タグ:比較

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_2158

    iPhone 5sの店頭レビューに引き続き、隣に置いてあったiPhone 5cのホットモックも触ってきました。
    こちらは5と5sのような似た感じではなく、筐体自体が違うためパッと見で『iPhone 5cだな』とわかるデザインです。

    初見の感想としては、iPhone 5にプラスチック製のカラーケースを取り付けただけにも見えます。
    そのあたりが若干の安っぽさをだしているともいえ、正直800MHz帯対応以外にあまりメリットを感じられません。

    重さもiPhone 5から20gほど重たくなっており、iPhone 5/5sが112gなのに対し、廉価モデルである5cについては132gとなっています。
    やはり一番残念に感じた部分は、このプラスチックの筐体です。
    iPhone 5にそのままカラージャケットをかぶせただけのような感じが否めません。
    重さもちょうど20g増えてますし…

    IMG_2157
    日本人であればほとんどのユーザーが保護ケースを着けているので、取り外し不可能な保護ケースが強制的に取り付けられたiPhone 5というイメージが拭いきれません。
    おそらく日本ではこのiPhone 5cの上からも保護ケースを取り付けるユーザーが多いかと思いますが、そうなってしまっては本当にiPhone 5でいいじゃん!となり、魅力的な点は正式にdocomoでiPhoneが使える点と、800MHz帯域に対応しているという点だけになります。

    現状iPhone 5が投売り状態な事も踏まえると、今までのiPhoneの歴史の中で日本では一番売れない機種になりそうな予感です(^_^;)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1968

    先月実施していた2ヶ月間WiMAXルーターが無料でレンタルできるパナセンスのお試しキャンペーンですが、レンタルのルーターURoad-8000が到着しました。

    正確にはルーター自体は申し込んでからすぐに届いていたのですが、開通には少し時間がかかるらしく7営業日以内に開通予定メールが開通日の前日に来て、翌日に初めて利用が可能となるようです。
    でもなんだかんだでかなり待った印象ですね(^_^.)

    とりあえずこのURoad-8000は以前に使用していたこともあり、懐かしい感じです。
    今現在使用しているURoad-Aeroと比べると全ての面で性能は劣りますが、長時間連続通信するヘビーユーザーでない限りはあまり大差は無いかもしれませんね。
    白ロム価格はそこそこ安いのでおすすめです。

    しばらくはURoad-Aeroと比べての速度調査でもしてみたいと思います。
    今月のWiMAXキャンペーン比較記事はこちら
    【WiMAX】2013年8月版 WiMAXプロバイダキャンペーン比較 今月のおすすめは@nifty 1年縛りでNEXUS7が無料プレゼント!

    シンセイコーポレーション URoad-8000専用電池パック URoad-8000専用電池パック
    シンセイコーポレーション
    売り上げランキング: 7,142
    WiMAX Wi-Fi モバイルルータ URoad-8000
    株式会社シンセイコーポレーション
    売り上げランキング: 18,251

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1661

    先日発売したばかりのMicrosoft Windows 8搭載タブレット端末『Surface Pro』を拝見してきました。
    やはりWindows 8搭載だけあって、良い意味での普通のパソコンですね(^_^.)

    実機を見て初めて気づいたのですが、Surface RTとはOSやハードウェアスペックが違うだけかと思いきや、実はサイズなども違っていました。

    IMG_1660
    IMG_1659
    分厚いんです。
    予想以上に分厚くて、そして重たいですね。

    【Surface Pro】
    サイズ:275x173x14mm
    重さ:約 907g
    バッテリ駆動時間:約4時間

    【Surface RT】
    サイズ:275x172x9mm
    重さ:約 680g
    バッテリ駆動時間:約8時間


    サイズやバッテリー性能のスペック比較ですが、やはりProとRTとでは大きく違います。
    RTと比べて厚みは約5mm厚くなり、重さは約230g重たく、そしてバッテリー性能に関してはRTの半分程度しか持たないようです。
    この4時間という数字は公式では発表されてなくて、管理人が色んなレビューサイトを見て拾ってきた数字なのであてにはならないかもしれないですが、公式サイトではRTのバッテリー性能は載っていても、Proについては載っていなかったりします(^_^.)
    なぜ隠すようなまねをするのかは謎ですが、とりあえず誤差があったとしても4時間前後というところでしょうか。
    ですからバッテリー性能については少し残念でした。
    しかし重量については1kgを切っており、サードパーティより発売しているWindows 8タブレットよりは軽い部類に入ると思います。

    RTからProになって、OSだけがWindows 8になってパワーアップした!と思っていたら痛い目を見るので注意したほうが良さそうですね。
    ハードウェア、ソフトウェア共にスペックアップしてますが、その他気付かない部分でスペックダウンしている点もいくつかあるという事ですね。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ