タグ:重さ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    _SL500_AA300_
    Dell Venue 8 Proの予約販売が開始し、オプションで用意されていた各周辺機器なども販売を開始しました。
    その中で個人的に一番気になっていたワイヤレスキーボード&ケースTablet Wireless Keyboard & Folio Case 13Q41ですが、どうやら重量が399グラムある事がわかりました。

    ケース&Bluetoothキーボードという事なのでそれなりに重たいとは思ってましたが、まさかVenue 8 Pro本体と同じ重さとは思いませんでした(^_^.)
    ノートパソコンライクに使用したいユーザーとしては、合わせて800グラムとなると少し微妙なのではないでしょうか。
    ちなみにSONYから発売しているVAIO Pro11などは11.6インチディスプレイでキーボード付にもかかわらず770グラムという超軽量ノートパソコンです。
    タブレットではないのでキーボードの分離は出来ませんが、キーボードとセットで利用する8インチのDell Venue 8 Proよりも11.6インチのソニー VAIO Pro11の方が軽いというのはちょっと引っかかりますね。

    そもそも価格帯も全然違うので同じジャンルで比較してよいのか難しいところですが、8インチであればキーボード込みで600グラム台になればなぁと思います。
    その他11 Pro及び8 Pro共用のスタイラスペンも予約受付中です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-11-16 12 58 33

    先日発売したばかりのAppleの7.9インチタブレット、iPad mini Retinaディスプレイモデルを見てきました。
    私がヨドバシカメラへ伺った時は全容量及び全カラーで在庫無し、予約受付中の状態でした。
    アップルオンラインストアでは5-10日で発送なので、11月現在であれば比較的簡単に入手できると思います。

    ただ、年末に近づくにつれ納期が急に延びることがあるので要注意です。
    去年のiPad miniも同じように、発売直後は品薄でしたがすぐに落ち着き、12月のボーナス時期になると一斉に家電屋さんからも姿を消しました。
    もしクリスマスプレゼントや正月などのプレゼントで考えている方は、11月中か12月初旬までには購入手続きを済ませることをお勧めします。

    IMG_0419
    こちらは初代iPad miniで、一応所有してはいるものの実際のところほとんど使用しておらず(^_^.)
    ほとんどiPhoneしか利用してない状況です。

    iPad mini Retinaディスプレイモデルに関しては、ある意味想像通りのディスプレイでした。
    Retinaディスプレイを搭載しているiPad 3rd以降を所有した事がある人であれば、それほど驚きは無いと思います。
    とにかく綺麗で、初代と見比べてしまうと大きな差があります。
    重さは若干増えていて初代より23gの重量アップですが、それほど気になりませんでした。
    二台を瞬時に持ち替えると気付く程度で、よほど敏感な人で無い限りは気にする事でもなさそうです。
    ただ、普段から保護ケースなどを装着してない人にとっては23gでもかなり違いが出ると思いますので、店頭で実際に持ち比べてみると良いと思います。

    私は初代を28,800円で購入したので、今回のRetinaディスプレイモデルが41,900円というのはどうしても購入に踏み切れません(^_^.)
    せめて34,900円くらいであれば検討したのですが、40,000円以上出すのであれば次は8インチのWindowsタブレットを選びたいですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-10-31 11 33 47

    WiMAX 2+に対応しているモバイルWi-Fiルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2  HWD14』のコールドモックが展示されていたので触ってきました。
    AndroidベースのOSが搭載されているということで実機を触る機会があれば一番良いのですが、モバイルWi-Fiルーターのホットモックは店頭に置いていることがあまりありません。
    重さや大きさなどはコールドモックでも確認が可能なので、興味のある方はビックカメラやヨドバシカメラ等の店頭で確認してみると良いかと思います。

    写真 2013-10-31 11 32 00
    こちらは10月31日のビックカメラ藤沢店での店頭の様子です。
    サービスは開始しているのですが、藤沢駅周辺はまだWiMAX 2+のエリア化が完了していないため店員さんも販売しづらい状況でした(^_^;)

    写真 2013-10-31 11 33 51
    サイズは手のひらに収まる程度ですが、最新型というわりには大きめでのっぺりした印象です。
    重さは約140グラムあり、昨今のモバイルWi-Fiルーターの中では重たい方ですね。
    特に純粋なWiMAXルーターとして考えると大きさや重さのスペックは1世代前のレベルです。
    背面はシンプルで、雰囲気はdocomが出しているL-03Eに似ています。
    バッテリー交換は不可能すが、無接点充電のQi対応やUSB給電機能など、付加機能としては2年間使い続けることを考慮してか詰め込んでますね。
    ただ、流石にWiMAX 2+対応ルーター第一弾からクレードル対応やバッテリー交換、連続12時間以上の通信など、既存のWiMAXでは当たり前の機能を入れることは出来なかったようです。
    そのあたりは次の新型や、NECまたはシンセイコーポレーションが出してくれることを期待したいですね。

    写真 2013-10-31 11 34 01
    側面にはMicro SDカードスロット及び、反対側にMicro IC Cardスロットがあります。
    既存のWiMAXと比べてLTE/3G+WiMAXが利用できるルーターはSIMカードを必要とします。
    HWD14についてはMicro SIMカードになるようです。

    今回のWiMAX 2+が契約できるプランは1年縛りのUQ Flatではなく、2年縛りの専用プラン『UQ Flatツープラス』になり、2年縛りからは逃れられなくなっています。

    よほど高性能で2年戦える端末が出ない限りは契約をためらいそうですが、以前より3G+WiMAXが利用できる『UQ Flatプラス』を契約していた方であれば端末もDATA08WやHWD13からの乗り換えになると思いますので、エリアや速度がパワーアップしたWiAMX 2+を存分に利用できるかと思います。

    WiMAX及びWiMAX 2+キャンペーンのまとめ記事については下記より
    【キャンペーン】WiMAX 2+が提供開始! MVNOプロバイダが実施しているキャンペーンを比較

    【キャッシュバック】2013年 11月版 WiMAXプロバイダキャンペーン比較 So-netのMeMO Pad HD7セットや1年縛りの@nifty、月額1,980円のシェアリーなどが魅力的

      

    このページのトップヘ

    ブログパーツ