タグ:MEDIAS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-10-04 17 57 16
    先日購入したばかりのdocomoの2画面スマートフォンMEDIAS W(N05E)の、開封の儀及び簡単なレビューです。
    実際にこの端末はメインで利用しないのですが、2画面の操作感は心を動かされるものがありました。

    写真 2013-10-04 17 04 39
    まずは化粧箱です。
    相変わらず国産スマホらしさ全快の『ガラケー箱』で、高級感もへったくれもないような箱です(^_^.)
    空けるときのワクワク感が国産スマホの箱には感じられないのが少し残念ですね。

    写真 2013-10-04 17 23 23
    写真 2013-10-04 17 23 49
    こちらは電池パックです。
    2,100mAhで、普通のスマホにしては2画面という事もあり大きめかなという印象です。

    写真 2013-10-04 17 24 22
    意外だったのが、保護フィルムが標準で付属してます。
    それも2枚も!やはり2画面スマホで、片方の面はかなり傷つきやすいですから、気を使って両面分入れてくれてるようです。

    写真 2013-10-04 17 09 12
    その他、2GBのMicroSDカードが端末にセットされた状態で入ってました。
    2GBなんて使い物にならない容量なので、ほんとに試供品ですね。

    写真 2013-10-04 17 25 03
    全部でこれだけです。
    イヤホンなどは付属してませんでした。

    写真 2013-10-04 17 25 40
    デザインは可も無く不可も無く、無難な感じです。
    シルバー部分が若干安っぽいイメージですね。

    写真 2013-10-04 17 25 56
    左側面には上からイヤホンジャック、ボリュームボタン、電源ボタンが付いてます。
    また、こちら側から二つに開く事ができます。

    写真 2013-10-04 17 26 15
    上部はUSB端子だけですね。

    写真 2013-10-04 17 26 31
    開くとこんな感じです。
    ニンテンドーDS や3DSのように途中でカチッと止まるような構造ではなく、完全に開ききらないと固定できません。
    まぁ構造上途中で止まられてもどうすることもできませんが(^_^.)

    写真 2013-10-04 17 26 52
    完全に開くと、一枚の板のようにフルフラットになります。
    片手サイズのスマホから一気に大きなスマホに変身しました。
    お次は実際に使用してみた感じです。

    写真 2013-10-04 17 57 16
    一番魅力的に感じた部分は、やはり2画面を独立して使用できるという部分です。
    上画面で動画を流しながら、下画面でブラウジングなどは、まさにパソコンのデュアルディスプレイ環境そのものです。
    私も自宅のパソコンはデュアルディスプレイではないのですが4枚モニタで使用してますので、複数のモニタを使う便利さは経験してます。
    それがスマホで出来るというところに感動しました。
    もちろん動画だけでなく、LINE+ブラウザや2ch+ブラウザ、ゲーム+ブラウザなど、組み合わせは自由に選べます。

    写真 2013-10-04 17 58 21
    一画面で大きく表示する事もできます。
    ディスプレイの間にあるべゼル部分が若干邪魔ですが、こればかりは仕方ありません(^_^.)

    写真 2013-10-04 17 58 55
    そして横画面で大きく表示する事もできます。
    これもべゼル部分が邪魔で少し見ずらいですね。

    写真 2013-10-04 18 01 00
    縦持ちで左右にブラウザや別アプリを展開する事ももちろん可能です。
    まさにデュアルディスプレイ環境ですね。

    2画面あるので重さもそれなりで、183gもあります。
    片方の画面だけで普通のスマホのように使用すると小さい割にはズッシリくるスマホなので、持ち運びは折りたたんで、普段使う際にはほとんど2画面で利用するだろうというユーザーであれば、かなり便利に使いこなせるのではないでしょうか。
    下記は開封動画です。
    docomo MEDIAS W N-05E ブラック 白ロム
    NECカシオモバイルコミュニケーションズ
    売り上げランキング: 25,690
    クリスタルカバー MEDIAS W N-05E(クリア)
    PDA工房
    売り上げランキング: 6,084

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2013-10-04 17 07 00

    先日も記事にした高額月々サポートが魅力的なMEDIAS W(N05E)ですが、さっそく購入してきました。
    月末まで待とうかとも思ったのですが、今月はちょっと多忙だったりauからの移動だと月末は料金がフルにかかってくるので、とりあえず現状の条件で手を打つ事にしました。
    安売りの記事はこちら
    【携帯安売】高額月サポ案件! docomo N05EがMNP一括3,150円!N04EやL04EもMNP一括0円! コンテンツは有り

    該当のTweetはこちらです。


    お店はケータイショップNo.1さんですね。
    実はこちらの店舗さんでは初めての購入です。
    Tweetがあった日に取り置きしてその日のうちに買いに行きました。
    取り置きは3日間出来ると言う事で、結構良心的ですね。
    ※時期や端末によるかもしれません

    ではまず条件から。
    Tweetでは有料コンテンツが20とあり、電話で確認した時も315円~390円のコンテンツが20個と聞いていたのですが、実際は少しだけ違っており525円のコンテンツもありました(^_^.)
    しかも2つ…こういう細かいところで伝えミスがあるのはちょっと残念ですね。
    というのも、激安ケータイショップで購入するユーザーのおそらくほとんどが、安い店舗や良い条件を探しているからです。
    390円のコンテンツは1つだけで、全部で6,800円でした。
    それが月跨ぎでの契約なので、有料コンテンツ代は合計で13,600円ですね。
    もし315円が20個であれば12,600円になりますね。

    そして後はdocomoのオプションです。
    内容はケータイあんしんパック、おすすめパック、Xiカケ・ホーダイ、ドライブネット、NOTTV、dビデオでした。
    こちらも月跨ぎでお願いとの事です。
    この中で無料で済まないXiカケ・ホーダイとdビデオの代金が2ヵ月分だと2,450円と結構負担が大きいです。
    あとはSPモードと、月々サポート適用のためXiパケ・ホーダイ ライトに加入しました。
    こちらは来月からXiパケ・ホーダイ ダブルに移行する予定です。

    元々メイン回線を移動するので、メールアドレスを維持しつつ2年間は3円で利用させてもらおうかなと思ってます(^_^.)
    少しだけ月サポの余りがあるのでXiプランにもかかわらず無料通話つきますしね。

    この回線を使用して実際に日常で使う端末は何にしようか迷ったのですが、結局GALAXY NEXUS(SC-04D)に決まりました。
    GALAXY S4(SC-04E)なども考えたのですが、未だに40,000円以上で売却可能な端末を使うのはモッタイナイ期が気がするので、古い端末ですがSC04Dを利用する事になりました。
    実際使用する情報端末はほとんどiPod touchしか使ってないので、SC04Dはまぁただの電話ですね。

    MEDIAS W(N05E)については近々売却予定です。
    一風変わった端末なので白ロムの相場は高額ですね。
    docomo MEDIAS W N-05E ブラック 白ロム
    NECカシオモバイルコミュニケーションズ
    売り上げランキング: 25,690

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像1

    docomoより発売中のAndroidタブレット『AQUOS PAD SH-08E』をビックカメラにて触ってきました。
    7インチクラスのタブレットとしては現在発売している中では最高峰の製品だと思いますので、期待してましたが…結果は少し残念な評価に(^_^.)

    まず大きさですが、小さいですね。
    一世代前の7インチタブレットと比べるとべゼルが狭いこともあり、かなり小型に感じます。
    NEXUS7と並べて見ると目の錯覚がおきるくらいに大きさに差があります。

    重さについては288gと300gを切っていてかなり軽い部類なのですが、MEDIAS TAB UL N-08Dの249gと比べてしまうと少し重たく感じてしまいますね。
    MEDIAS TAB UL N-08D
    MEDIAS TAB UL N-08D
    posted with amazlet at 13.08.13
    NEC
    売り上げランキング: 60,259
    しかしSH-08Eは防水機能も備えておりIGZOディスプレイ搭載、スペックも十分なので価格さえまともであれば新型NEXUS7に対抗できるタブレットになりそうなのですが、残念ながらdocomo回線とセットでの販売のため、本t内価格はべらぼうに高いです。

    そして一番残念だった点は、ディスプレイのタッチの感度が非常に悪い事です。
    最新機種にもかかわらず指を動かしてから画面が動き出すまでにワンテンポ遅れます。
    これは二世代くらい前のAndroidスマホのような感覚で、当然私が使用しているSC-01Eと比べてもモッサリしています。
    目立って遅く感じた操作は、指二本でのピンチ操作です。
    ピンチ操作は個人の指の幅という限られたスペースでしか操作できないため、拡大操作をする時にワンテンポ遅れるとほとんど拡大されません。

    アップデートでなんとかなる範囲なのかもしれませんが、現状のままではハッキリ言って『使えないタブレット』ですね。
    しかしながら、リンクをクリックしてからのページの表示速度や読み込み速度に関しては文句のつけようが無い速度で表示されます。
    やはりLTE通信でこのCPUパワー&メモリがあればサクサクとウェブなどを閲覧できると思います。

    タブレットやスマホに関しては、表示速度も大事ですがディスプレイの感度はもっと重要なことだと思いますので、今後のアップデートに期待したいですね。
    なお、白ロム価格は7インチタブレットとしては7万円近くの価格なので、割高感は否めませんね(^_^.)
    docomo SH-08E AQUOS PAD ホワイト 白ロム
    シャープ
    売り上げランキング: 22,278

    このページのトップヘ

    ブログパーツ