タグ:ソフトバンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fkokks
    3円で寝かしているソフトバンク回線の更新月がそろそろ近づいてきたため、auの時のようにMNP転出する更新月の前の月である『満了月』に、機種変更をしようと思いました。
    まぁ相変わらず良い案件はほとんどなく欲しい端末があるわけでも無いのですが、記事ネタになる事や経験にもなるので少し調べてみました。
    すると、とんでもない記事を発見!
    記事の参照元はクソガジェッターブログさん

    どうやら、ここ最近のソフトバンクのホワイトプラン(2年縛り)は機種変更すると2年縛りは『継続』にならず一旦リセットされて更新されるようです。
    機種変更をすると再度そこから2年契約がまた開始とか…ソフトバンクさん鬼ですね。

    auの誰でも割(2年縛り)は機種変更の場合、契約期間はリセットされずに継続します。
    ですから、満了月に機種変更してから翌月にMNP転出という荒業が可能なのです。
    さらにauの場合は3G契約から4G LTE契約に機種変更しても『誰でも割』が継続します。
    これは、auが2年縛りの契約を基本料金の『プランZシンプル』や『プランEシンプル』『プランSSシンプル』などに組み込まず、別の契約として『誰でも割』を契約させているからです。
    『誰でも割』さえ契約していればどんな契約プランに変わろうが2年縛りはリセットされずに継続するという、auならではの消費者に優しい契約ですね。

    docomoの場合は3Gから3G、XiからXiなど同じ契約の機種変更であれば2年縛りは更新されず継続しますが、3GからXiやその逆の場合など契約の種類が変わる場合には2年契約はリセットされ再契約という形になります。
    実際のところ機種変更などで契約する時は契約条件に2年縛りプランが必須となっている事が多く、2年縛りの契約しか受け付けてもらえない事がほとんどなので、縛り無しプランってほんと何のためにあるんでしょうかね…
    表を見てみるとauだけ『基本料金契約』+『2年縛り契約』という別々での契約なので、他社と違い少し特殊ですね。

    キャリア別表(docomoはLTEプランで表示)
    キャリア 2年縛りプラン 縛り無しプラン
    Softbank ホワイトプラン 標準プラン
    docomo タイプXiにねん タイプXi
    au 誰でも割契約 各基本料金プラン

    そもそもWikipediaなどを見てもわかるように、ソフトバンクのホワイトプランはややこしすぎますね。
    ホワイトプランN、ホワイトプランR、ホワイトプラン(i)、ホワイトプラン(D)など、年々名称が微妙に変化してますが、同じ名称で契約内容を少しずつ変えて改悪するといったセコイやり方です。(ほんと嫌い)
    直接ソフトバンクに問い合わせたわけではありませんが、クソガジェッターブログさんの記事が事実であれば、auの技は使えませんのでご注意ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    先日、ソフトバンクプリモバイルのMNP転出手続きを行ってきたのですが、チャージ額が0円でも手続き自体は出来ました
    ネット上では出来たとか出来なかったとか情報が錯誤しているようですが、実際はどうなんでしょうか(^_^.)

    ちなみに私が契約した時期は2012年3月なので、4月から改悪された違約金が発生する契約回線ではありませんでした。
    当然契約時には3,000円分のチャージを行いましたが、一年経過して調べてみたら全部使い切っていたようです。

    チャージが必要という報告の場合はMNP転出の際にチャージ額が残ってないとダメなようで、その時にまた3,000円分チャージしたそうな(^_^.)お気の毒です。
    全くの未チャージ状態の回線は出来ないというのも例としてあるようですが、実際どうなんでしょうか。
    最近では未チャージ状態での購入は出来なくなってますのでまず大丈夫だとは思いますが、二度手間にならないためにも確認はしたほうが良いですね。

    プリモバイルの購入はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おはようございます。
    こちらの記事でお知らせした内容と重複しますが、昨日のプリモバイル祭りでは決定的だったのでもう一度(^_^.)
    【裏技】プリモバイル祭り争奪戦の必勝法! 

    2月20日(水)昨日のプリモバイル祭りでの事…
    まず、朝の10時に販売が開始されるのはプリモバイル祭りでは常識です(^^♪
    ですが、その10時開始でもタイムラグがあるのが販売ページと端末個別の販売ページなんです。

    ■販売ページ
    eb46cbe5.png



    ■端末個別の販売ページ
    889f7979.png



    通常10時になれば販売開始の商品のComing Soonは申し込むボタンに変わると思いがちですが、昨日は違いました。
    端末個別の販売ページは10時ピッタリに注文可能になりましたが、肝心の端末個別の販売ページに行くまでの販売ページは10時ピッタリではまだ更新されてませんでした。
    ようはComing Soonのままです。
    実際に『Coming Soon』が『申し込む』に変わったのは10:05くらいでした…
    この5分のタイムラグがあってはライバルたちに負けてしまいます。
    そこで以前の記事に書いたように販売ページを飛びこえて直接、端末個別の販売ページへいくやり方を実践すれば、購入できる確立がグッと上がるんです。

    しかしどの端末が販売開始になるかわからないので、販売が開始されそうな、なおかつ欲しい端末をいくつかピックアップして、10時になったら販売個別ページから申し込んでみる!というのが良いかと思います。
    それでエラーになれば、その商品は今日は販売無しとわかります。

    通常販売が開始されてない商品は下記のようにエラー表示になります。
    24f73ffa.png



    このやり方を実践して、是非今回のソフトバンク、プリモバイル祭りでは欲しい端末をゲットしましょう(^^♪

    プリモバイルの購入はこちら

    このページのトップヘ

    ブログパーツ