カテゴリ:Android > Android タブレット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    先日購入したdtabの購入費用をまとめてみました。
    dtabの発表当初にも購入費用のまとめ記事を書きましたが、結構相違点も多かったので今回の記事のほうが正確だと思います。

    まず、当初SPモードについてはすぐに外せるオプションだと思っていたのですが、どうやら外そうとするとdビデオも同時にはずれてしまうようです(^_^.)
    オンラインからの手続きでもdビデオを残しつつSPモードだけ外す事はできませんでした。

    ということは必然的にSPモードとdビデオを6ヶ月以上契約しなければならないという事になります。
    公式サイトではdビデオを6ヶ月間契約する事…と表記がありましたが、なんか先ほど見たらわざとらしくSPモードとdビデオを6ヶ月以上という説明に変わってますね(-_-;)
    スクショ撮ってないので100%とは言えませんが、おそらく問い合わせが沢山あったかなにかでコッソリ文面変えたのではないかと…

    さらにdビデオの契約には落とし穴があり、契約月の1日に契約した場合のみ当月が1ヶ月目としてカウントされます。
    1日以外の加入だと、購入日から翌月末日までを1か月目とする…となります。
    わかりにくいので大雑把に説明すると、1日契約だと1か月分の料金で契約期間1ヶ月目は契約月の末日にカウントされます。
    しかし1日以外の日に契約すると、契約月の翌月末になってもカウントはまだ1ヶ月目(料金は2か月分発生)…となります。
    さらに6ヶ月間の契約ではなく、dtab購入時点から6ヶ月以上の契約が必要となるので、実質的には最低でも7ヶ月間のSPモードとdビデオの契約が必要となります。

    ■1日に契約 →7ヶ月間のSPモードとdビデオの契約が必要
    ■1日以外の日に契約 →8ヶ月間のSPモードとdビデオの契約が必要


    その差額は840円

    以上を踏まえたうえで様々なケースでの購入代金を計算してみました。

    新規で回線契約し、同時にdtabを購入した場合
    ※契約回線の端末代は省いてます

    新規事務手数料      3,150円
    spモード315円×7ヶ月      2,205円
    dビデオ525円×7ヶ月     3,675円
    dtab本体価格       9,975円
    基本料金780円×7ヶ月     5,460円

    合計  24,430円
    8ヶ月契約だと25,270円

    7ヶ月後にspモードやdビデオを解約しても、基本料金の毎月780円は継続して支払わなければなりませんので費用はさらにかさみます。
    仮に、7ヶ月後回線自体を解約した場合には解約違約金の9,975円がかかりますので、
    合わせると34,405円 さらにもし契約回線を一括0円でなく、分割などで購入していたらその分も支払いが残ります。
    普通に高いですね…
    以上をふまえると、新規契約で購入するパターンは無いかなと思います。



    今現在docomo回線を普通に使用している人が購入した場合
    あくまで普通になので、基本料金とspモードくらいは入っているという場合です。

    新規事務手数料         0円
    spモード315円×7ヶ月           0円
    dビデオ525円×7ヶ月    3,675円
    dtab本体価格       9,975円
    基本料金780円×7ヶ月       0円

    合計  13,650円
    8ヶ月契約だと14,175円

    安いですね。この値段でdtabが手に入るなら文句無いですね。
    さらに7ヶ月間はdビデオのコンテンツを楽しめるわけです。
    このケースが一番お買い得に購入できるかと思います。



    寝かせ回線を利用してdtabを購入した場合
    いわゆるXiスマホ割などを利用して、とりあえず3円の維持費で回線を持っている人の場合ですね。

    新規事務手数料          0円
    spモード315円×7ヶ月      2,205円
    dビデオ525円×7ヶ月     3,675円
    dtab本体価格        9,975円
    基本料金780円×7ヶ月       0円(Xiスマホ割)

    合計  15,855円
    8ヶ月契約だと16,695円


    以上のようになりました。
    やはり一番お買い得な買い方は普段docomoユーザーの人ですね。
    SPモードや基本料金は携帯代金として普段から支払っているお金なので、実際に発生する費用としてはdビデオとdtabの本体代金だけです。
    もし身内にdocomoユーザーがいて、その人がdocomoから移動する気など全く無い!という事であれば代わりに購入してもらうのも良いかもしれませんね(^_^.)

    端末自体は結構気に入っているので、気になる方は上記計算式に当てはめて検討してみてください(^^♪

    iBUFFALO dtab専用 気泡が消える液晶保護フィルム 光沢タイプ
    バッファロー (2013-03-19)
    売り上げランキング: 762

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    docomoのAndroidタブレット『dtab』のブラウザを比較してみました。
    あとついでにGoogleMapの動きもどんな感じか動画を撮りました。
    参考にしてください(^^♪

    比較したブラウザは標準ブラウザ、Chrome、Firefoxの3種類です。
    比較した順番はFirefox→標準ブラウザ→Chromeの順です。
    結果は…Chromeの惨敗でした(^_^.)
    他の端末では普通にサクサク動いてくれるChromeですが、なぜかこのdtabでは激遅のもっさりガクガクでした。
    2年近く前のAndroid2.2搭載のスマホのようです。 
    これはタブレット側のチューニングが上手くいっていないのか、Chromeとの相性が悪いんでしょうね。
    他のブラウザはキビキビと反応しますし、dtabのタッチパネルの問題ではなさそうです。
    しかしChromeユーザーの方はご注意ください(^_^.)
    ほんとに動画のようにカクカクで、他のブラウザとは差があります。

    個人的にはFirefoxが一番サクサク動いてくれてる気がします。
    拡大縮小やタッチの反応や指に追従する感じも悪くありません。
    標準ブラウザも良いのですがダブルタップでの拡大縮小が思ったように反応してくれなくてちょっと残念(^_^.)

    GoogleMapは遅い回線で表示しているからなのか、ちょっとイマイチですね。
    中々指についてきてくれませんし、情報量が多い地域だと拡大縮小もカクツク時が多々あります。 

    中々良い端末ですね。
    どんどん触り倒していきたいと思います(^^♪


    こちらの動画は開封の儀です。


    iBUFFALO dtab専用 レザーケース 液晶保護フィルム付 ブラック
    バッファロー (2013-03-19)
    売り上げランキング: 266

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3月27日(水)にドコモオンラインショップで先行発売されたAndroidOS搭載の10インチタブレット『dtab』ですが、さっそく本日届きましたので開封の儀を行います(*^_^*)
    IMG_1002
     
    画像沢山載せてますので参考にしてください。
    では続きからどうぞ!
    記事の続きを読む

    このページのトップヘ

    ブログパーツ