タグ:LC-60G7

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1468

    久しぶりにTSUTAYAへ行きました。
    以前は洋画が本当に好きで好きで毎日のように洋画を見ていましたが最近はアニメ視聴が増えて洋画は作品を選ぶようになりました。

    そんな私でもやはり設備にはそれなりにお金をかけています(^_^.)
    テレビは60インチのSHARP AQUOS LC-60G7、もちろん3Dも対応してます。
    そして再生機はPS3またはAQUOSブルーレイBD-W510です。
    こちらももちろん3D対応。

    そしてAVアンプはSONYのSTR-DH530、7.1chアンプですね。
    3Dパススルー対応なので安心です。
    まぁ全部一番安いシリーズなんですけどね(^_^.)
    流石にウン十万円もするレコーダーやAVアンプは買えません。

    TSUTAYAでレンタルする際に、ブルーレイをレンタルする時でさえブルーレイ専用機でないと再生できない旨の確認を問われますが、今回は3D対応ディスクという事もあり再生機、テレビ、ケーブル、さらには3D専用メガネと必要なものが沢山あるので何度も確認されました。
    よほどレンタルする人が少ないのか…

    IMG_1469
    無事にレンタルは出来ましたので、休日にでも視聴したいと思います。
    果たして自宅で視聴する3D映画はどのようなものなのか、またレビューしたいと思います。

    ちなみに3Dグラスは下記の製品を使用しております。
    ルックイースト 3Dテレビ対応グラス 軽量タイプ ZS3DGTV01
    ルックイースト (2012-08-01)
    売り上げランキング: 6,846

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おはようございます。
    私は自宅回線もWiMAXで運用していますが、やはりどうしても不便な事がいくつかあります。
    それを今回はまとめてみたいと思います。
    地域や接続環境にも左右されるのであくまで参考程度にご覧ください。
    ちなみに自宅ではパソコンやスマホの計測で常時下り10Mbps前後、上りは5Mbps前後のスピードが出ています。
    まずは現在私がWiMAXで接続しているデバイスについて。

    ・スマートフォン(iPhone,Android)
    ・タブレット端末(iPad,iPod touch,Android)
    ・ゲーム機(PSP,PS3,PS VITA,DS,3DS,Wii)
    ・ホーム家電(BRレコーダー,液晶テレビ)
    ・パソコン(Windows,Mac)

    以上になります。
    もちろん全て同時に接続しているわけではなく、常時接続しているのはスマホやタブレット、パソコンやレコーダーの類になります。
    この中でも運用が厳しいデバイスをピックアップしてみます。
    まずスマホやタブレット、パソコンは当然ながら全く問題ありませんね(^_^.)
    次にゲーム機ですが、PS3が少し厳しい部分があります。
    オンラインゲームはやった事が無いのでわかりませんが、ブラウザやYoutube閲覧では速度が足りません。
    見れなくはないけど快適では無い…そんな感じです。
    あとアップデートがあるとかなり時間がかかりますので、そのアップデートの間などは他で接続している機器も速度が低下するのでストレスがあります。 
    次にPS VITAですが、こちらは意外と普通に使えますね、スマホと同感覚です。
    PSP、3DSやDSもゲームのダウンロードやアップデート程度であれば問題ありません。
    最後にWiiですがこちらはPS3と同感覚で少し厳しい感じはあります。
    youtubeやブラウザなどを閲覧しようとすると快適とはいえません。

    次にブルーレイレコーダーや液晶テレビですが、我が家ではレコーダーはSHARPのBD-W510、テレビもSHARPのLC-60G7を使用しています。
    結論から言うと両方とも厳しいですね(^_^.)
    そもそもレコーダーやテレビでネットやyoutubeを閲覧する人がどれだけいるかはわかりませんが、WiMAX回線では速度不足で思うように快適には再生してくれません。

    やはり携帯端末では問題なくても、据え置き型端末での運用は厳しいのかと思いました。 
    もし今後WiMAXでレコーダーや液晶テレビ、据え置き型ゲーム機でホームネットワーク構築を検討している方は考え直したほうが良いかもしれません。
    運用できなくは無いですが、快適とは言えないです。
    あくまでモバイルネットワーク回線という事ですね。


    下記はWM3800R及びURoad-Aeroの取り扱いプロバイダやキャンペーンのまとめです。
    【WiMAX】WM3800Rを契約するMVNOプロバイダはどこが一番安いのか
    【WiMAX】URoad-Aero販売プロバイダ、キャンペーン最新版(2013.3.2)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨年の2012年12月に購入した60インチ液晶テレビ、SHARP AQUOS クアトロン 3D LC-60G7ですが、3ヶ月程度使用してみてのレビューをしたいと思います。
    前回の記事はこちら
    【レビュー】AQUOS G7 60インチを購入しました LC-60G7

    まず大きさについてですが、やはりこれはすぐに慣れてしまいますね(^_^.)
    リビングに設置してますが、普段視聴するソファーの定位置からではもう40インチと同じ感覚です。
    しかし、ふとキッチンに移動したときにテレビを見ると、普通に小さい文字まで見えてしまう、ここに違いを感じました。
    60インチとなると、多少遠くからでも普通にテレビの視聴が可能だと認識させられました。 
    画質に関しては申し分なく、激しい動きや細かい描写の多いシーンでも、特にブロックノイズが出ることも無く満足しています。

    お気に入りの機能は、AVアンプとの電源連動機能(HDMI-CEC)ですね。テレビの電源を入れれば他社メーカーのアンプでも自動で電源が入ります。
    当然切った時も同じようにAVアンプの電源も切れます。
    もっともこの機能はテレビ側とAVアンプ側両方にHDMI-CECが対応してなければ使えませんが(^_^.)

    録画機能についても申し分なく、地デジ・BS/CS合わせて2番組のダブル録画が可能なので、録画が捗ります。
    録画は捗るのですが、その録画した番組を見る時が少し残念。
    テレビの録画一覧画面の操作がもっさり&使い勝手が悪いのです(^_^.)
    おそらくはどこのメーカーさんのテレビでも似たり寄ったりだとは思うのですが、PS3のtorneに慣れきってしまっているので、あまりにも不便ですね。

    録画自体失敗は一度も無く、アクオスブルーレイBD-W510への番組の移動も可能なので非常に便利です。
    3D機能はコンテンツ不足もあり中々試せませんが、とりあえずゲームで体感しました。
    こちらの3Dメガネを使用してます。

    このグラスでも問題なく使用できましたので、検討している方は是非お勧めしたいです。

    インターネット機能はたまに使いますが、手元にiPadやスマホがあればそっちで見てしまいますね(^_^.)
    あって損は無い機能ですが、今後のコンテンツやサービスに期待したいところです。

     
    SHARP LEDAQUOS クアトロン 3D 60型液晶テレビ LC-60G7
    シャープ (2012-06-20)
    売り上げランキング: 22,374


    SHARP(シャープ) 60V型(60型/60インチ) 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応フルハイビジョン液晶テレビ AQUOS クアトロン LC-60G7(USB HDD録画対応) 送料無料・クレジットカードOK[特大]

    価格: 164,800円
    (2013/02/28 21:21時点 )

    感想:7件

    このページのトップヘ

    ブログパーツ