カテゴリ: 携帯安売り情報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2014-01-03 23 41 05
    auのMNP転出手続きですが、予約番号を発行した後は一切の契約変更手続きができなくなるようです。
    どういうことかというと、通常MNP予約番号は発行後2週間の有効期限がありますが、この予約番号が有効な2週間の間はオプションの廃止や解約などの手続きを一切受付できなくなります。
    おそらくMNP予約番号を取得した事がある方なら、オペレーターの子から説明を受けると思います。
    もし予約番号発行後に変更手続きを行いたい場合は、発行済みの予約番号を一度取り消してもらう必要があります。
    手続きは電話一本でできますが、再度予約番号の電話が必要など面倒事が増えるので注意が必要です。

    この仕様によりどのようなデメリットが生じるのかというと、更新月の早い段階でMNP転出を行う予定の方などは、予約番号を取得する前に誰でも割の廃止や、その他オプションの解約を行う必要があります。
    『解約金のかからない更新月の初旬にMNP転出しよう』と目論み、前月の満了月月末などに早々に予約番号を発行してしまうと、更新月に入ってからは予約番号を取り消すか有効期限が切れるまでは、一切の変更手続きが出来なくなります。
    そして、もし更新月に良い案件が無かった場合は更新月の翌月に、一時的に契約を1ヶ月だけ先延ばしする必要があり、先延ばしをするためには事前に『誰でも割』の廃止手続きが必要になります。

    あまりこういうケースに遭遇することは無いかもしれませんが、私の場合は予約番号を発行した後に誰でも割廃止手続きの電話をしておこうと思っていたため、もし順序を間違えていたら一番良いMNP案件を逃していた可能性があります。
    まぁそもそも誰でも割廃止の連絡をもっと早くしておけば防げたことなので、2年縛りの誰でも割を更新したくない場合は早めに連絡することをお勧めします(;^ω^)
    おそらく24ヶ月目の満了月か25ヶ月目の更新月のどちらの月でも、更新しない事(廃止)を予約する事は可能かと思いますので、もし他社でMNP契約出来なかった場合の事を考えて、一応誰でも割の廃止手続きをしておく事をおすすめします。
    特に最近は複数台での契約が標準化してきていて、docomoなどの場合は90日ルールなどに引っかかり、今月は契約できない…!なんて事にも遭遇する確率が増えてくると思います。
    そんな時に誰でも割の廃止を忘れて更新月の翌月まで回線を持ち越してしまうと、2年縛り継続契約になり目も当てられません(-_-;)

    今回誰でも割の廃止手続きをしたタイミングは25ヶ月目(更新月)の27日でした。
    あと4日忘れていたらアウトだったため、次回からは満了月(24ヶ月目)に入った瞬間に、『誰でも割は更新しません!廃止で!』とauサポートに連絡をすることにします(^_^.)
    皆様もお忘れなきよう。
    ちなみにdocomoやSoftbankで予約番号発行後の契約変更手続きの可否については未確認です。
    ゼロからはじめる au スマホ アプリ&サービス 徹底活用ガイド
    鈴木 朋子
    技術評論社
    売り上げランキング: 14,111

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-30 19 37 50
    先日購入したドコモのiPhone 5cですが、契約時にパケットを契約しませんでした。
    店員さんからは、発信テストの際にパケット通信があっても責任は取れませんと言われましたが、まぁ大丈夫だろうと決行しました。
    12月30日の契約で、実際利用できる期間が残り実質1.5日間だけでパケット代がフルで取られるって…流石にキツイですよね(^_^.)
    お店の方からは一応、『発信テストが終わればすぐにモバイルデータ通信をオフにして、電源も切っておきます』と言われましたが、実際多少は漏れているだろうな~と思ってました。
    が、下記のような結果でした。

    jkdsded
    直近三日間のデータ通信量を確認してみたところ、0.00GB!
    完全に通信無しです。
    数十バイトくらいは通信しそうなものですが、全くのゼロで一安心です。
    仮に少し通信したとしても、パケットフラットを契約するよりかは確実に安くは済ませられると思います。


    写真 2013-12-30 20 59 15
    もしそれでも心配という方は、発信テストの前にまず『Appのバックグラウンド更新』をオフにしてくれと頼むのも一つの手かと思います。
    この設定でどれくらいパケ漏れを防げるかはわかりませんが、多少は意味があるかと思います。

    awsdf
    契約から翌日の明細を確認してみたところ、合計で3,694円でした。
    内訳はdビデオ(525円)、SPモード日割り(19円)、新規契約事務手数料(3,150円)の合計です。
    その他は明細上料金が発生してますが、全て割引でマイナスの表記と共に相殺されていますね。

    今回の経験から、おそらくiPhoneではAndroidのような勝手に通信する事があまり無いように感じました。
    以前2年ほど前にSoftbankのiPhoneで勝手に通信していて、一部料金を還付するという事件もありましたので安心はできませんが、とりあえずあまり漏れる心配はなさそうかなと思います。
    もちろん店員さんの素早い発信テストの腕にも左右されますし、操作ミスで間違えてSafariやマップをタッチしてしまった…なんて事もありえますので完全に安心は出来ませんが、とりあえずは経験談として参考程度でお願いします(パケ漏れの責任は取れないので(^_^.))

    また、少し荒業になりますがモバイルWi-Fiルーターやテザリングできるスマホをお持ちの方は、契約時iPhoneを起動する時に直接立会い、最初のWi-Fi設定で自分のルーターに接続設定を済ませておくという方法も有効なパケ漏れ対策だと思います。
    iPhoneを一度初期化したり、iPadやiPod touchを購入した事ある方ならわかると思いますが、iPhoneも起動時にホーム画面になる前の初期設定で、Wi-Fi通信設定の項目があります。
    この方法を利用すれば起動直後からWi-Fiがオンになっており、なおかつすでにWi-Fi通信が確立されているため、モバイルデータ通信がオンになっていてもデータ通信自体はWi-Fi通信が優先されます。
    仮に何かのアプリが勝手に通信しようとしても、Wi-Fiでの通信なのでパケ漏れしないという事です。
    実際に試したわけでは無いのでどうなるかはわかりませんが、高確率でパケ漏れを防げるのではないかと思います。
    この『初回起動時にWi-Fi設定をする事』はAndroidでも可能なので、立会いは必要になりますが案外使える手かもしれませんね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-30 16 23 12
    docomoのiPhone 5cをMNP一括0円で購入してきました。
    年末の忙しい時期でしたが、なんとかギリギリに良い条件が出てきてくれたので迷わず取り置きしてもらい、サクッと済ませてきました(^^♪

    今回購入したお店は上記のテルルモバイル武蔵新城店さんですね。
    私は南武線沿いが通勤定期区間の範囲なので、近い&交通費がかからないという部分でも最高の条件でした。
    こちらのお店ですが、2台や3台ではたいしたキャッシュバックをしてないのであまり人気が無いように感じます。
    しかし、1台だけであれば一括0円に有料コンテンツ無しなので、今の時期では中々良いのではないでしょうか。

    条件は30日間無料のドコモオプションがいくつかとSPモードで、dビデオだけは1月1日以降に解約してくださいということだったので、dビデオ分が1,050円の負担ですね。
    SPモードやその他の30日間無料オプションについては特に言われなかったので、即外してもOKかと思います。
    まぁSPモードは日割り計算されるので安心ですね。
    パケット定額に関して未加入でもOKとの事でしたが、パケ漏れの保証は出来ないと念を押されました。
    お店の方も理解しているようで、開通テストの時だけモバイル通信をオンにして、終わればすぐにオフにしますよ~というやさしいお言葉を(^_^.)
    結果、パケ漏れはありませんでした。
    契約自体はだいたい2時間もかからないくらいで完了です。
    年末の込み合っている時期だったで、5時間くらいは覚悟していたので助かりました。

    今回MNP元になった回線はauの契約から25ヶ月目の更新月回線です。
    LTEプランで誰でも割が適用されてないうえ月末での解約となるため、基本料金だけでも約2,000円近くの負担がありましたが、解約違約金の9,975円が発生しないだけでも全然違いますね。

    内訳は下記のようになります。
    本体代金 0円
    SPモード 20円(日割り計算)
    dビデオ 1,050円(2ヵ月分)
    MNP転出手数料 2,100円
    新規契約事務手数料 3,150円

    合計 6,320円

    全部でdocomoのiPhone 5cが6,320円で購入できました(^^♪
    維持費はスイッチ割適用で13ヶ月間は3円運用ですね。
    残りの1年間を780円で維持したとしても+9,000円くらいなので、15,000円くらいでiPhone 5cを購入できた事になります。
    もうiPod touchを3万円くらい出して購入する必要は無いですね…
    今回カラーはブルーにしましたが、どのカラーが人気あるのかイマイチわかりません。
    なんとなくブルーを良く見かける気がしたのでブルーを購入しましたが、ホワイトやピンクも人気がありそうです。
    docomo  iPhone 5c 16GB ピンク ME545J/A 白ロム Apple
    Apple Computer
    売り上げランキング: 46,634
    docomo  iPhone 5c 16GB ブルー ME543J/A 白ロム Apple
    Apple Computer
    売り上げランキング: 77,097

    このページのトップヘ

    ブログパーツ