タグ:7.1ch

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1468

    先日TSUTAYAでレンタルしたブルーレイソフト、アベンジャーズのレビューです。
    といってもシナリオや脚本のレビューではなく、音質や3D効果、映像についてです。

    まずは3D効果について。
    今回初めて洋画で3D専用ソフトをレンタルしたのですが、期待していた感じとは違いました。
    3D専用と銘打っているだけあり、テレビ側で3Dにする擬似3Dとは全く違う自然な3D効果を体験できると思っていたのですが、視聴してみるとさほど違いは無く、相変わらず3D効果を付けている人や調整している人にやる気ないなぁと感じさせられる事になりました。
    3Dコンテンツは元々少ないので、その少ないコンテンツで満足できなければハッキシいって次はありませんね。
    もう少し頑張ってもらいたいところ(^_^.)

    3D効果は自然に見える部分と見えない部分のバランスがひどく、まともに調整されたものとは思えませんでした。
    綺麗に見えないシーンは残像がひどく、ズラし方がまともに調整されてません。
    カメラに近いシーンと遠いシーン、その両方で同じ効果を使っているのか、非常に視聴しずらい3D効果となっていました。
    さらに字幕も同じく、綺麗に読めるシーンもあれば文字のズラしかたがひどくて残像になっているシーンがあったり、バラつきがひどいです。
    どちらかといえば字幕の調整のほうがひどく感じました。

    次に音質です。
    DTS-HD Master Audio 7.1chで視聴しましたが、まずまずの出来ですね。
    7.1chの効果を存分に発揮できてはいませんでしたが、迫力はありました。
    ただ、VFXが似たり寄ったりのサウンドが多かったので、もう少しバリエーションは欲しかった感じです。
    トランスフォーマーなどは同じ金属音でも結構楽しませてくれます。
    音の定位についても特に凝っている感じはなく、地味な感じ。
    やはりパンニングに凝った作品に出会えるのはなかなか無いようですね(^_^.)

    日本語吹き替えに声優ではなくタレントを使った事で一時話題になった件ですが、個人的に吹き替え版を聞く事が100%無いのでなんとも言いがたいですが、まぁ大人の事情、お金の動き、スポンサーなどなど声優を起用したくても出来ない事情はいくらでもあるかと思います。
    こっちのほうがいいのはわかってるんだけど、こっちにしなきゃいけないんだよねって事は仕事をしていればいくらでもあると思います。
    良い作品=良い売上(数字)となるわけじゃないのが難しいところですよね。
    まぁあまりにユーザーを無視した事をしまくればいずれなしっぺ返しを食らうと思いますが(^_^.)

    アベンジャーズ 3Dスーパー・セット(4枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-12-19)
    売り上げランキング: 1,203

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんわ。
    AVアンプのSONY STR-DH530ですが、3ヶ月程度使用したので再レビューしたいと思います。

    関連記事はこちら

    主な用途は下記のようになります。
    ・テレビ音声(アニメ・洋画)
    ・ブルーレイ音声(アニメ・洋画)
    ・ゲーム音声

    映像を視聴する際には音楽も聴きますが、音楽単体で視聴という点では全くといっていいほど使用してません。

    さて、まずリモコンですが実はほとんど使用する機会がありません(^_^.)
    というのも、HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が搭載されているため、ほとんどの操作を各機器で行えるからです。
    ここでいう各機器とはテレビやブルーレイレコーダーという事になります。

    ですから、テレビの電源を入れれば自動でAVアンプの電源も入り、切れば同時に切れます。
    さらにボリューム操作や、音声入力自体が他の機器に変われば自動で切替えてくれます。

    例)
    テレビ→アンプ→スピーカー

    これをブルーレイに切替えたときに、自動的に入力切替を行ってくれます。
    ブルーレイ→アンプ→スピーカー

    HDMI-CEC機能(HDMI機器連携機能)が備わっていないとリモコンでテレビ入力からブルーレイ入力に切替えてあげないと音声出力をしてくれないので、その切替を全て自動でしてくれるのが非常に便利で使い勝手が良いです。
    音質については他と比べたことが無いのでなんとも表現しにくいですが、エントリー向けのホームシアターセットのアンプよりは良いと思います。
    AVアンプはAudio Visual Amplifireの略?だと思うので(たぶん)、言ってみれば音楽の音声も映像の音声も良い音で聴きたい!という欲張りな製品だと思います(^_^.)

    音楽だけを楽しみたいのであればプリメインアンプの方が良いかと思いますが、マルチチャンネルを楽しんだり、リビングで使用するなら多用途に使えるAVアンプをお勧めします。

     
    ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DH530
    ソニー (2012-04-20)
    売り上げランキング: 706

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんにちわ。
    続いてご紹介が、AVアンプのSONY STR-DH530です。
    8年近く使用したDENONのホームシアターが5.1ch再生機能しか搭載しておらず、HDMI端子も無いので、改めて購入しました。
    といってもかなり安いタイプで、7.1chを出力できるアンプの中では最廉価モデルではないかと思います(^_^.)
    resize0134.jpg

    見た目は高級アンプとさほどかわりませんw
    機能としてはまずまず。当然DTS-HDやDolby-TrueHDの出力も可能です。
    そして一番の魅力7.1ch対応ですね。
    HDMI入力は4つと少し少ない気もしますが、良く使用する再生機だけつなげておけばまぁ大丈夫かと。
    HDMI出力は1端子、光出力も1端子のみです。
    音は…というと、まだスピーカーの調整もままならないのでなんともいえませんが、悪くは無い、値段相応といった感じです。過度な期待は禁物、あくまで7.1ch対応の安いモデルなんだなと。


    テレビやPS3との連携で、電源のオンオフが自動で行われるのは良かったです。
    いちいちアンプだけ電源をオンオフしてあげる必要はありません。

    resize0133.jpg

    こちらが約8年間は使用したDENONのホームシアターアンプDHT-M330のアンプ、AVC-M330です。
    光入力、光出力しか備えておらず、DTS-HDなどの最新フォーマットは出力できません。
    この機種はパソコンに繋いで、自室で使用する予定。

    STR-DH530は20000円程度と値段もお手頃で、自作ホームシアターシステム入門用や、ホームシアター卒業後の第一機目としても申し分ない機能でとてもおススメです。

    ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DH530
    ソニー (2012-04-20)
    売り上げランキング: 688

    このページのトップヘ

    ブログパーツ