    IMG_1053
    背面の銀色部分はiPadのそれと同じと思ってもらって大丈夫です。
    似て非なるものではなく、そのまんまです(^_^.)


    IMG_1051
    左:dtab/右:iPad
    厚みは若干dtabのほうが分厚いですね。
    カタログスペック上はdtabが9.9mmで、iPadが9.4mmなので、約0.5mmの差です。
    1mmの半分ですから、言われなければ気付かないレベルですね。

    ちなみに重量はdtabが633gでiPadが652gですから、dtabのほうが19gと少しだけ軽いです。
    カタログ見るまで体感ではdtabの方が重たく感じましたが、実際はiPadのほうが重かったようですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    我が家のiPadの便利な使い方を紹介します。

    1.家電の解説書やマニュアルなどをまとめる
    最近では白物家電からデジタル家電まで、、メーカーのサイトに行けばPDFで公開してたりします。
    それを全てダウンロードしてiPadに入れてしまえば、管理も楽チンでいつでも参照できます。
    あの説明書どこに仕舞ったかなぁ…なんてこともなくなります。
    ついでに保証書などもカメラで撮影しておけば、問い合わせの際に役立ちます。


    2.TVゲームをする際の攻略本として
    定番ですね。
    スマホでも良いですが、一覧表などで情報量が必要なゲームだと見づらいです。
    こういう時にiPadがあればサクッと調べて見ることが出来ます。 


    3.朝食時に新聞代わりとして
    こちらも定番ですね。
    スマホだと手に取らないと見づらいです。
    かといってテーブルに置きながらだと目から距離があり、覗き込まなくてはいけないので、iPadのような大画面だと食事しながら情報収集が出来ます。


    今回は3つ紹介しました。
    スマホとの違いや使い分けですが、やはり大画面ならではの、『見に行かなくて良い』というのが大きなポイントではないでしょうか。
    スマホは手に持って覗き込むのがスタイルですが、タブレットはテーブルに置いて閲覧することが可能です。
    タブレット端末、検討してみてはどうでしょうか(^^♪
     
    Apple iPad2 Wi-Fiモデル 16GB ホワイト

    売り上げランキング: 21,911
    MSI 薄型軽量のAndroidタブレットPC Enjoy 10 Plus-013JP
    MSI COMPUTER
    売り上げランキング: 33,392

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんにちわ。
    スマホやタブレットの操作画面を撮影したい時、通常の三脚では撮影できません。
    というのも、ディスプレイを限りなく上から見下ろさなければならないため、三脚のように地面から水平に撮影するタイプでは構造上どうしても撮影しずらくなりまし。

    そこで色々と探してみました。

    まずはこちらのアームタイプです。
    サンコ- スマートフォン用クリップ式フレキシブルアーム CLFARFSF
    サンコー (2012-09-05)
    売り上げランキング: 3,530

    反対側はクリップになっているので、近くに挟めるものがあれば容易に固定できます。
    見下ろす三脚という表現がしっくりくるタイプですね。



    次にこちらの接写用三脚です。
    PLATA 接写用三脚  ( 商品撮影 スタンド )  FC004
    プラタ
    売り上げランキング: 5,857

    首が長い上、可動式なので真上からの撮影が可能です。
    しかし大きなものは撮影しずらいので、タブレットなどでは試してみないとには上手く撮影できるか不安ですね。


    で、最後に私が実践している方法ですが、少し普通とは違います(^_^.)
    a526c685.jpg

    2e09d07c.jpg


    ブーム式のマイクスタンドにスパイダーポディウムというスタンドを組み合わせた荒業です(^_^.)
    実際に試してみるとかなりガッチリ固定してくれ、角度や高さなども自由自在なのでかなりお勧めです。
    色々と応用も効きます。
    難点といえば、マイクスタンドが若干大きいので置き場所に困るくらいでしょうか。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ