カテゴリ:Android > NEXUS7

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Nexus7(2012)-32T【OUTLET】

    12月3日(火)の記事でもお知らせした、ASUSオンラインショップのアウトレットセールで販売中の旧型Nexus7(2012)ですが、誘惑にまけてポチってしまいました(^_^.)

    箱つぶれというだけでSIMが挿せる7インチAndroidタブレットが14,800円、送料込みだと15,325円でしたが、なかなかお買い得です。
    以前の記事でWi-Fiモデルを紹介したときにそちらを14,800円で購入した方はなんだか申し訳ありません(-_-;)
    まさか3G SIMフリーモデルが5,000円も値下げされるとは思いもしませんでした。

    写真 2013-12-03 23 43 26

    3日の夜はアクセスが増えすぎて一時商品ページすら表示されない状態も続きましたが、在庫は結構潤沢なのかなかなか在庫切れになる気配がありません。
    価格.comでも最安値は24,700円なので、買って損は無いタブレットだと思います。

    ASUS オンラインショップは下記より
    ASUS オンラインショップ アウトレット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_2058
    8月28日に発売したばかりの新型Nexus 7(2013)を、さっそく家電屋さんにて触ってきました。
    今日は近くにあるエディオン電気に行く事になり、置いてあるか不安でしたが、ちゃんと販売中でした。
    おそらくヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機でもモックが展示されていると思いますので、とりあえずどんなものか確認ができます。

    IMG_2057
    持った感じは、薄くて軽い!
    隣に旧モデルも展示してあったのですが、持ち比べてみるとその差は歴然で、新型はとても軽いです。
    そして厚みも薄くなった分とてもスタイリッシュですね。
    賛否あるかもしれませんが、背面加工が変わってしまったので少し滑りやすくなってしまいました。
    ケースに入れる人はそれほど気にはなりませんが、裸で使用する方は旧モデルのようなエンボス加工が無いため滑ってしまいます。
    また、背面に使用されている素材も違うように感じます。

    操作や動作に関してはそれほど目立って驚くような部分は無く、普通にサクサク動くなぁといった感じです。
    iOSと比べるとやはりGoogle Mapがまだまだもたつきますが、許容範囲かと思います。
    ブラウザはChromeしか試せませんでしたが、タッチの反応はちょっとモッサリ気味。
    これはNexus 7が悪いわけではなく、最近のChromeがブラウザアプリとしてはどのAndroid端末でもモッサリしている印象です。

    IMG_2056
    解像度がFHDになった事により高精細かつ美麗な映像を堪能できる分、操作にもたつきやカクツキ等が発生するかとも思いましたが、CPUやメモリも強化されているためいらぬ心配だったようです(^_^.)
    沢山のアプリを立ち上げてのマルチタスク操作感を試すまではできませんでしたが、メモリを2GB積んでいるので複数のアプリを立ち上げながらの操作でも処理落ちが軽減されているかと思います。

    この価格帯でこの完成度であれば、正直国産のタブレットを購入する要素は全くといって良いほど無いかなとしみじみ思いました。

    家電屋さんではポイント1%還元なので、元々ポイントが貯まっている人はポイントを利用しての購入がお得ですね。
    通販利用であればアクセサリーも豊富で同時に購入できるAmazonが無難かと思います。
    Amazon Nexusストア


    SIMフリーモデルであれば、同じ価格でIIJioのSIMカード500MB分が付属するASUS Shopがおすすめです。
    Google Nexus 7(2013)-LTE IIJmioプリペイドパック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    本日こちらの記事でも少し書きましたが、NEXUS7 3GモデルとWi-Fiモデルの違いについて説明したいと思います。
    前回の記事→【お買い得】NEXUS7 3Gモデル販売店情報

    まず、NEXUS7 3Gモデルは通常販売では32GBモデルしかありません。
    そして厚みが10.45mm→10.65mmと0.2mm厚く、重さが340g→350gと10g重たくなっています。  
    重さについてはたいした問題ではありませんね。
    ただ、厚みについては0.2mmといえど変更されてますので、樹脂製のピッタリはめ込むタイプのケースやジャケットは物によってははまりにくい可能性はあります。
    こういうタイプのですね。
    Google Nexus 7 クリスタル カバー ハード ケース (クリア)
    あくまで物によりなので、試してみない事にはわかりません。
    あと、SIMカードを入れるスロット部分もWi-Fiモデルでは隠れてしまう事になりますので、注意が必要です。
    まぁそんなに頻繁に出し入れするものでもないですが、他の端末と差し替えて使っている場合などは困りますね。


    そしてここからが本題ですが、マイク穴の位置が2箇所とも違っています。 
    まずはWi-Fiモデルから見てみましょう。

    Wi-Fiモデルは背面から見た時に右上と右下よりちょっと上に搭載されてます。
    写真 2013-02-13 21 48 24
    写真 2013-02-13 21 49 41



    しかし、3Gモデルでは背面から見て左上の電源ボタンの上あたりと、右側真ん中あたりに搭載されてます。
    さらにその下にはSIMスロットがあります。
    写真 2013-02-13 21 47 25
    写真 2013-02-13 21 51 30


    まとめて見るとこんな感じになります。
    全然違いますね(^_^.)
    写真 2013-02-13 21 58 39

    以上からわかるように、マイクの位置が違うのでケースを選んだ際にWifiモデル用だとマイク穴がふさがってしまう事があります。
    合皮製や布で作られたジャケットならば最悪針で穴をあければ使えなくも無いですが、Wifi用に最初からあけられた穴は隠し様がありませんね(^_^.) 
    プラスチック製のケースだと穴をあけるのは難しいかもしれません。

    ただ、現状ケースを選ぶ際に3GモデルとWIFIモデルの区別がされてない場合が多いです。
    特に店員さんも違いを知らない事が多いので、3G専用ケースを探す際には店員に探してもらうか、自力で探すしかなさそうですね(^_^.)


    このページのトップヘ

    ブログパーツ