タグ:Venue

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    画像2
    Dell Venue 8 Proの純正Bluetoothキーボードの展示機があったため、触ってきました。
    場所はビックカメララゾーナ川崎店です。
    まさか展示機が置いてあるとは思わず、思わぬ収穫でした。

    タイプした感覚は、かなり良い感じです。
    私がMiix2 8で私用しているiPad mini用のBluetoothキーボードと比べると雲泥の差で、今回のキーボードを触ってみてから、やっぱりもうちょっと良いキーボードが欲しいなぁなんて思ったりもしました(^_^.)

    画像4
    造りはチャチな感じではなく、沈み込みは浅いです。
    かなりコンパクトにまとめているため、キー配列は結構無茶な感じになってますが、基本的な操作は問題なく可能です。
    ただ、キーの割り当てが未だに未完成なのか、()←カッコを入力したり、入力切替など普通のキーボードで当たり前のようにできる事が一発で出来なかったので、その辺は慣れが必要なようです。

    重さについて、当初400gあると思っていたのですが、これは純正のケースも含めた重さで、キーボードだけだと226gのようです。
    こちらに購入レポート記事がありました。
    Dell Venue 8Pro用デルタブレット用ワイヤレスキーボード:みゃうのリカバリーをする前に

    Miix2 8とセットで使う場合は、576gになり、今現在わたしが使用している環境と全く同じになりますね。
    【レビュー】レノボMiix2 8にiPad mini用のBluetoothキーボードを取り付けてみた 合わせた重さは580gで快適!
    10gくらいの軽い簡易スタンドがあれば、Venue 8 Pro用のキーボードとMiix2 8でも600g以内の納められるので、何か良い汎用アイテムがあればこの組み合わせも悪くないと思います。
    まぁキーボード自体は8,000円するのでちょっと高いですが(^_^.)

    なお、キーボード単体での販売は無く、ケースとキーボードセットで標準価格は10,000円です。
    Venue 8 Pro&ケース&キーボードだと合計で800gくらいになるので、流石にちょっと重たいと思います。
    時期モデルにはSurfaceのようなキックスタンド搭載を期待したいですね(^_^.)
    現在Amazonでは20%OFFで、約8,000円で購入可能です。
    在庫は切れてますが、注文自体は可能なようなので、店頭で触ってみてから検討するのも良いと思います。
    Dell Venue 8 Pro用 Tablet Wireless Keyboard & Folio Case(Bluetoothキーボード&専用スタンド付ケース(キーボードマグネット着脱可能)) Tablet Wireless Keyboard & Folio Case 13Q41
    thsdg

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    画像2
    先日はヨドバシカメラ横浜店で確認できたDell Venue 8 Proですが、今度はビックカメラ ラゾーナ川崎店で展示機を発見しました。
    【NEWS】ヨドバシカメラ横浜店にてDell Venue 8 Proの展示機を発見!数少ない実機を触ることが可能
    ビックカメラの展示機はブラックではなくレッドカラーが置いてあり、こちらも個性がありかっこいいですね。
    ほとんどのタブレットはブラックかシルバー、またはホワイトなので『赤』というのはかなり目立ちます。

    今回ビックカメラで確認できた事もあり、本格的に展示機が配備されてきたように感じます。
    たまたま伺ったヨドバシ横浜とビック川崎だけが置いてあっただけかもしれませんが、ヨドバシ川崎やビック横浜などでも実機を触ることができるのではないでしょうか。

    DellのVenue 8 Proが店頭で触れるようになり、東芝のVT484、AcerのICONIA W4-820、ASUSのVivoTab Note 8、lenovoのMiix2 8、そしてDellのVenue 8 Pro、合計5ブランド5機種の8インチWindowsタブレットを店頭で触ることが可能です。
    各店舗にはWindowsタブレットコーナーが別途設けられてますので、じっくり体験してから購入を検討することができます。
    lenovoのThinkPad 8については、どちらかといえば法人向けモデルのイメージが強いためか、ビックカメラでも今のところ展示機の予定は無いと言われました。
    こちらも早いうちに実機が触れるようになる事を祈ります(^_^.)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    写真 2014-01-18 13 58 25
    2013年 11月や12月そして2014年 1月は、本格的に国内でWindowsタブレットが発売する事もあり、LenovoのMiix2 8やDellのVenue 8 Pro関連の記事をたくさん書きました。
    やはりIT業界的には関心が高いのか、アクセスもそれなりに伸び関連商品の紹介ではその商品代金を上回る額のアフィリエイト収益を出せました。

    もちろんこれが単なる『Androidの夏モデル新機種』や『春モデルの最新パソコン』というだけの内容であればこれほどまで注目はされなかったでしょうが、今回初めて8インチのWindowsタブレットが本格的に発売!という事が大きな関心を得たように思います。
    初めて…という事が重要であり、Windowsタブレットも今発売しているメインの4機種の次世代型が発売するという関連記事では今回のように注目を集められないと思います。

    そして今回その『初めて』にうまく乗れたため、紹介した商品が飛ぶように売れました。
    一番目立って売れたのは、Miix2 8用に購入したiPad mini専用のBluetoothキーボードです。
    レビュー記事はこちら

    価格は3,000円程度ながら、しっかりとしたレビュー記事&前述の話題の製品に関する周辺機器ということもあり、記事公開初日から毎日2-5台売れていて、現在でも同じペースで売れ続けています。
    基本的にAmazonアソシエイトは、紹介した商品がそのまま売れることは本当に稀というか少ないです。
    その中でこのキーボードだけは、リンク先からダイレクトに売れる数少ない商品です。
    当ブログでは商品発送数300を超えているので料率が5.25%です。
    1台あたり約150円の収益があるので、20台売ればもう全額回収できてしまい、実際のところ記事を書いた一週間後くらいには商品代金は全額回収できてました。
    記事を書くにあたり要した時間や写真枚数などそれなりに労力も使ってますが、この商品はレビューのために購入したわけではなく自分で使いたいから購入した商品なので、まさかここまでこの商品が売れるとは思いませんでした。

    この経験から、初めて市場に投入される新製品や話題の製品を細かく丁寧なレビュー記事にすると、紹介した商品も売れやすくその商品代金を回収できるくらいのアフィリエイト収益を得られるのかと思います。
    まぁ…今回がたまたま良かっただけかもしれませんが(^_^.)
    あとやはりある程度ブログのアクセス数も大切だと思うので、ブログ開設当初に同じ事をしていても同じような収益はあげられなかったと思います。

    予断ですが同じくタブレット本体のMiix2 8やVenue 8 Proなども大量に売れており、こちらは1台あたりAmazonアソシエイト上限の1,000円の収益が入り、Miix2 8の購入資金(約30,000円)を余裕で回収できるくらいバンバン売れています。
    今回は自分が使う製品でこれだけ収益をあげられましたが、『レビューのために商品を買う』という事をしてもある程度購入代金は回収できるのかも知れませんね。

    今回売れに売れまくった商品達は下記の商品です。
    しかしまぁ、ただ『良いですよ!』って紹介するだけじゃぜんぜん売れないんですけどね(^_^.)

    このページのトップヘ

    ブログパーツ