hdfg
ビックカメラでAmazon Kindle Fire HDX 8.9を触ってきました。
店頭でKindleを取り扱っているお店はビックカメラやソフマップくらいしかないので(ヨドバシカメラは取り扱い無し)、発売したらとりあえず触りに行くKindleシリーズですが、今回も相変わらず製品版ではない『デモ機』のようでWi-Fi接続をしてもネットが使えませんでした。

重さは374グラムで、9インチクラスのタブレットとしてはとても軽いです。
このサイズでここまで軽く出来るとは技術の進歩を感じます。
べゼルがまだまだ分厚いのでさらに軽く出来そうですが、現状でも十分薄くて軽いです。

OSレベルで他との連携が取りにくいなど、まだまだ不便な部分も多く感じるKindleですが、電子書籍のKindleを利用する事を前提としてや、自宅内でのマルチメディアプレーヤーとして利用すればパフォーマンス的にもとても快適に楽しめるのではないかと思っています。

現状ではまだAndroidやiOS端末でいう、『他機器や他サービスとの連携』部分が追いついていないイメージなのでどうしても手が出せませんが、マルチデバイスマルチOSで利用できているKindle電子書籍のサービスを、Kindleデバイス限定で利用できる新たな付加価値のサービスを追加してくれれば状況がひっくり返るかもしれません。
あと価格ももう少し頑張って欲しいですね(^_^.)
この値段じゃ既存ユーザーの買い替え以外にほとんど買う人がいなさそうです。
40,000円もしてしまうと新規ユーザーはほぼ同じ価格で購入できるiPadを買うでしょうから、価格的にも差別化をしてほしいですね。
Kindle Fire HDX 8.9 16GB タブレット
Amazon (2013-11-28)
売り上げランキング: 209
Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット
Amazon (2013-11-28)
売り上げランキング: 77