カテゴリ: ITニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2月19日(火)よりAmazonの支払いに、Suicaが利用可能になりました。

    モバイルSuicaであれば事前手続きなく利用が可能なようですが、問題は一般のSuicaカードですね。
    一般のSuicaカードの場合はFeliCaリーダーによる『Suicaインターネットサービス』の利用が必要になります。

    どういうことかというと、専用のカードリーダーが必要ですという事(^_^.)
    非接触ICカードリーダー・ライターであるFeliCaポート『パソリ』というカードリーダーが必要です。

    こちらから購入できますが、そこそこのお値段ですよね(^_^.)



     

    クレジットカードが嫌いな人や持って無い人でもAmazonを手軽に利用できるようになるので中々良いサービスですが、初期投資としてカードリーダーが必要になるので、そのあたりは注意して利用を検討した方が良さそうですね。

    ちなみにAmazonギフト券でのお買い物も可能です。
    Amazonギフト券は当然Amazonでも購入できますが、コンビニなどでも購入できるので何かと便利です。
    Amazonで良くお買い物をする人には喜ばれるプレゼントでもあります(*^_^*)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんにちわ。
    最近ニュースになっていたヘッドフォンで11.1ch再生可能な『DTS Headphone:X』とは一体何なのか、簡単にまとめてみました。

    まとめとしては下記のようになります。

    ・従来の普通のヘッドフォンで11.1chが再生可能である
    ・DTSやDTS-HD、Dollby等と同じ新規格扱い
    ・新規格のため従来の再生機器では再生できない
    ・5.1chや7.1chも再生可能、あくまで最大で11.1ch
    ・市場投入は2013年度内予定
    ・導入は二段階にて行われる

    ここで一番気になるのが二段階導入の部分です。
    1段階目は、マルチチャンネル音源→Headphone:X専用最適化処理→パッケージ化→対応の再生機を使ってデコードという形になり、DTS Headphone:X対応音源及び対応機器でなければ再生できないというところ、これでは中々普及しないというか、そもそも聴くまでに色々とコストがかかります。

    そして第2段階目がマルチチャンネル音源の前処理無しで再生時にリアルタイム演算して、Headphone:Xに最適化した音源を生成しながら再生という、簡単に言うと元音源を変換しながらリアルタイム再生しますよって事ですね。
    しかしこれはかなりの演算能力が必要とされるらしく、そのために第1段階の導入方法が実施されるみたいです。

    まだはっきりとはわかりませんが、今までのAVアンプではほとんど再生できないような雰囲気がありますね汗
    第1段階の時点で専用の再生機器必須ですから、期待すべきは第2段階のパワー頼りなんですが、そうなるとPCでの再生を前提とされそうな予感です(^_^.)
    スマホでの導入も視野に入れてるみたいですが、パワー足りるのかな…と心配です。

    現状ヘッドフォンでマルチチャンネル音声を聴くためには、対応ヘッドフォンと対応音源、対応再生機器と全てが対応していないとDTSなどのマルチさラウンドは体感できません。

    それを考えればイヤホンやヘッドフォンだけでも専用の物を用意しなくても良くなるので、普及しやすいのかな(^_^.)

    ともあれ、今後に期待したい規格ではあります。

     
    PROFESSOR 5.1chヘッドホン BASIC5.1 AMATY
    PROFESSOR
    売り上げランキング: 31,957

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おはようございます。
    昨日はdocomoの新商品・新サービス発表会がありましたね(^^♪
    私は直接発表会は見てないのですが、ネットを巡回して色々と情報を集めましたのでそれをここでもまとめます。 
    といっても注目されてる端末のみの紹介です(^_^.)
    Sony Xperia Zや Xperia tablet Zについては単なるスペックアップ端末なので省略します。 

    注目の機種はやはりこのあたりでしょうか。

    ・dtab
    ・dstick
    ・MEDIAS W N-05E

    【dtabについて】
    dtabは10.1インチのタブレットで、低価格かつwi-fi専用機というところがポイントですね。
    google play非対応との記事も出ていますが、間違いでちゃんと利用できるようです。
    価格は9,975円で購入可能ですが、実際はSPモードとdビデオを6ヶ月間契約した時の価格であり、そこまで安くは無い。

    【dstickについて】
    dstickはこの製品自体をテレビに刺せば、docomoコンテンツを大画面で楽しめますよ~というもので、発想自体は悪くないですね。
    ただ、それならスマホをHDMI接続したのとさほど変わらない気もするので、ワイヤレス化しただけなようにも感じますね(^_^.)

    【MEDIAS W N-05Eについて】
    MEDIAS W N-05Eは2画面を売りにしてますね。
    確か去年も一度この製品については記事にした記憶があります。
    面白い商品だと思いますが、Sony tablet P  SGPT211JP/S、SGPT213JP/Hと似た感じではないでしょうか(^_^.)
    専用アプリなどで二画面の操作はいろいろと洗礼されてそうですが。 


     

    このページのトップヘ

    ブログパーツ