カテゴリ: LTE・格安SIM

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    今回はWiMAXがお勧めな理由を記事にします。

    まず、モバイルWi-Fiルーターを検討する人がWiMAXを選ぶ理由の一つで、通信量に制限が無い、規制が無いという部分があります。

    2013年3月現在、WiMAX以外で通信量に制限が無い、規制が無いサービスはありません。
    3G通信やLTE通信では、1日うん百万パケットを越えたら128kbpsまで速度が落ちたり、月間7GBを越えたら…など、必ず通信容量に応じた規制を行ってます。
    ただ、WiMAXはそういった規制が一切ありません。
    1日に100GB通信しようが1ヶ月に100GB通信しようが、速度を規制される事はありません。
    ちなみに私は1ヶ月に40GB程度通信するヘビーユーザーです。(近くで使用するユーザーさんゴメンナサイ)

    しかしWiMAXにもデメリットがあります、その一つがエリアの狭さでしょう。
    特に建物内や地下、地方での通信が出来ない事が非常に多いのです。
    3Gで繋がるような場所でも当然のように繋がらないことが多々あります。

    自分の良く使用する場所で繋がれば儲けもんなのですが、繋がらなければ意味はありません(^_^.)
    ですから全てに置いてパーフェクトというわけではないのですが、関東近郊や大阪、名古屋などの大きな都市で使用する分には非常に便利に使えます。

    そして次に料金が安いことです。
    イーモバイルやdocomo、softbankから提供されてるモバイルWi-Fiルーターも同じようにキャンペーンをしていますが、WiMAXはキャッシュバックの金額が太っ腹なのです。
    さらに他社サービスが2年縛りなのに対して、WiMAXはプロバイダによっては1年で解約できるところもあります。

    1年でまた乗り換えたり、翌年は新型のルーターでまた1年、なんて事も可能です。

    月額のランニングコストや端末に関する記事はこちらに書いてますので、WiMAX検討中の方は是非ご覧ください(*^_^*)

    【WiMAX】URoad-Aero販売プロバイダ、キャンペーン最新版(2013.3.2)
    【WiMAX】WM3800Rのプロバイダ、キャンペーン最新版(2013.3.12) 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おはようございます。
    少しタイトルで釣ってしまった感はありますが(^_^.)
    一応逃げ道的な使い方も出来ますよ~という事で。

    やり方はSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを使う手です。
    スマホはSIM有りでも無しでもかまいません。結局はwifi通信になりますので。

    SIMフリーのモバイルwifiルーターはAmazonなどで結構安く販売されてます。
    docomoなどの通信キャリアから販売されてるルーターでも使えますが、SIMロックがかかってますので白ロムルーター購入後にショップでSIMロック解除をすればSIMフリー端末として使用できます。
    後はイオンのSIMでもBIGLOBEのSIMでも、DTIの500円SIMでも挿して使用できます(*^_^*)


    無難なのはこのあたりでしょうか。
    この手を使えば、softbankであろうがauであろうがdocomoであろうが、格安SIMで通信が可能になります。
    だってWi-Fi通信ですから(^^♪

     
    (docomo) L-03E ブラック ルーター
    LG
    売り上げランキング: 2,770

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おはようございます。
    スマホを使っていて気になる事の一つに通信料金がありますね。
    普通に定額のオプションなどのパケット定額に加入してもだいたい4,000-6,000円程度はかかるので、中々に高いです。
    そこで考え付くのがモバイルwifiルーターってどうなんだろう…というところかと思います。

    そこで今回はパケット定額を解約して、パケット通信を全てモバイルルーターなどのwifi接続で運用した場合におけるメリット&デメリットについて説明します。

    ちなみに私はパケット定額加入の回線もあれば、パケット定額に加入せずにWimaxでwifi通信している回線もあります。au,softbank,docomoやイーモバイル等から販売されてるモバイルルーターは使用してません。

    あと2013年1月現在、通信量に対する規制がないモバイルwifiルーターはWimaxしかありません。
    その他の通信キャリアでは直近3日間の通信量が○○を越えると~とか、1カ月○○Gバイトを越えると~とかあります。
    Wimaxなら1カ月に7Gどころか100Gバイト通信しても規制されることはありません。
    そう、Wimaxならね。


    ★まずはメリット
    ・通信料金を安く出来る
     →モバイルルーターの通信料金はだいたい定額で3,800円~というところです。
    しかし、スマホのパケット定額と違い、だいたい割引キャンペーン等やってますので、実際は月額1,800円~2,500円くらいで使えてしまいます。
    ・複数の端末を接続できる
     →ルーターなので6台-12台程度まで同時接続できるようになります。
    ・タブレットを外でも使える
     →最近ではテザリング機能が使えるスマホもあり便利になりましたが、使い勝手ではまだまだルーターにはかないません
    ・通信量を気にしなくてよい
     →Wimax限定になりますが、どれだけ通信しても規制されることはありません。

    ★次にデメリット
    ・モバイルルーターを持ち歩かないといけないため、かさばる
    ・モバイルルーターを忘れてしまうと通信できなくなる
    ・Wimaxは地下や建物内での通信に弱い
    ・Wimaxは地方での通信に弱い
     →各キャリアから販売されているルーターは普通に地方でもある程度は通信できると思います。
    ・スマホよりも先に充電が切れることがある、バッテリーを心配しなければいけない
    ・スマホの機種によってはwifiでメールが送受信できない
    ・各キャリアの3G通信でしか繋がらない、設定できないようなサイトには繋げられない
    ・キャリアによってはSMS、ショートメールが送信できない

    ってアレ、デメリットのほうが多いですね汗(^_^.)
    まぁでも実際そうです。単純に料金が安くなる代わりに少し運用に制限がかかるよ?
    というのが正直なところですね。
    賢く運用すれば年間で30,000~40,000円程度通信費を抑えられます。
    ただ、運用や使用に関しては少し制限がかかると。
    おそらく面倒くさがりな方や色んな面でルーズな方には向いてないと思います。


    ちなみに、個人的にwifi運用で困った事といえば、地下や地方での通信不可のみです。
    まぁwimaxに関してなので少し偏りがちな感想ですが、その他に関してはある程度工夫すれば補強できます。
    逆に良かった事は、こちらもWimax限定ですが通信量における通信制限が無い、速度が速い、料金が安いというところでしょうか。

    あくまで都心部で使用することを前提に記事を書いてますので、関東近郊でwifi運用を検討されてる方は参考にしてもらえると幸いです。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ