タグ:AQUOS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像1

    docomoより発売中のAndroidタブレット『AQUOS PAD SH-08E』をビックカメラにて触ってきました。
    7インチクラスのタブレットとしては現在発売している中では最高峰の製品だと思いますので、期待してましたが…結果は少し残念な評価に(^_^.)

    まず大きさですが、小さいですね。
    一世代前の7インチタブレットと比べるとべゼルが狭いこともあり、かなり小型に感じます。
    NEXUS7と並べて見ると目の錯覚がおきるくらいに大きさに差があります。

    重さについては288gと300gを切っていてかなり軽い部類なのですが、MEDIAS TAB UL N-08Dの249gと比べてしまうと少し重たく感じてしまいますね。
    MEDIAS TAB UL N-08D
    MEDIAS TAB UL N-08D
    posted with amazlet at 13.08.13
    NEC
    売り上げランキング: 60,259
    しかしSH-08Eは防水機能も備えておりIGZOディスプレイ搭載、スペックも十分なので価格さえまともであれば新型NEXUS7に対抗できるタブレットになりそうなのですが、残念ながらdocomo回線とセットでの販売のため、本t内価格はべらぼうに高いです。

    そして一番残念だった点は、ディスプレイのタッチの感度が非常に悪い事です。
    最新機種にもかかわらず指を動かしてから画面が動き出すまでにワンテンポ遅れます。
    これは二世代くらい前のAndroidスマホのような感覚で、当然私が使用しているSC-01Eと比べてもモッサリしています。
    目立って遅く感じた操作は、指二本でのピンチ操作です。
    ピンチ操作は個人の指の幅という限られたスペースでしか操作できないため、拡大操作をする時にワンテンポ遅れるとほとんど拡大されません。

    アップデートでなんとかなる範囲なのかもしれませんが、現状のままではハッキリ言って『使えないタブレット』ですね。
    しかしながら、リンクをクリックしてからのページの表示速度や読み込み速度に関しては文句のつけようが無い速度で表示されます。
    やはりLTE通信でこのCPUパワー&メモリがあればサクサクとウェブなどを閲覧できると思います。

    タブレットやスマホに関しては、表示速度も大事ですがディスプレイの感度はもっと重要なことだと思いますので、今後のアップデートに期待したいですね。
    なお、白ロム価格は7インチタブレットとしては7万円近くの価格なので、割高感は否めませんね(^_^.)
    docomo SH-08E AQUOS PAD ホワイト 白ロム
    シャープ
    売り上げランキング: 22,278

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1468

    久しぶりにTSUTAYAへ行きました。
    以前は洋画が本当に好きで好きで毎日のように洋画を見ていましたが最近はアニメ視聴が増えて洋画は作品を選ぶようになりました。

    そんな私でもやはり設備にはそれなりにお金をかけています(^_^.)
    テレビは60インチのSHARP AQUOS LC-60G7、もちろん3Dも対応してます。
    そして再生機はPS3またはAQUOSブルーレイBD-W510です。
    こちらももちろん3D対応。

    そしてAVアンプはSONYのSTR-DH530、7.1chアンプですね。
    3Dパススルー対応なので安心です。
    まぁ全部一番安いシリーズなんですけどね(^_^.)
    流石にウン十万円もするレコーダーやAVアンプは買えません。

    TSUTAYAでレンタルする際に、ブルーレイをレンタルする時でさえブルーレイ専用機でないと再生できない旨の確認を問われますが、今回は3D対応ディスクという事もあり再生機、テレビ、ケーブル、さらには3D専用メガネと必要なものが沢山あるので何度も確認されました。
    よほどレンタルする人が少ないのか…

    IMG_1469
    無事にレンタルは出来ましたので、休日にでも視聴したいと思います。
    果たして自宅で視聴する3D映画はどのようなものなのか、またレビューしたいと思います。

    ちなみに3Dグラスは下記の製品を使用しております。
    ルックイースト 3Dテレビ対応グラス 軽量タイプ ZS3DGTV01
    ルックイースト (2012-08-01)
    売り上げランキング: 6,846

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨年の2012年12月に購入した60インチ液晶テレビ、SHARP AQUOS クアトロン 3D LC-60G7ですが、3ヶ月程度使用してみてのレビューをしたいと思います。
    前回の記事はこちら
    【レビュー】AQUOS G7 60インチを購入しました LC-60G7

    まず大きさについてですが、やはりこれはすぐに慣れてしまいますね(^_^.)
    リビングに設置してますが、普段視聴するソファーの定位置からではもう40インチと同じ感覚です。
    しかし、ふとキッチンに移動したときにテレビを見ると、普通に小さい文字まで見えてしまう、ここに違いを感じました。
    60インチとなると、多少遠くからでも普通にテレビの視聴が可能だと認識させられました。 
    画質に関しては申し分なく、激しい動きや細かい描写の多いシーンでも、特にブロックノイズが出ることも無く満足しています。

    お気に入りの機能は、AVアンプとの電源連動機能(HDMI-CEC)ですね。テレビの電源を入れれば他社メーカーのアンプでも自動で電源が入ります。
    当然切った時も同じようにAVアンプの電源も切れます。
    もっともこの機能はテレビ側とAVアンプ側両方にHDMI-CECが対応してなければ使えませんが(^_^.)

    録画機能についても申し分なく、地デジ・BS/CS合わせて2番組のダブル録画が可能なので、録画が捗ります。
    録画は捗るのですが、その録画した番組を見る時が少し残念。
    テレビの録画一覧画面の操作がもっさり&使い勝手が悪いのです(^_^.)
    おそらくはどこのメーカーさんのテレビでも似たり寄ったりだとは思うのですが、PS3のtorneに慣れきってしまっているので、あまりにも不便ですね。

    録画自体失敗は一度も無く、アクオスブルーレイBD-W510への番組の移動も可能なので非常に便利です。
    3D機能はコンテンツ不足もあり中々試せませんが、とりあえずゲームで体感しました。
    こちらの3Dメガネを使用してます。

    このグラスでも問題なく使用できましたので、検討している方は是非お勧めしたいです。

    インターネット機能はたまに使いますが、手元にiPadやスマホがあればそっちで見てしまいますね(^_^.)
    あって損は無い機能ですが、今後のコンテンツやサービスに期待したいところです。

     
    SHARP LEDAQUOS クアトロン 3D 60型液晶テレビ LC-60G7
    シャープ (2012-06-20)
    売り上げランキング: 22,374


    SHARP(シャープ) 60V型(60型/60インチ) 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応フルハイビジョン液晶テレビ AQUOS クアトロン LC-60G7(USB HDD録画対応) 送料無料・クレジットカードOK[特大]

    価格: 164,800円
    (2013/02/28 21:21時点 )

    感想:7件

    このページのトップヘ

    ブログパーツ