カテゴリ: LTE・格安SIM

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像3
    前回の記事でOCN モバイル ONEをSIMフリー機であるNexus7(2012)へつっこんで利用してみましたが、今回はdocmoのLTE端末に挿して利用してみました。
    テスト機として用いたのはF-02E,SC-01E,HW-01Eの3機種です。
    どれも使用せずに眠っていたのを掘り起こしてきました(^_^.)

    まず全機種で共通する事ですが、やはりAPN(アクセスポイントネーム)の設定は必須のようですね。
    SIMフリー端末ではなくdocomo端末だから設定無しでもいけるかな?とささやかな期待を持ったのですが、SPモードのAPNのままでは通信できませんでした。
    また、テザリングに関してもやはり出来ません。
    テザリングをONにしてWi-Fi電波を飛ばし、別の端末で電波をキャッチする所までは出来るのですが、肝心の通信自体は不可能でした。
    やはりroot権限や特殊なアプリが必要なようですね。
    私はその辺は専門外なのと、特にこのSIMでテザリングが必須というわけでもないので、格安SIMでテザリングをする事に関しては他ブログさんをご参照ください。

    APN設定後は全ての端末で通信が確立されました。
    ただ、何故かSC-01E及びHW-01Eに関してはアンテナ上でLTE表示がされず、FOMAハイスピードの『H』表示のままでした。
    もしかしたらたまたま電波状況が悪かっただけかもしれませんが、F-02Eに関してはLTE表示だったので、何かあるのかもしれません。

    3機種ともスピードテストを行った結果、下りは2-8Mbps、上りは0.5-2Mbpsとあまりよろしくない結果に終わり、docomoで契約しているSPモードのデータ回線と比較すると、ping値及び上下速度共に明らかに差がありました。
    やはり元がdocomo回線といえど、本家で契約する回線とMVNOの格安SIMとでは似て非なるものであって、品質に差があるように感じました。
    日常レベルで支障はありませんが、『ドコモ本家での契約の方が品質が良い』というのはおそらく間違いないと思いますので、ドコモから格安SIMに変えて通信品質が良くなった!という事はあまり期待できないと思います。

    セルスタンバイ問題についても少しテストしたかったのですが、一日かけてバッテリーテストなどをしないと正確な事がわからないため、もし今回テストした端末で情報が欲しいという方がおられましたら、コメント欄かTwitterなどからメッセージをいただければと思います。

    しかし通話が出来ないとはいえ、月額980円程度でこれくらいの通信品質を利用できるのであれば、まさに格安SIM!格安データSIM!ですね。
    縛り期間も無く簡単に利用できるので、海外から日本へ遊びに来る友人や、年配の方などへお試しとしてネット環境を用意してあげる分には使い勝手が良いサービスだと思います。
    まぁ申し込みから開通手続き及び各種設定が難しいので、補助してあげられる人間は別で必要ですけどね(^_^.)
    OCN モバイル ONEのキャンペーン、まだ間に合いますよ~。
    【まとめ】OCN モバイル ONEの6,000円キャッシュバックキャンペーン適用で6月末まで月額0円~70円で利用できる格安SIMについて

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像1
    アクセス解析を眺めていると、気になる検索ワードがありました。
    OCN モバイル ONEの有効期限や開通期限についてや、ルーターとセット販売の場合、SIMの契約は強制なのか?という内容で、私も気になっていたので調べてみました。

    まず、OCN モバイル ONEに関しては、パッケージを購入後、利用登録までの有効期限などはありません。
    好きなタイミングに利用登録をする事が可能です。
    ただ、休止することなどは出来ないため、一度利用登録をしてしまう、解約しない限り最低でも月額980円のランニングコストは発生します。
    そして一度解約をすると、以前の契約で使用していたSIMは再利用できませんので、再度契約するためにはパッケージを再購入する必要があります。

    goo Simsellerなどが販売しているモバイルWi-Fiルーターと格安SIMのセット販売ですが、この場合でも特に強制的に契約をしなければならないわけではありません。
    セット販売の商品で、SIMは自前で用意してルーターだけ使いたいという場合ももちろんOKです。
    格安SIMセットの商品は、あくまでSIMはオマケ程度なので、契約しようがしなかろうがユーザーの自由です。
    ※中には開通までを条件にしている店もあるかもしれませんが

    ルーターセットで購入したSIMパッケージは、賢い方ならヤフオクなどで売却したりしてルーター代金の足しにしたりもするでしょうが、普通の人はそう上手くは処理できませんので、必要ないのであればとりあえず置いておいて、必要になった時に利用登録をすると良いかと思います。

    今回はOCN モバイル ONEを例にあげましたが、他社の格安SIMはパッケージによっては開通期限付き商品もあるようなので、一応公式サイトで確認することをおすすめします。
    Amazonで販売中の下記IIJmio SIMウェルカムパックなどは、商品名に期限付きと記載がありますね。
    NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SIMパッケージ SMS対応 マイクロSIM T0004028
    NTTコミュニケーションズ (2013-12-17)
    売り上げランキング: 106

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像1
    【格安SIM】OCN モバイル ONEはSIMカードをユーザーでカットしても問題無く、返却さえすればOKとの事 また、未返却の際に別途請求が発生することも無い
    前回の記事でOCN モバイル ONEはユーザーでSIMを故意にカットしても問題ないことがわかりましたので、さっそく手持ちの『シムカッター』と呼ばれるアイテムでリサイズを行いました。
    このSIMカッター(SIMパンチ)と呼ばれるアイテムは、安いものは600円くらいで入手可能です。
    1-2年前などはスマホのSIMサイズが基本的に標準サイズだったためこの手の製品は必要でしたが、最近ではほとんどがマイクロサイズかナノサイズのため、今後は特に必要になるシーンは少ないと思います。
    まぁひとつあれば結構便利なので、私は1年くらい前に購入しました。
    画像2
    さっそくカットです。
    失敗すればSIMの再発行手続きが必要になり、3,150円の手数料が発生するので慎重に行います。
    http://www.ocn.ne.jp/signup/one/
    <レンタル端末の紛失・故障・破損等>
    ・レンタル端末の初期不良および故障が確認できた場合、当社にて交換・修理対応をいたします。ただし、お客さま責任による紛失・故障・破損等の場合は有償交換・修理となり、以下のレンタル端末に関する代金を請求させていただきます。
    「SIMカード」「SMS対応SIMカード」の場合:3,150円(不課税)
    画像のように、一度セットした後、穴とICチップの部分がキッチリ合っているか確認します。
    キャリアや契約の種類によっては結構ズレているSIMカードもあり、下手をするとICチップ部分がえぐられて使用不可となりますのでご注意ください。
    セット後はテーブルなどに押し付けて、勢いよくガチャン!と押し込めばOKです。

    画像3画像4
    無事にカット完了です。
    最後にスマホやルーターのSIMスロットを傷つけないように、バリをヤスリなどで整えてあげれば完成です。

    画像5
    早速Nexus7(2012)にセットしてみます。

    Screenshot_2014-02-20-21-09-43
    Nexus7での各種設定を行います。
    OSは4.2.2で説明していますが、4.xであればそれほど違いは無いかと思います。
    まずは『設定』→無線とネットワーク欄の『その他…』→『モバイルネットワーク』までいくと、ポップアップでウインドウが出てきますので、そこにある『アクセスポイント名』をタップします。

    gasef
    次に+ボタンを押して、OCN モバイル ONE用のAPNを新しく追加で設定します。

    hashsdcv
    名前欄がありますが、これは自由につけられます。
    わかりやすいように、私はOCN モバイル ONEと入力しました。

    rwefg
    あとはAPN、ユーザー名、パスワード、認証タイプの合計4項目を設定するだけでOKです。
    各設定項目は申し込みの完了画面で表示されたものなので、それほど迷わないと思います。

    Screenshot_2014-02-20-21-09-19
    さらに下に行くとごちゃごちゃと設定項目がありますが、無視してOKです。
    基本的には先ほどの4項目さえ合っていれば通信可能です。

    Screenshot_2014-02-20-21-09-43
    最後に、モバイルネットワーク設定で、『データ通信を有効にする』ににチェックが入っているか確認できれば完了です。

    Screenshot_2014-02-20-21-11-40
    無事にうちのブログも表示されました(^^♪

    Screenshot_2014-02-20-21-12-51
    さっそくスピードテストを行ってみたところ、ハイスピードモードなのにもかかわらず、あまり芳しく無いですね(^_^.)
    LTE端末では無いので仕方ないのかもしれませんが、まぁ2Mbps出ていれば普通のブラウジングは問題ありませんでした。

    以上になります。
    基本的には4つの設定項目さえ間違えずに入力できれば、通信できると思います。
    ただ、APN設定画面への行き方が、スマホのバージョンや端末を作っているブランドによって異なることがあるので、それらしい名称をタップして探してみると良いと思います。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ