タグ:無料

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_2160
    Android用の手書きメモアプリ『DioNote』を利用してみました。
    無料のアプリとしては高機能かつシンプルで、キーボード入力でのメモ取りはイマイチ馴染めないという方にはもってこいのアプリです。

    今回は手持ちの端末の中でも極めてタッチの反応が良いGALAXY NEXUS(SC04D)にインストールしてみました。
    古い端末ですが最近のスマホにも負けてない良い端末で、未だに現役です。

    Screenshot_2013-09-17-21-33-43
    初めて起動すると簡単な説明があります。
    フォルダの役割を担う『ノートブック』の中にメモを作成して保存いくという感じの使い方です。
    ノートブックは複数作成できますので、ジャンル別に作成してメモを追加していくと管理がしやすいです。
    仕事、プライベート、買い物などで分けてTODOリストのようにも利用できます。

    Screenshot_2013-09-24-19-41-09
    さっそく手書きで書いてみました。
    手書きといっても上記の画像は人差し指で書いてます。
    入力スペースはディスプレイの下1/3くらいになり、スマホのディスプレイサイズによって大きさが変わりますので説明しずらいですが、通常のスマホサイズだと入力スペースはそれほど大きくないので、指で入力すると汚くて読めないかと思いましたが、想像以上に綺麗に書けました。

    もちろん静電式のタッチペン(スタイラス)を利用して書くことも可能です。
    スタイラスを使用した場合だとさらに綺麗に書けるのではないでしょうか。

    Screenshot_2013-09-24-19-42-49
    こちらは入力した瞬間です。
    長文を書く時も、画面の端までいくと自動的にスクロールしてくれるので文章も書けます。
    そして書いた後の文字を再編集できるという部分も見逃せないポイントですね。
    手書き入力をした文字は、一文字単位または一画単位で修正が可能です。
    カーソルが表示されるので、バックスペースキーで削除、書き直しは手書きといった感じです。
    手書きではなくキーボード入力も出来るので、手書きメモアプリとしてではなく通常のメモアプリとしても高機能な部類に入るのではないでしょうか。
    また、検索機能などもありシンプルながら痒いところに手が届く機能が備わっています。
    その他、画像の挿入や写真の編集、メールで送信などこだわって利用したい上級者向けの機能もあります。

    Screenshot_2013-09-24-19-37-32
    バックアップ機能も充実していて、Evernoteはもちろん、Dropboxとも連携が取れます。
    手持ちのAndroidタブレットが3台とも対応していなかったので、もしかすると現在はまだタブレットには対応していないのかもしれませんが、タブレットで利用すれば伝言ボードや家族内でのメモ書きなどにも利用でき、様々な用途で利用できるかと思います。
    androidの便利アプリとしては無料にもかかわらずかなり作りこまれている印象です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1834

    パナソニック(パナセンス)が提供するWiMAXサービスで2ヶ月無料で利用できるお試しキャンペーンが開催されてました。
    今回は二回目という事で『WiMAX おためしキャンペーン 第2弾』ということのようです。
    前回は4月ごろに開催していて、このときは発見が遅れたため申し込みが出来なかったのですが、今回は無事に申し込みできました。
    【パナセンス】 WiMAX おためしキャンペーン 第2弾

    キャンペーン内容は前回と同じで2ヶ月間無料でWiMAXが利用できるという内容です。
    しかし今回は申し込み可能ユーザー数が前回の500名様ではなく1,000名様と増加!評判良かったんでしょうかね。
    レンタルできるルーターはシンセイコーポレーションのURoad-8000で、当然レンタルなので最終的には返却が必要です。


    今回のキャンペーンも前回同様、勝手に利用継続されるわけではなく希望者のみ継続手続きを行うという事になっています。
    ですので勝手に利用継続にはならず、期限が来ればパナセンス側で解約手続きを行うという点は安心できますね。
    まぁそもそも天下のパナソニックさんがそんな悪どい商売をするはずありませんよね(^_^.)

    そして当ブログの読者の皆様にもお試しでどうかと思い記事を書いていたのですが、一足遅くどうやら1,000名様埋まってしまったようです(-_-;)
    情報が遅れて申し訳ないです。
    IMG_1843

    しかしまた同じようなキャンペーンは実施する可能性大ですね。
    次に開催するとすればおそらく9月初旬から10月にかけてでしょうか。
    その時はなるべく早めに情報発信できるよう頑張ります。


    今月のプロバイダキャンペーンはこちら
    【WiMAX】2013年7月版 WiMAXプロバイダキャンペーン比較 So-netのキャッシュバックがスゴイ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1556

    スマートフォン(iOS及びAndroid対応)でクレジットカード決済ができるようになるカードリーダー『Square リーダー』を購入してみました。
    最近各所で話題ですね。

    『Square リーダー』とは、iPhoneやAndroidデバイスなどのスマートフォンでクレジットカード決済ができるようになるカードリーダー、いわばスマホが個人や法人のレジ代わりになります。
    iOS対応なのでiPad、iPod touchでも利用が可能です。
    このリーダーがあれば現金が無くても手軽に決済が可能となり、ちょっとしたお茶代の割り勘や飲み代の代金、相手に現金の持ち合わせが無い場合などに活躍しそうですね。

    私が購入した場所はアップルのオンラインストアです。
    注文後は土日にもかかわらず翌日配送で、注文から2日後には届きました。
    価格は980円ですが、Squareにアカウント登録すれば今なら購入代金の1,000円が振り込まれますので、実質無料で購入できる事になりますね。
    ちなみにアップルで購入しなくても、会員登録をすると無料でリーダーを送ってくれます。
    980円で購入して後で1,000円キャッシュバックか、元々無料で送ってもらうかどちらか選択できるというわけです。
    IMG_1557
    IMG_1559
    会員登録する際に法人か個人事業主かという選択肢があります。


    IMG_1560
    IMG_1561
    名前や住所、振込先の銀行口座などを登録して完了、後は審査待ちとなります。


    IMG_1562
    とりあえず試しに決済しようとしてみましたが、審査がまだ通っていないらしくだめでした(^_^.)
    審査が通り次第レビューしたいと思います。

    IMG_1567
    IMG_1568
    製品はこんな感じ。もう少し細くてiPhoneの形状に合うような形にしてくれると携帯しやすくなりますね。


    このカードリーダーでどのような事ができるのか?というと、個人での使用はなかなか思いつきませんが飲食会計などで現金の持ち合わせの無い人がいた場合の代金徴収などですかね(^_^.)
    その場で代金を入力して、クレジットカードを通す。
    そうすると指定の銀行口座に代金が振り込まれます。
    決済手数料はカードを通すスワイプ決済で3.25%、手入力で3.75%になります。
    手数料を差し引いた金額が振り込まれますので、実際に決済した金額が全額振り込まれるわけではありませんが、手軽に決済できる点は非常に便利ですね。

    いつも現金忘れた~などといって支払いをごまかしてきた人にはこれ使って徴収することも可能です(^_^.)
    まぁ相手がクレジットカードを持っていればのハナシですが…
    また、支払いを受け取る側としては手軽にクレジットカード決済のシステムを導入できますね。
    屋台のラーメン屋などでも店主がSquareリーダーを利用すれば、お客はカードでラーメン代を支払える…というわけです。
    また、現金が足りない時などにも使えそうですね。

    個人の利用シーンについては考えれば沢山思いつきそうなので、またまとめて記事にしたいと思います。
    Appleでの購入はこちら 【Apple Online Store】 Square リーダー
    Squareのページはこちら Square

    専用アプリ(無料)はこちらよりダウンロードできます。
    【Androidアプリ】Square

    Squareレジ - Square, Inc.
    Squareレジ - Square, Inc.

    このページのトップヘ

    ブログパーツ