タグ:2年縛り

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fkokks
    3円で寝かしているソフトバンク回線の更新月がそろそろ近づいてきたため、auの時のようにMNP転出する更新月の前の月である『満了月』に、機種変更をしようと思いました。
    まぁ相変わらず良い案件はほとんどなく欲しい端末があるわけでも無いのですが、記事ネタになる事や経験にもなるので少し調べてみました。
    すると、とんでもない記事を発見!
    記事の参照元はクソガジェッターブログさん

    どうやら、ここ最近のソフトバンクのホワイトプラン(2年縛り)は機種変更すると2年縛りは『継続』にならず一旦リセットされて更新されるようです。
    機種変更をすると再度そこから2年契約がまた開始とか…ソフトバンクさん鬼ですね。

    auの誰でも割(2年縛り)は機種変更の場合、契約期間はリセットされずに継続します。
    ですから、満了月に機種変更してから翌月にMNP転出という荒業が可能なのです。
    さらにauの場合は3G契約から4G LTE契約に機種変更しても『誰でも割』が継続します。
    これは、auが2年縛りの契約を基本料金の『プランZシンプル』や『プランEシンプル』『プランSSシンプル』などに組み込まず、別の契約として『誰でも割』を契約させているからです。
    『誰でも割』さえ契約していればどんな契約プランに変わろうが2年縛りはリセットされずに継続するという、auならではの消費者に優しい契約ですね。

    docomoの場合は3Gから3G、XiからXiなど同じ契約の機種変更であれば2年縛りは更新されず継続しますが、3GからXiやその逆の場合など契約の種類が変わる場合には2年契約はリセットされ再契約という形になります。
    実際のところ機種変更などで契約する時は契約条件に2年縛りプランが必須となっている事が多く、2年縛りの契約しか受け付けてもらえない事がほとんどなので、縛り無しプランってほんと何のためにあるんでしょうかね…
    表を見てみるとauだけ『基本料金契約』+『2年縛り契約』という別々での契約なので、他社と違い少し特殊ですね。

    キャリア別表(docomoはLTEプランで表示)
    キャリア 2年縛りプラン 縛り無しプラン
    Softbank ホワイトプラン 標準プラン
    docomo タイプXiにねん タイプXi
    au 誰でも割契約 各基本料金プラン

    そもそもWikipediaなどを見てもわかるように、ソフトバンクのホワイトプランはややこしすぎますね。
    ホワイトプランN、ホワイトプランR、ホワイトプラン(i)、ホワイトプラン(D)など、年々名称が微妙に変化してますが、同じ名称で契約内容を少しずつ変えて改悪するといったセコイやり方です。(ほんと嫌い)
    直接ソフトバンクに問い合わせたわけではありませんが、クソガジェッターブログさんの記事が事実であれば、auの技は使えませんのでご注意ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    auokyaku

    auの2年縛りである誰でも割ですが、契約途中で機種変更をしても縛り期間がリセットされることなく、継続されることになっています。
    このシステムのおかげで、2年以内であれば機種変更がし放題という事になっています(限度はありますが)
    もちろん機種変更をすれば毎月割などの割引サービスは新しい機種のサービスに移行してしまいますので注意が必要です。

    詳しくはこちら
    【解約金】au 誰でも割(2年縛り)で更新月の前月に機種変更した後でも解約金無しでMNP転出できた事を確認


    今回12月が更新月の回線が一つあり、この回線をMNP転出する前に一度機種変更してしまおうと計画中です。
    しかし、前回の9月に機種変更した時はまだ知識不足でいくらか無駄金を落としてしまいました。
    ですから今回はなるべく無駄金を落とさないための方法を備忘録代わりに書いておきます。

    前回の失敗事例については下記参照
    【注意喚起】auの毎月割は月途中で機種変更した場合日割り計算されず、その月は全く適用されない一ヶ月となる

    現在の回線状況は下記のような感じです。
    ・2013年 12月が更新月
    ・毎月割 2,845円
    ・毎月の維持費 約220円


    高額の毎月割があるため、ダブル定額だけ加入して毎月のランニングコストは220-230円程度に抑えています。
    余談ですが、2年前はダブル定額だけでも毎月割が維持可能でした。
    このまま12月の更新月前の11月に機種変更しても良いのですが、それをしてしまうと前回と全く同じになるため、今回は下記のような手続きをしました。
    毎月割外し(ダブル定額廃止)及び、プランSSシンプル(980円)からプランEシンプル(780円)に変更
    更新月の2ヶ月前(10月)にこの手続きを行う事により、維持費はこうなります。

    契約時~9月まで 220円
    10月 220円(毎月割適用)
    11月 780円(プランEシンプル) 機種変更月
    12月 1,560円(更新月) MNP転出月

    11月の維持費は220円ではなく780円になり550円程度上がってしまいますが、機種変更する月は毎月割が全く適用されない月となるので、こうしないとダブル定額の2,100円が日割りで発生します。
    頼みの綱の新しい機種の毎月割も来月から適用となるので、最初から全てはずして基本料金の一番安いプランEシンプル(780円)にするのが望ましいのです。

    そして11月に無事に機種変更を終えた後は、12月の更新月です。
    更新月は当然ながらauの誰でも割契約は11月で満了となっているため、基本料金は2倍の1,560円が発生します。
    しかしこれは解約時に日割りとなるため、12月中のなるべく早い段階でMNP転出すれば負担は軽くなります。
    逆に携帯安売り案件が沢山出てくる月末に解約する事になると1,560円のうちほとんどを負担する事になります。
    いずれにしても月末はキャッシュバックが1-20,000円程度上昇する事もあるので微々たる数値です。
    今回はこの方法にてなるべくコストをかけずに機種変更→MNP転出を行いたいと思います(^^♪
    Samsung Galaxy Gear V700 (Grey グレー) 並行輸入品
    Samsung
    売り上げランキング: 91,892
    (docomo) GALAXY Note 3 SC-01F ホワイト
    docomo
    売り上げランキング: 3,228
    白ロム docomo iPhone5S 64GB ゴールド ME340J/A
    Apple Computer
    売り上げランキング: 32,160

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    audaredemo

    auの2年縛りオプションである『誰でも割』ですが、更新月の前月に機種変更後、そのまま翌月の更新月にMNP転出(解約)しても解約違約金が発生しない事を実際に確認できました。
    一応以前よりこの方法が可能という事は知識としては持っていたのですが、実際に自分で試した事はなかったので、経験談としての備忘録という形で記事にしたいと思います。

    今回この方法で機種変更後にMNP転出した回線は更新月が10月で、前月の9月末に機種変更をしました。
    そして10月に入ってすぐにMNP転出という流れでしたが、157にMNP転出の電話をした時も違約金はかかりませんと回答を頂いたので、無事に出来ていると思います。
    機種変更時の誰でも割の扱いとしては『加入』ではなく『継続』という扱いになり、縛り期間がリセットされるわけではありません。
    更新月の10月に機種変更とMNP転出の2つをしたらどうなるのか?という部分が気になりますが、この場合はおそらく機種変更の際に新たに誰でも割に加入させられると思います。
    それは9月末で『誰でも割』の割引が終了しているからで『継続』ではなく、新規で誰でも割『加入』となるので、10月から誰でも割が再スタートすると思います。

    現在ほとんどの携帯契約の必須条件で、2年縛りはあります。
    まれに無い案件もあるかもしれませんが、それは分割だったり単に店側が付け忘れている可能性が大きいです。
    そして更新月を良く勘違いされている方が多いのですが、更新月は誰でも割を契約していない月です。
    つまりauの契約は最後の月が割引効かないというわけではなく、割引である『誰でも割』の期限が切れている月だと認識すればわかりやすいかと思います。
    更新月の前月(満了月)までが契約期間であり割引があるので、翌月の更新月には解約するか継続するかの選択ができるわけです。
    それを更新月は割引が効かないと嘆くのは少しハナシが変わってきます(^_^.)

    更新月というのはあくまで『誰でも割』の契約が切れた月なので、ユーザーに継続するか否かの選択を自由に選ばせてくれます。
    継続利用を選択すれば更新月が誰でも割契約の新規加入1ヶ月目となり、また2年間の縛りが発生します。
    この更新月を、契約満了月で契約期間が終わる月だと思っている方がいるかと思いますが、実際は更新月の前月で誰でも割や毎月割は割引自体が終わっています。

    毎月割が高額な回線はそうそう機種変更できませんが、更新月の前月くらいは機種変更してお金になる端末をゲットしてからポートアウトするのも悪くない節約方法かと思います(^^♪
    au Xperia UL SOL22 ホワイト
    Sony
    売り上げランキング: 160,039

    このページのトップヘ

    ブログパーツ