カテゴリ:Android > dtab

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Screenshot_2013-12-16-11-00-18
    12月16日(月)11:00より配信を開始したdゲーム版のドラゴンクエストX オンライン 目覚めし五つの種族をプレイしてみました。
    まずはドコモが提供している10インチAndroidタブレットのdtab限定での配信という事で、早速所有しているdtabでプレイしてみました。

    Screenshot_2013-12-16-11-03-07
    11:00過ぎにダウンロードボタンが出現したので早速ポチッと、WiMAXのWi-Fi環境でしたが、ものの数分でダウンロード&インストール完了です。
    容量は13.33MBなので、ほとんどのデータはサーバー(クラウド)上のようです。

    Screenshot_2013-12-16-11-04-41
    ゲームをプレイしてみると、早速3回ほどエラーで接続できず(^_^.)
    4回目くらいでようやく繋がりました。
    まぁ配信日なのでdtab用に設けられたサーバーが込み合っているのか、WiMAXの電波状況がよろしくないかどちらかですね。

    Screenshot_2013-12-16-11-06-33
    Screenshot_2013-12-16-11-06-44
    Screenshot_2013-12-16-11-07-48
    Screenshot_2013-12-16-11-20-15
    ムービーを流してみましたが、開始早々1分くらいで標準画質から低画質モードに画質とを落とされました。
    どうやら通信環境が悪いと画質を落とされるようです。
    スクリーンショットの画像は低画質モードです。

    Screenshot_2013-12-16-11-11-42
    実際にプレイを開始した後も、低画質モードに落とされるどころか300秒くらいのカウントダウンの後、強制終了となるようです(-_-;)
    この仕様はちょっと…困りますね。

    写真 2013-12-16 11 26 35
    写真 2013-12-16 11 27 31
    写真 2013-12-16 11 27 40
    実際に手に持ってプレイした感じはこんな感じです。
    dtab自体は600グラム以上ある重めのタブレットなので、普通のPSPやDSのような携帯ゲーム機のようにプレイするのは少し厳しいです。
    本体を手の腹の部分で固定しながら、なおかつ本体上部をひざの上に固定してプレイすると、多少長い時間でも苦にならずにプレイできるかと思います。
    完全に手だけで固定した状態でプレイするのは長時間プレイには向きません。
    また、操作方法は画面左右に現れるコントロールボタンをタッチしてのプレイとなります。
    上のほうにあるボタンは手を持ち変えないといけないため少し不便ですね。

    下記は少し短いですが冒頭のプレイ動画です。
    WiMAXの通信速度はdtabで計測したところ、平均でpingが140、下り7-10Mbps、上り5Mbps程度でした。
    このくらいの速度でも通信環境的に問題があるとすると、もう光の固定回線でのプレイ限定ともいえそうですね(^_^.)
    今回プレイした感じでは、操作から反応→描画までの遅延も見られました。
    ドコモ版ドラクエXはサーバー側でゲームの描画までを行い、それを動画にして端末側にストリーミング配信というような方法を取っているらしく、低スペックの端末でも通信速度さえ維持できれば快適にプレイができるようですが、この調子だと本当に通信環境がかなり重要になってきそうですね。


    対象ユーザーについてですが、プレイできる条件はdtab所持者というだけではありません。
    SPモードの契約
    も必要になります。
    という事は必然的にドコモ回線及びdocomo IDも必要になりますので、ドコモユーザーでありdtabを所持している必要があります。
    dtab購入時の回線とドコモIDの紐付けはありませんので、父親のドコモ回線で購入したdtabを息子のドコモIDで利用する事も可能です。
    利用料金は3日間で350円、10日間650円(共に税抜)ですが、初回起動後3時間は無料なのでどんな感じなのかお試しでプレイする事は可能です。
    2014年 2月以降にスマホや他のタブレットにも対応予定らしいので、今後に期待したいですね。
    また、すでにWiiやWii U、PC版でプレイしているユーザーも、同じIDとPWでログインすればデータを引き継いでプレイできるようです。
    外ではdtab、自宅ではPCというシームレスなオンラインゲームのプレイが可能なので、とても魅力的です。
    ただ、残念ながらdtabでプレイするためには別途dtabでも利用料金の契約が必要なため、月々のコストは上がります。

    dtabは現在Amazonの白ロムで18,000円程度、ドコモで購入しても実質負担する額(9,975円+dビデオ6ヵ月分)は同じなので、端末の入手自体は自由が利きそうです。
    ドコモ docomo dtab 10.1インチ タブレット 2013年 春モデル
    Huawei Technologies Co., Ltd
    売り上げランキング: 1,761

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dtabkaiyaku

    2013年 3月末に購入したdocomoの10インチタブレットdtabですが、キャンペーン価格の9,975円で購入するための条件であるdビデオとSPモードを今月解約しました。

    3月末に購入した、いわゆる『最速組』は事実上8ヶ月契約しなければならない事になりましたが、dビデオもそれなりに楽しめたのでまぁ悪くない契約でした。
    ちなみに4月1日のdocomo特異日に契約した人たちも今月の10月が最短の解約日です。
    それとdビデオの解約と忘れてはいけないのが、同時に契約してるSPモードです。
    dビデオだけ解約してもSPモードは外れませんのでご注意ください。
    もしかするとSPモードを外すとdビデオも自動的に解約になるかもしれませんが、確実に一個ずつ外したほうが精神衛生上良いかと思います。

    IMG_1039
    私が契約した時の申込書です。
    9月30日まで利用する事が条件として記載されてますね。

    個人的には北斗の拳をボチボチ見る程度でしたが、定額制の動画サービスを契約する事が初めてでしたので、良い経験になりました。
    dビデオの解約を勧めているわけではないので、良く利用している方はこのまま継続利用しても良いかも(^_^.)
    また、解約手続きは即日適用となるため今このタイミングでなくても月末に解約したほうが、ギリギリまでdビデオを楽しむ事が出来ます。

    最近のdtab白ロム相場は、Amazonで18,000円くらいなので発売当初とそれほど価格の変動はありませんね。
    docomo回線を持ってない人が購入する分にはまだまだ利用価値のある良いタブレットだと思います。
    ドコモ docomo dtab 10.1インチ タブレット 2013年 春モデル
    Huawei Technologies Co., Ltd
    売り上げランキング: 2,176

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dstick-services-dvideo
    2013年5月16日(木)よりdビデオがパソコンでも視聴可能になりました。
    一応NEXUS7やNEXUS10でも視聴可能との事です。
    パソコン用dビデオのページはこちら dビデオ

    さっそくパソコンで視聴してみたので簡単にレポートしたいと思います。
    パソコンでの視聴方法は簡単です。
    普段使用されているパソコンのブラウザよりdビデオのページにアクセスし、デバイス登録をするだけです。
    OSはWindowsとMacのみです。

    デバイス登録についていくつか注意点があり、2台以上登録すると毎回ライセンス認証が行われるようになり、再生までに少し時間を要するようですね。
    また、登録できるデバイスは最大で5台までなので、一つのアカウントを家族で利用したい場合などには注意が必要です。
    もちろん、登録自体を削除することも可能なので、その都度削除&登録をすれば何台でも登録可能といえますが(^_^.)
    登録削除自体も簡単で、各種設定→デバイス管理→削除したいデバイスをクリックで完了です。
    実質何台でも登録可能ですね。
    当然ながら同時に再生できるデバイスは一台となってます。
    また、パソコンを登録する際にはブラウザベースで登録されるようで、Chromeで登録した後にFirefoxで視聴しようとしても、再度Firefoxの登録も求められます。
    普段使われるブラウザで登録を行いましょう。

    テレビで見たいという方にはdstickやスマホをHDMIケーブルで接続する方法がありますが、パソコンに対応した事によりノートパソコンなどからHDMIケーブルで接続して視聴できるようになります。
    リビングのテレビなどにリビング用パソコンなどを接続している方は便利に視聴出来ますね。

    私もリビングのテレビにノートパソコンを接続して再生してみましたが、問題なく再生できました。
    ただやはり画質は悪いですね(-_-;)
    それと、パソコンで再生する際には画質設定の項目はありません。
    全画面表示は出来るのですが、下部に表示されるメニューバーの部分を除いての全画面表示なので、必然的にサイド部分に黒縁が発生して、実際の視聴領域は少し狭まります。
    メニューバーはマウスカーソルを持っていくとオーバーレイ表示させるなどのシステムくらいは実装してほしかったですね。

    まぁ文句ばかりたれてますが、dtabでは快適に視聴させてもらってます(^_^.)
    やはりタブレットで再生してる分にはなかなか快適ですね。
    docomo SmartTV dstick01
    docomo SmartTV dstick01
    posted with amazlet at 13.05.17
    docomo
    売り上げランキング: 43,890

    このページのトップヘ

    ブログパーツ