タグ:LTE

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像3
    前回の記事でOCN モバイル ONEをSIMフリー機であるNexus7(2012)へつっこんで利用してみましたが、今回はdocmoのLTE端末に挿して利用してみました。
    テスト機として用いたのはF-02E,SC-01E,HW-01Eの3機種です。
    どれも使用せずに眠っていたのを掘り起こしてきました(^_^.)

    まず全機種で共通する事ですが、やはりAPN(アクセスポイントネーム)の設定は必須のようですね。
    SIMフリー端末ではなくdocomo端末だから設定無しでもいけるかな?とささやかな期待を持ったのですが、SPモードのAPNのままでは通信できませんでした。
    また、テザリングに関してもやはり出来ません。
    テザリングをONにしてWi-Fi電波を飛ばし、別の端末で電波をキャッチする所までは出来るのですが、肝心の通信自体は不可能でした。
    やはりroot権限や特殊なアプリが必要なようですね。
    私はその辺は専門外なのと、特にこのSIMでテザリングが必須というわけでもないので、格安SIMでテザリングをする事に関しては他ブログさんをご参照ください。

    APN設定後は全ての端末で通信が確立されました。
    ただ、何故かSC-01E及びHW-01Eに関してはアンテナ上でLTE表示がされず、FOMAハイスピードの『H』表示のままでした。
    もしかしたらたまたま電波状況が悪かっただけかもしれませんが、F-02Eに関してはLTE表示だったので、何かあるのかもしれません。

    3機種ともスピードテストを行った結果、下りは2-8Mbps、上りは0.5-2Mbpsとあまりよろしくない結果に終わり、docomoで契約しているSPモードのデータ回線と比較すると、ping値及び上下速度共に明らかに差がありました。
    やはり元がdocomo回線といえど、本家で契約する回線とMVNOの格安SIMとでは似て非なるものであって、品質に差があるように感じました。
    日常レベルで支障はありませんが、『ドコモ本家での契約の方が品質が良い』というのはおそらく間違いないと思いますので、ドコモから格安SIMに変えて通信品質が良くなった!という事はあまり期待できないと思います。

    セルスタンバイ問題についても少しテストしたかったのですが、一日かけてバッテリーテストなどをしないと正確な事がわからないため、もし今回テストした端末で情報が欲しいという方がおられましたら、コメント欄かTwitterなどからメッセージをいただければと思います。

    しかし通話が出来ないとはいえ、月額980円程度でこれくらいの通信品質を利用できるのであれば、まさに格安SIM!格安データSIM!ですね。
    縛り期間も無く簡単に利用できるので、海外から日本へ遊びに来る友人や、年配の方などへお試しとしてネット環境を用意してあげる分には使い勝手が良いサービスだと思います。
    まぁ申し込みから開通手続き及び各種設定が難しいので、補助してあげられる人間は別で必要ですけどね(^_^.)
    OCN モバイル ONEのキャンペーン、まだ間に合いますよ~。
    【まとめ】OCN モバイル ONEの6,000円キャッシュバックキャンペーン適用で6月末まで月額0円~70円で利用できる格安SIMについて

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    SIMmatome
    2014.2.3更新 BIGLOBE LTE・3GのSMSオプション料金を追加
    2014.2.14更新 OCN モバイル ONEの6,000円キャッシュバック記事リンク追加
    【激安】6月末までの期間限定でOCN モバイル ONEが月額0円で1日60MB、または月額70円で月間2GBの格安SIMに!6,000円キャッシュバックを最大限活用する裏ワザを紹介!

    格安SIMサービスとしては人気が高いOCNモバイルONEとIIJmio BIC SIM、BIGLOBE LTE・3G、日本通信のb-mobile X SIMのサービスを、各社の特徴を含めて比較してみました。

    現状どこのサービスが良いか?という部分については『人による』としか言えず、この4社に関してはそれほど差が無いので、比較してみて自分に合いそうだなと感じるところで良いかと思います。
    今回IIJmioのサービスは総合的にメリットが多いBIC SIMで比較しています。

    4社で共通している部分は、初期費用の3,150円とLTE通信速度は112.5Mbps、月単位で無料でプランを変更できる部分もOCNとIIJmio、BIGLOBEやb-mobile X SIMの特徴です。
    OCN モバイル ONE IIJmio BIC SIM BIGLOBE LTE・3G b-mobile X SIM
    初期費用(パッケージ代金) 3,150円
    3,150円 3,150円(2014年1月31日より2014年2月28日までイオン店頭購入は1,980円)
    契約月通信料金 0円(無料) 日割り計算 0円(無料) 日割り計算
    通信速度 最大112.5Mbps
    容量超過後の速度 200Kbps 128Kbps 200Kbps
    プラン変更 可能(一ヶ月に一回、変更は無料、回数制限無し) 可能(ただしスタンダードプランに移ると以後他のプランへの変更は不可 可能(ただしプラン I,N,B内のみで、スマートSIMシリーズからb-mobile X SIMに変更した後は元の契約には戻れない)
    転送制限容量
    ※制限後の速度は全社不明
    おそらくその時々による
    3日間で366MB以上 ■ミニマム・ファミリー/3日間で366MB
    ■ライト/3日間で120MB
    ※規制は200Kbps通信時で発生し、高速通信時の規制は無し
    3日間で360MB以上 3日間で360MB以上
    縛り期間 無し 2ヶ月 無し 無し
    SMS対応 有り(別途月額126円) 有り(別途月額157円) 有り(別途月額126円)
    サービス開始月は無料
    今のところ無し
    500MBプラン 無し 945円/ミニマムスタートプラン 無し 945円/600MB
    プラン N
    1GBプラン 1,260円 無し 980円/エントリープラン 無し
    2GBプラン 1,580円 1,596円/ライトスタートプラン 1,580円/ライトSプラン 2.2GB/1,580円
    プラン B
    3GBプラン 無し 無し 2,980円/ライトMプラン 無し
    1日30MBプラン 980円 無し 無し 40MB/980円
    プラン I
    1日60MBプラン 1,480円 無し 無し 無し
    7GBプラン 1,980円(速度は最大500Kbps) 無し 3,980円(速度は最大112.5Mbps)/スタンダードプラン 無し
    複数SIMプラン 別途月額945円(SIM3枚)または1枚あたり別途月額472円で最大4枚まで追加可能 2,688円(SIM3枚/月間合計2GBまで)/ファミリーシェアプラン 3,980円(SIM3枚/スタンダードプランに含まれる) 無し
    公衆無線LAN 無し Wi2 300 無し
    SIMの返却 必要 送料は自己負担(80円切手の封筒でOK)
    容量繰越 不可 可能(翌月末まで) 不可 不可
    容量追加購入 可能(1GB,2GBプランのみ、500MBで525円、上限は合計で5GBまで) 可能(繰越は3ヵ月後の末日まで) 可能(100MBで315円) 可能(100MBで315円、500MBで1,260円で期限は90日間)Turbo Charge
    速度ON/OFF 不可 可能(アプリ切り替え可能) 不可 不可
    購入方法 Amazon楽天NTT-X Storeなど Amazon楽天、ビックカメラ店頭など AmazonBIGLOBE、イオン店頭など Amazon楽天NTT-X Store、イオン店頭など
    割引について NTT-X Storeでの購入は370円OFF、AmazonではSMS非対応SIMが大幅割引中
    既存ユーザーはSMS対応SIMへの交換手数料1,890円が2014年1月31日まで無料
    価格はどこも同じ
    ビックカメラではポイント10%還元
    イオン店頭購入のみ初期費用が3,150円→980円のキャンペーンを実施中
    ※2014年1月13日まで
    終了済み
    2014年1月31日より2014年2月28日までイオン店頭購入で1,980円

    基本的なプランの自由度の高さで言えば、やはりOCN モバイル ONEがバリエーション豊かなプランで一歩リードしている感じがします。
    IIJmio BIC SIMは1GBプランを用意してないなど、500MBの次が2GBと一気に飛んでしまうのが使いにくいイメージですが、付加価値として利用できるオプションが多かったり、容量の繰越や追加購入、速度切替など柔軟な使い方ができます。
    BIGLOBE LTE・3Gに関しては1GBのプランが980円という安さで、他社には無い強みがあります。
    2014年1月より提供が開始したb-mobile X SIMに関しては、他社と価格を揃えた上で、少しだけ通信容量を多くしているのが特徴です。
    2014年2月時点では、b-mobile X SIM以外のプロバイダはSMS対応SIMの提供を開始しています。
    他、各社1GBプランの提供や値下げ(980円にする事)も時間の問題かと思われますが、確定事項ではないので難しいところですね。

    今回、2013年 12月よりBIGLOBE LTE・3Gが1GBで月額980円という魅力的なプランを打ち出してきて、『プラン変更が可能』な格安SIMサービスでは2強であったOCNやIIJmioに匹敵する料金とサービス内容です。
    そして2014年 1月からは日本通信のb-mobile X SIMが他社と同じ形式の『プラン変更が可能』なサービスとして登場し、今回の4社にしてみればそれほど大きな違いはありません。
    ただ、細かい部分で出来る事出来ない事が違ってきますので、使いそうだなと思う機能が一番多いサービスを選ぶと良いかと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2014-01-23 22 03 06
    1月21日よりTry WiMAXで受付を開始したWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』ですが、21日中に申し込み後、当日中に発送、そして翌日の22日には到着いたしました。
    今後10日間くらいは各モードやバッテリーテスト、東京や神奈川エリアでのスピードテストなど個人的にフィールドテストを行います。
    ではさっそく開封の儀です。
    Try WiMAXはこちらより

    まずは化粧箱ですが、化粧箱というには貧相すぎるくらいの『ただの箱』です(^_^.)
    最初はTry WiMAX用だからこういうシンプルな箱なのかとも思いましたが、どうやら正式な製品の箱がこの箱のようですね。
    なんというか、デジタルガジェットの箱は単なる『家電』の箱ではなく、開けるときにワクワクするような高級感のある箱が望ましいですね。
    この点は少し残念でした。

    写真 2014-01-23 22 03 19写真 2014-01-23 22 05 20
    箱を開けると本体が登場。
    後は各ケーブル類に取り扱い説明書などです。

    写真 2014-01-23 22 06 19
    短い変換ケーブルも入っていたのですが、こちらは給電用のケーブルのようです。
    HWD14はモバイルバッテリーとしても利用できるので、そのためのケーブルですね。

    写真 2014-01-23 22 05 59
    アダプタと充電用のケーブルはスマホなどと同じタイプです。
    全てのレンタル品に『Try WiMAX』のシールが貼ってありました。

    写真 2014-01-23 22 07 13
    HWD14のレンタル提供開始初日に申し込んだので、本体は新品!と思ったのですが、若干小キズもあったりフィルムなども貼ってなかったので、どこかの展示機か発売前のフィールドテスト機、その他開発中のテスト機などから回しているように思います。

    写真 2014-01-23 22 07 59
    SIMスロットにはシールが貼ってあり、SIMを取り出せないようになってました。(シールを剥がせば取り出すことは可能と思います)

    写真 2014-01-23 22 07 46
    マイクロSDスロットは利用できるようなので、試しに入れて使用してみたいと思います。
    ※返却時に取り出し忘れが無いようご注意ください
    また、ストラップホールは正面から見て右下の位置にあります。

    画像1
    画像2
    URoad-Aeroと比べるとこんな感じです。
    やはり厚みがある分結構ズッシリきますね。
    最厚部で比較すると、HWDが約15.7mm、URoad-Aeroが約8.4mmなので約2倍の厚みです。
    裏蓋は無いのでバッテリー交換は出来ないようです。
    充電に関してはQi対応なので、ワイヤレス充電も可能です。

    画像1
    タッチパネルは静電容量方式です。
    解像度は低いので表示は結構荒いのですが、そのおかげでタッチパネルの反応は良好です。
    アイコンも大きくて、動作に関してモッサリ感はありませんでした。
    AndroidベースのOS搭載という事でAndroid2.2時代のような感じを予想していたのですが、想像以上に快適に操作可能です。
    レンタル品はすでにアクティベート済みのため、起動後に接続したい端末でパスワードを入力すればすぐに繋がります。
    初期パスワードとSSIDの確認の仕方は、ロック解除後→クイックメニュー→SSID情報で確認できます。
    またはロック解除後→設定→情報→SSID情報からもいけます。

    製品が届いた時点で、通信容量は0GBにリセットされてました。
    ちなみにTry WiMAXでもハイスピードプラスエリアモードが利用可能です。
    使ってしまったら別途月額1,055円の料金が発生するわけではありませんのでご安心ください。

    注意点として、Try WiMAXではレンタル品を使いまわしています。
    よって、7GBの制限が近い端末が送られてくる可能性が0とは限りません。
    あまりに残りの通信容量が少ない端末は流石にレンタル品に回すとは思いませんが、月末付近で申し込むと月初めから数回、他のユーザーが使った後のルーターが届く可能性もあるため、7GBをフルで利用したい方はなるべく月始めに申し込むと良いかと思います。
    この件についてはTry WiMAXのページにも注意書きがあります。
    HWD14をご利用のお客様へのお願い
    ・レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客様が利用する場合があります。その場合、他のお客様の通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください。
    以上になります。
    とりあえずは24時間単位で各モードやバッテリー持続時間などを試していきたいと思います。
    【LTEオプション無料】2014年 1月のWiMAX 2+キャンペーンを徹底比較!キャッシュバック増額傾向で今後も期待できそう

    このページのトップヘ

    ブログパーツ