タグ:開封の儀

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2017-03-09-17-38-08
    今だけこの価格! 週末限定モデル 【NLシリーズ】Pentium + SSD搭載 

    先日BTOパソコンショップのフロンティアで購入したノートパソコン NLシリーズのFRNLC210/WS1が届きましたので、簡単に開封の儀とレビューをします。
      記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2014-03-28-20-51-30
    先日Amazonで購入した、イーモバイルのモバイルWi-Fiルーター『Pocket Wifi GL01P』が届いたので、さっそく開封の儀と簡単なレビューを行います。
    今回はマーケットプレイスでの購入になり、新品ではなく中古美品です。
    送料込みで5,500円でしたが、化粧箱なども綺麗な状態で届きました。 記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2014-01-23 22 03 06
    1月21日よりTry WiMAXで受付を開始したWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』ですが、21日中に申し込み後、当日中に発送、そして翌日の22日には到着いたしました。
    今後10日間くらいは各モードやバッテリーテスト、東京や神奈川エリアでのスピードテストなど個人的にフィールドテストを行います。
    ではさっそく開封の儀です。
    Try WiMAXはこちらより

    まずは化粧箱ですが、化粧箱というには貧相すぎるくらいの『ただの箱』です(^_^.)
    最初はTry WiMAX用だからこういうシンプルな箱なのかとも思いましたが、どうやら正式な製品の箱がこの箱のようですね。
    なんというか、デジタルガジェットの箱は単なる『家電』の箱ではなく、開けるときにワクワクするような高級感のある箱が望ましいですね。
    この点は少し残念でした。

    写真 2014-01-23 22 03 19写真 2014-01-23 22 05 20
    箱を開けると本体が登場。
    後は各ケーブル類に取り扱い説明書などです。

    写真 2014-01-23 22 06 19
    短い変換ケーブルも入っていたのですが、こちらは給電用のケーブルのようです。
    HWD14はモバイルバッテリーとしても利用できるので、そのためのケーブルですね。

    写真 2014-01-23 22 05 59
    アダプタと充電用のケーブルはスマホなどと同じタイプです。
    全てのレンタル品に『Try WiMAX』のシールが貼ってありました。

    写真 2014-01-23 22 07 13
    HWD14のレンタル提供開始初日に申し込んだので、本体は新品!と思ったのですが、若干小キズもあったりフィルムなども貼ってなかったので、どこかの展示機か発売前のフィールドテスト機、その他開発中のテスト機などから回しているように思います。

    写真 2014-01-23 22 07 59
    SIMスロットにはシールが貼ってあり、SIMを取り出せないようになってました。(シールを剥がせば取り出すことは可能と思います)

    写真 2014-01-23 22 07 46
    マイクロSDスロットは利用できるようなので、試しに入れて使用してみたいと思います。
    ※返却時に取り出し忘れが無いようご注意ください
    また、ストラップホールは正面から見て右下の位置にあります。

    画像1
    画像2
    URoad-Aeroと比べるとこんな感じです。
    やはり厚みがある分結構ズッシリきますね。
    最厚部で比較すると、HWDが約15.7mm、URoad-Aeroが約8.4mmなので約2倍の厚みです。
    裏蓋は無いのでバッテリー交換は出来ないようです。
    充電に関してはQi対応なので、ワイヤレス充電も可能です。

    画像1
    タッチパネルは静電容量方式です。
    解像度は低いので表示は結構荒いのですが、そのおかげでタッチパネルの反応は良好です。
    アイコンも大きくて、動作に関してモッサリ感はありませんでした。
    AndroidベースのOS搭載という事でAndroid2.2時代のような感じを予想していたのですが、想像以上に快適に操作可能です。
    レンタル品はすでにアクティベート済みのため、起動後に接続したい端末でパスワードを入力すればすぐに繋がります。
    初期パスワードとSSIDの確認の仕方は、ロック解除後→クイックメニュー→SSID情報で確認できます。
    またはロック解除後→設定→情報→SSID情報からもいけます。

    製品が届いた時点で、通信容量は0GBにリセットされてました。
    ちなみにTry WiMAXでもハイスピードプラスエリアモードが利用可能です。
    使ってしまったら別途月額1,055円の料金が発生するわけではありませんのでご安心ください。

    注意点として、Try WiMAXではレンタル品を使いまわしています。
    よって、7GBの制限が近い端末が送られてくる可能性が0とは限りません。
    あまりに残りの通信容量が少ない端末は流石にレンタル品に回すとは思いませんが、月末付近で申し込むと月初めから数回、他のユーザーが使った後のルーターが届く可能性もあるため、7GBをフルで利用したい方はなるべく月始めに申し込むと良いかと思います。
    この件についてはTry WiMAXのページにも注意書きがあります。
    HWD14をご利用のお客様へのお願い
    ・レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客様が利用する場合があります。その場合、他のお客様の通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください。
    以上になります。
    とりあえずは24時間単位で各モードやバッテリー持続時間などを試していきたいと思います。
    【LTEオプション無料】2014年 1月のWiMAX 2+キャンペーンを徹底比較!キャッシュバック増額傾向で今後も期待できそう

    このページのトップヘ

    ブログパーツ