タグ:在庫

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-11-16 12 58 33

    先日発売したばかりのAppleの7.9インチタブレット、iPad mini Retinaディスプレイモデルを見てきました。
    私がヨドバシカメラへ伺った時は全容量及び全カラーで在庫無し、予約受付中の状態でした。
    アップルオンラインストアでは5-10日で発送なので、11月現在であれば比較的簡単に入手できると思います。

    ただ、年末に近づくにつれ納期が急に延びることがあるので要注意です。
    去年のiPad miniも同じように、発売直後は品薄でしたがすぐに落ち着き、12月のボーナス時期になると一斉に家電屋さんからも姿を消しました。
    もしクリスマスプレゼントや正月などのプレゼントで考えている方は、11月中か12月初旬までには購入手続きを済ませることをお勧めします。

    IMG_0419
    こちらは初代iPad miniで、一応所有してはいるものの実際のところほとんど使用しておらず(^_^.)
    ほとんどiPhoneしか利用してない状況です。

    iPad mini Retinaディスプレイモデルに関しては、ある意味想像通りのディスプレイでした。
    Retinaディスプレイを搭載しているiPad 3rd以降を所有した事がある人であれば、それほど驚きは無いと思います。
    とにかく綺麗で、初代と見比べてしまうと大きな差があります。
    重さは若干増えていて初代より23gの重量アップですが、それほど気になりませんでした。
    二台を瞬時に持ち替えると気付く程度で、よほど敏感な人で無い限りは気にする事でもなさそうです。
    ただ、普段から保護ケースなどを装着してない人にとっては23gでもかなり違いが出ると思いますので、店頭で実際に持ち比べてみると良いと思います。

    私は初代を28,800円で購入したので、今回のRetinaディスプレイモデルが41,900円というのはどうしても購入に踏み切れません(^_^.)
    せめて34,900円くらいであれば検討したのですが、40,000円以上出すのであれば次は8インチのWindowsタブレットを選びたいですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-11-01 14 34 13

    Appleの新型タブレット端末『iPad Air』が11月1日(金)より販売を開始しました。
    1日の午前9時ごろにApple Online Storeを覗いたところ、2カラーの全容量のモデルが在庫有りで24時間以内に出荷可能でした。

    iPad mini Retinaについては11月中の発売となるためまだ注文及び予約はできませんでした。
    アップルオンラインストア http://store.apple.com/jp
    ipadairzaikoipadminiretina

    ビックカメラやヨドバシカメラなどの大型家電量販店でも販売は開始しており、ネットショップからでも注文か出来ます。
    残念ながらポイントはつかないため、アップルストアの価格と同じです。
    ポイント利用については可能なので、貯まっているポイントを消化するのであればポイント還元が無いApple製品は非常にお勧めです。

    写真 2013-11-01 14 40 07
    ヨドバシカメラ横浜店では、16GBモデル以外はほとんどのモデルで持ち帰り在庫が無く、おそらく初回入荷量が少なかっただけと思われます。
    128GBが両方とも在庫切れというのはちょっと考えにくいですね、案外一番人気あるのかもしれませんが(^_^.)
    また、ヨドバシカメラはiPad Airの各店舗の在庫状況をWEB上でも公開しています。
    お近くのヨドバシカメラの在庫なども確認頂けると思います。
    【NEWS】ヨドバシカメラがiPad Airのau/Softbankセルラーモデル及びWi-Fiモデルの在庫状況をWEB上で公開 128GBモデルは軒並み品薄の様子

    ネット販売も始まっており、ビックカメラなどではポイントはつかないものの、購入は可能です。
    楽天市場では楽天ポイントが付与されます。
    【ビックカメラ】iPad Air Wi-Fiモデル
    【楽天市場】iPad Air Wi-Fiモデル

    触ってみた感想としては、体感速度やタッチの反応などはiPad 3rdやRetinaモデル(4th)とそう変わらないかと思います。
    ただ、やはり小型化や薄型化、軽量化と全てにおいて小さくなっていて、10インチクラスのタブレットとして考えると非常に軽い部類に入ると思います。

    しかし、普段使いで軽くなったからどうなの?という点に関しては微妙なところです。
    というのも、軽くなったといえど469グラムもあります。
    これだけ重たいといくら軽くなろうが片手で持つ事はありません。
    そして10インチクラスのタブレットはその重さゆえに、両手で持って使用するよりもデスクやひざの上に置いて利用する事が多いと思います。
    いくら軽くなろうが、置いて利用するとなると重さはそれほど重要ではなくなります。
    片手や両手で持って使用できるくらいに軽くなった!という事であれば話は別ですが、7インチクラスのタブレットでも片手ではキビシイ重さなので、iPad Airは『片手や両手で持って使う』というに使い方をしても469グラムはまだまだ重たいと思います。
    もちろん持ち運ぶ事が多い方にとっては今回の軽量化は魅力的だと思いますので、その軽さに十分感動できると思います。
    iPad Air & iPad miniを100倍楽しむ本 (アスペクトムック)
    なし
    アスペクト (2013-11-05)
    売り上げランキング: 425

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1905

    当ブログをご覧頂いている読者の方々は少なからず激安携帯ショップに関する知識や、MNP乗り換えによる携帯電話の購入について知識があると思います。

    私も基本的に携帯を契約購入する際は、auショップやドコモショップ、ヨドバシやビックカメラなどは利用せずにテルルモバイルさんやモバイルガーデンさん、モバワンさんなどの、いわゆる町の携帯屋さんを利用してます。
    そのメリットは、やはり圧倒的に値段が安い事にあります。
    最近ではキャリアの正式なショップや大型家電量販店でも安売りが見られますが、それでも関東近郊に点在する小さな町の携帯ショップに比べるとまだまだです。
    ひどいときは月々の割引サポート代金を合わせて10万円以上も価格に差があることもめずらしくありません。

    しかし、最近ちょっと残念な出来事が数回あり、やはりそれなりにデメリットもあるなと感じてきました。
    前置きが長くなりましたが、この記事では町の激安携帯ショップで購入する際に注意しておきたいこと、デメリットなどについてまとめてみました。

    一番の問題点は、激安ショップでは常に端末の在庫が少ない事です。
    特に安売りでタイムセール的にTwitterなどで宣伝販売する端末は、1-5個など、ぶっちゃけ仮に不良品だったとしても代わりの品を用意していることなどまずありません。
    ですから、もし良い案件を電話で取り置きしてから伺い、購入前の検品でキズや不良が見受けられても交換ができないのです。

    これは経験談ですが、以前にiPhone 5を購入する際に電話で取り置きをお願いしたのですが、電話口でもし少しキズがあっても交換はできません!と言われました。
    なんじゃそりゃとも思いましたが、まぁもともとiPhone 5は初期状態でもキズが多い製品でしたし、多少は目をつぶろうと思い承諾しました。
    結果的にはキズが無く綺麗な製品だったのですが、もし不良があった場合はその状態で購入手続きを進めるか、または一旦キャンセルするかどちらかになります。
    どちらを選んでも泣き寝入りですね。

    これは憶測に過ぎませんが、おそらくショップさんの中にはそういった少しキズが入った製品の場合はいちいち返品せずに、キャンセルとなった場合はそのまま在庫として次のお客さんに売ることもあると思います。
    多少でも商売というものをした事がある方ならなんとなく理解できると思いますが、あからさまなキズなどでなければ、店側の判断で良品として売るということです。
    正直人によってキズだと認識する度合いは異なりますので、うるさい客にあたったのであればキャンセルしてもらい次の客に売ろうとなるはずです。

    しかし多少のキズでも気にする客からしてみれば交通費や時間が無駄になったうえ、もしかしたら別の店舗で良い案件があったかもしれないことを思うと本当に無駄足になり、悔しいですね。

    これも経験談ですが、先日のHTC J One(HTL22)ホワイトメタルの機種変更のときは普通に大きなキズがあり、その場で交換してもらいました。
    在庫が無かったのであせりましたが、運よくブラックメタルがあったためこちらに交換をしてなんとか契約できました。
    この時もし在庫が無かったら…キャンセルかキズありで契約かの2択を迫られていたと思います。
    良品が入荷次第同じ条件での契約という事も考えられますが、キャリア側から降りてきているインセンティブ(キャリアがショップ側に支払う契約を取るごとに出る報奨金)は期間が決まっている可能性があり、あまり望めない選択肢だと思います。
    まぁこの時交換してもらったブラックメタルも実は不良品だったので、結局auショップで再交換してもらったのですが、キズありで契約してしまうとauショップでも交換は不可能になってしまいます。

    以上から、激安ショップでは在庫が少なく、取り置きしてもらった端末が初期不良だった場合に交換が出来ない可能性があるという事だけは覚えておいたほうが良いかと思います。
    SO-04E Xperia A feat.HATSUNE MIKU 初音ミク 白ロム
    ソニーモバイルコミュニケーションズ
    売り上げランキング: 4,497
    Xperia A SO-04E docomo [White]
    ソニーモバイルコミュニケーションズ
    売り上げランキング: 20,203

    このページのトップヘ

    ブログパーツ