カテゴリ:PCパーツ・PC関係 > ASUS X202E-CT3317

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ASUS VivoBook X202E-CT3317のブラウザ(インターネットエクスプローラー)を、タッチパネルで操作してみました。
    指への追従性がかなり良いです。
    iPad以上に遅延を感じない事には驚きました。
    指をスライドすればすぐに画面もついてきてくれます(^^♪

    Windows 8のおかげなのか、CPUやメモリに余裕があるからなのかはわかりませんが、このレベルであればWindowsタブレット、十分iPadに太刀打ちできるなぁと感じます。

    動画ではダブルタップでの拡大や縮小、ピンチ操作による拡大縮小をしています。
    Androidタブレットもそこそこ感度良くなりましたが、これを経験してしまうとどの端末ももっさりに感じてしまいますね(^_^.)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ASUSのウルトラブック『VivoBook X202E-CT3317』で、スリープからの起動時間を計ってみました。
    まぁタイムを計るほど長くも無く、本当に一瞬で起動、一瞬で復帰ですね。
    iPadやAndroidタブレットと同じくらいの速さです。
    さっと取り出してさっとブラウザを開いたり、記事を書けるのでレスポンス抜群に良いです。
    Windows 8ならではといった感じでしょうか。
    このパソコンを買う前は中古のWindows7のパソコンにしようかと迷いましたが、Windows8にして正解でした。
    特に外で使用する分には速いに越した事はないですからね(^_^.)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ASUSのウルトラブック『VivoBook X202E-CT3317』のタッチパッドを使用していて気付いた事ですが、最近のノートパソコンはマルチジェスチャー(マルチタッチ)に対応しているんですね。
    OSレベルで対応しているのか、製品とOS、アプリで対応してるのかまではまだ調べてないのですが、非常に便利です。

    IMG_1291

    今までは一本指でマウスカーソルを操作してクリックするだけでしたが、マルチタッチ対応していると指2本で拡大や縮小、さらにページのスクロールなど、スマホのタッチパネルのように使用できました。
    対応していないブラウザやアプリもありますが(Chromeなど)、デスクトップ画面などでも使用できるので使いどころは沢山あります。

    一番気に入っているのが、指2本をタッチしたままスライドさせるページスクロールですね。
    普通のタッチパッドであればスクロールバーかスクロールボタンまで移動してからタッチしてあげなければならなかったのが、どこでもすぐにスクロール可能です。

    おそらくまだ知らないジェスチャーや、ジェスチャーを登録したりなんかも出来そうなので、ちょっと調べてまた記事にしたいと思います。

    外付けのタッチパッドではこういった製品も発売しているようですね。
    デスクトップパソコン用には良いかもしれません。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ