タグ:機種変更

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    【auショッピングモール】便利に楽しく、安心ショッピング♪
    →店舗名変更になってます Wowma! for au

    auポイントの利用方法についてですが、機種変更の代金やスマホの周辺機器に利用できることは多く知られていると思います。
    というか一般的にはそれくらいしか使い道が無いと思われている節もあります。
    しかし、実際にはdocomoであればdショッピング、auであればauショッピングモールといった、ネットショップでのお買い物に利用ができます。

    auショッピングモールはその名のとおり、『ショッピングモール』です。
    auが商品を販売するのではなく、楽天市場のように販売店が沢山出展していて、同じ商品がいくつもあります。
    その中から安い商品を見つけてポイントを代金の足しにすれば、無駄なく消化できます。
    また、欲しい商品が無いという場合には、Amazonギフト券などの販売もあるので、ポイントを金券に交換してしまうという方法も可能です。
    Amazonギフト券になれば今度はAmazonでのお買い物ができますので、二度手間になるのが面倒ですがauポイントを使ってAmazonでお買い物をするという事と同じことになりますね。
    ただ、Amazonギフト券を購入する場合は若干割高です。
    10,000円分のギフト券で11,500円など、ポイントを100%ギフト券に交換できるわけではありませんので、その点はご注意ください。
    Wowma! for au

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fkokks
    3円で寝かしているソフトバンク回線の更新月がそろそろ近づいてきたため、auの時のようにMNP転出する更新月の前の月である『満了月』に、機種変更をしようと思いました。
    まぁ相変わらず良い案件はほとんどなく欲しい端末があるわけでも無いのですが、記事ネタになる事や経験にもなるので少し調べてみました。
    すると、とんでもない記事を発見!
    記事の参照元はクソガジェッターブログさん

    どうやら、ここ最近のソフトバンクのホワイトプラン(2年縛り)は機種変更すると2年縛りは『継続』にならず一旦リセットされて更新されるようです。
    機種変更をすると再度そこから2年契約がまた開始とか…ソフトバンクさん鬼ですね。

    auの誰でも割(2年縛り)は機種変更の場合、契約期間はリセットされずに継続します。
    ですから、満了月に機種変更してから翌月にMNP転出という荒業が可能なのです。
    さらにauの場合は3G契約から4G LTE契約に機種変更しても『誰でも割』が継続します。
    これは、auが2年縛りの契約を基本料金の『プランZシンプル』や『プランEシンプル』『プランSSシンプル』などに組み込まず、別の契約として『誰でも割』を契約させているからです。
    『誰でも割』さえ契約していればどんな契約プランに変わろうが2年縛りはリセットされずに継続するという、auならではの消費者に優しい契約ですね。

    docomoの場合は3Gから3G、XiからXiなど同じ契約の機種変更であれば2年縛りは更新されず継続しますが、3GからXiやその逆の場合など契約の種類が変わる場合には2年契約はリセットされ再契約という形になります。
    実際のところ機種変更などで契約する時は契約条件に2年縛りプランが必須となっている事が多く、2年縛りの契約しか受け付けてもらえない事がほとんどなので、縛り無しプランってほんと何のためにあるんでしょうかね…
    表を見てみるとauだけ『基本料金契約』+『2年縛り契約』という別々での契約なので、他社と違い少し特殊ですね。

    キャリア別表(docomoはLTEプランで表示)
    キャリア 2年縛りプラン 縛り無しプラン
    Softbank ホワイトプラン 標準プラン
    docomo タイプXiにねん タイプXi
    au 誰でも割契約 各基本料金プラン

    そもそもWikipediaなどを見てもわかるように、ソフトバンクのホワイトプランはややこしすぎますね。
    ホワイトプランN、ホワイトプランR、ホワイトプラン(i)、ホワイトプラン(D)など、年々名称が微妙に変化してますが、同じ名称で契約内容を少しずつ変えて改悪するといったセコイやり方です。(ほんと嫌い)
    直接ソフトバンクに問い合わせたわけではありませんが、クソガジェッターブログさんの記事が事実であれば、auの技は使えませんのでご注意ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-12-04 18 29 32
    12月3日にauの機種変更クーポンが届きました。
    対象の回線は12月が更新月の回線で、実は先月11月の誰でも割満了月に機種変更した回線です。

    機種変更したときの記事はこちら
    【購入レポート】au HTC J One (HTL22)を機種変更一括8,600円でLTEプランのみの『条件無し』で購入してきた

    ここで少し気になった点があります。
    実は、11月に機種変更したときに身に覚えの無い10,500円割引のクーポンを適用してもらっていたのです。
    たまたま店員さんが『クーポンが使えますよ~』とおっしゃってくれたので適用してもらいましたが、これって本当は今回送られてきた機種変更クーポンだったんじゃ…?と思いクーポン番号を照らし合わせてみると、合致しました(^_^.)

    という事は、誰でも割更新月に送られてくる10,500円引きの機種変更クーポンは、実は前月の誰でも割満了月でも使用できる可能性があります。
    今回の私のケースは満了月の月末29日での契約だったため、クーポン自体は更新月の12月にならないと送られてきませんが、auのシステム上はすでにクーポンが使用可能状態になっていた、という考え方が自然かと思います。
    クーポンが使用可能になるタイミングについては正確にはわからないので、利用可能になる12月3日に近い11月の末日に契約したから適用できたのか、満了月初旬から実は適用できたのかは定かではありませんが、知っていて損はないテクニックですね。

    今回ヨドバシカメラで契約したのですが、お店的にはおそらく『クーポンがあったのになんで適用してくれなかったんだ!』というクレームを無くすために、自主的に店舗側でも適用できるキャンペーンやクーポンが無いか確認したのだと思いますが、おそらく普通はお店側で適用できるクーポンがあるかどうかは確認しないと思いますので、そういう時は、『適用できるクーポンが無いかついでに確認してもらえますか?』と言えばどこのお店でも確認できるかもしれません。
    契約の際にお店で管理しているシステムがどのようなものか、また全販売店で共通なのかがわからないので正確なことはわかりませんが、言ってみる価値はあると思います。

    おそらくau的には更新月に使ってもらわないと全く意味が無い今回のクーポンですが、こんな形で『先取り』できるとは思いもしませんでした。
    ただ、本当は更新月にしか適用できないクーポンでお店側が単にミスをして適用してしまった…という可能性も捨てきれません。
    その理由は、24ヶ月目の誰でも割契約期間中にクーポンを利用されてしまうと、25ヶ月目の更新月には違約金無しで解約できてしまうからです。
    au的にはそれを防ぐために誰でも割が適用されて無い25ヶ月目の更新月にクーポンを送り、再度機種変更と同時に誰でも割に加入して2年契約をしてもらおうという魂胆だと思います。
    だからこそ更新月の12月に入った瞬間にクーポンを送りつけてきたのだと思います。

    まだ推測の域を出ない内容の事なので、取りあえず言ってみて適用されればラッキーというくらいの気持ちで良いかと思います。
    クーポンを適用するかどうかは販売店の判断なので、対応する人によっては『来月の更新月から利用可能なクーポンがありますが、今月はまだ使えませんね』と応えられる可能性もありますね。
    Apple docomo iPhone5c White 16GB [ME541J/A]
    Apple Computer
    売り上げランキング: 69,450

    このページのトップヘ

    ブログパーツ