タグ:無料

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ようやく購入しました。
    iPhone(iPod touch)で比率16:9の写真が撮影出来るカメラアプリです。
    iPhone5の世代よりディスプレイのアス比が16:9になったので、カメラも4:3と16:9と選択できるようになるかと思いきや全くできず、この点だけはずっと不満でした。

    で、無料アプリを探しましたがまともなアプリが無い…という事なので有料版(85円)ですが、今後の事も考えて購入する事にしました。

    購入したアプリは『OneCam』というカメラアプリ、それほど評価が沢山在るわけでもないですが、機能はなかなかでした。
    まぁ広角レンズになったわけでは無いので広い範囲が撮影できるようになった!というわけではありませんが(^_^.)
    ブログなどに載せる画像としてはやはり16:9の画像の方が見栄えがよく、しっくりきますね。

    【16:9】
    IMG_1485

    【4:3】
    IMG_1486


    IMG_1491
    比率については撮影前にワンタッチで切替が可能で、4:3で撮影したい時も安心です。


    IMG_1490
    撮影する時は上記のような感じで周りに黒縁が発生します。
    この枠の中に納まるように撮影すれば16:9の画像のできあがりというわけです。


    IMG_1493
    撮影中に設定画面を呼び出して各種設定も行え、それほど細かくない設定ばかりなので初心者でも扱いやすいですね。


    IMG_1494
    IMG_1495
    Twitterとの連携などもあるみたいですが、まだ全ての機能は使いきれてません(^_^.)
    しかし手軽に16:9の写真が撮影できて、お値段は85円。
    久々に買ってよかったと思える有料アプリでした。

    画像は全てiPod touchですが、iPhoneでももちろん使用可能ですよ。
    16:9の比率で撮影できる安いアプリを探していた方はいかがでしょうか。

    OneCam(静音, 連写, ジオタグ) - Walker Software

    OneCam(静音, 連写, ジオタグ) - Walker Software

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    @nifty WiMAXではオプションサービスとして2つ、『UQ-WiFi』『機器切替オプション』が利用できます。

    UQ Wi-FiとはWiMAX回線の公衆無線LANスポットの事です。
    さらに申し込み不要で、広範囲のエリアで利用できる『UQ-Wi-Fiワイド』も利用可能です。 
    機器切替オプションは有料サービスになりますが、WiMAXルーターを2台以上活用する人には必須のオプションです。
    良く勘違いされてる方が多いのですが、2台同時に接続できるようになる訳ではないですのでご注意ください。
    あくまで複数端末間での切替が可能という事ですね。
    例えば、回線契約は一つで自宅にURoad-Aeroを置いておき、勤務先にはWM3800Rを置いておくとします。
    もし出勤前にURoad-Aeroを忘れてしまっても、機器切替オプションを使えば会社のWM3800RでWiMAXが利用可能になります。
    この時はURoad-Aeroは通信できなくなっている、という仕組みです。
    このオプションサービスが1台追加ごとに月額210円の費用がかかり、最大で2台追加できます。
    最大で合計3台の端末を使いまわす事ができるわけですが、1台追加ごとに210円加算されますので、3台で使いまわす場合は追加2台分の月額420円がオプション代として発生します。 

    一番のライバルプロバイダであるSo-netやBIGLOBEではこのオプションサービスが両方とも利用できません。
    サービス自体を提供して無いので、お金を払っても利用できないのです。
    このオプションサービスは利用する人にとってはかなり重要な問題になるそうなので、WiMAXプロバイダ選択を検討している方は参考にしてください。

    ■@nifty WiMAXで利用できるオプションサービス
    ・UQ-WiFi(ワイド含む)  料金は無料
    ・機器切替オプション 料金は1台につき210円



    @nifty WiMAXルーター1円、送料0円。月額3853.5円  

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Try WiMAXでURoad-SS10をレンタルしてみました。

    IMG_1024
    といっても身内がレンタルしたので私自身がレンタルしたわけでも無いのですが(^_^.)
    以前までグレード的にはURoad-8000までしかレンタルできなかったような気がするのですが、もうURoad-SS10までレンタルできるのは、やはりURoad-Aeroなどの新型が発売したからでしょうかねぇ。
    URoad-SS10も中々コンパクトで良い製品です。
    モバイルルーターに関してはWiMAXが他社よりも1世代先を走ってますので、このURoad-SS10でも十分実用に耐えうる製品だと思います。
    特にヘビーユーザーで無い限りは十分すぎる性能(^_^.)
     
    IMG_1023

    Try WiMAXは2週間(15日間)無料でWiMAXルーターがレンタルできるサービスです。
    イーモバイルやdocomoなどの携帯キャリアではやってないサービスで、レンタルでお試しが出来る上、無料というのが大きなポイントです。

    さらに上記でも説明したようにURoad-SS10などの1世代型落ちの比較的新しい端末もレンタルしてくれるのも嬉しいポイントです。
    レンタル期間は15日間ですが、実際に利用できるのは11日間程度です。
    この15日間とはUQから発送→到着してから利用して返却→UQに到着までを指しており、往復の配送時間を含めると多くても12日間、地域によればもっと利用期間は短くなります。
    この無料レンタルは往復分の送料も含まれており、元払いで到着して返却時は専用送り状で着払い返却が可能です。

    さらに、あまり知られてませんが3ヶ月経過すれば再度Try WiMAXを利用できるのです。
    あまり悪用は出来ませんが、引越しして光回線の工事が整う間のブロードバンド環境としての繋ぎや、海外から日本へ旅行や帰省などで訪れた友人家族へ短期間のネット環境としてなど、利用法は沢山あります。
    常に電波状況は改善されていて、前は繋がらなかったけどそろそろ繋がるかもしれない…という期待もあるので、3ヶ月単位で無料レンタルを利用するのも消して悪いことでは無いと思います。
    ちなみにUQオンラインショップからでなくてもビックカメラの店頭などでもレンタル可能です。

    【Try WiMAXの特徴】
    ・2週間(15日間)無料でレンタル可能
    ・往復分の送料も無料
    ・端末はUSBタイプからルータータイプまで選択可能
    ・3ヶ月経過すれば同名義でも再度申し込み可能

    WiMAXが気になっている方はとりあえず無料のTry WiMAXで電波に問題は無いか、速度はどれくらい出るのかを確認してから安いプロバイダで契約するのが一番良いかと思います(*^_^*)
    Try WiMAX

    すでに電波状況の確認が取れている方は月初めや月末に申し込むと大変お得に利用できます。
    【WiMAX】各プロバイダ4月のキャンペーンまとめ  URoad-Aero,WM3800R,Mobile Slim 

    このページのトップヘ

    ブログパーツ