タグ:Windows8

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1661

    先日発売したばかりのMicrosoft Windows 8搭載タブレット端末『Surface Pro』を拝見してきました。
    やはりWindows 8搭載だけあって、良い意味での普通のパソコンですね(^_^.)

    実機を見て初めて気づいたのですが、Surface RTとはOSやハードウェアスペックが違うだけかと思いきや、実はサイズなども違っていました。

    IMG_1660
    IMG_1659
    分厚いんです。
    予想以上に分厚くて、そして重たいですね。

    【Surface Pro】
    サイズ:275x173x14mm
    重さ:約 907g
    バッテリ駆動時間:約4時間

    【Surface RT】
    サイズ:275x172x9mm
    重さ:約 680g
    バッテリ駆動時間:約8時間


    サイズやバッテリー性能のスペック比較ですが、やはりProとRTとでは大きく違います。
    RTと比べて厚みは約5mm厚くなり、重さは約230g重たく、そしてバッテリー性能に関してはRTの半分程度しか持たないようです。
    この4時間という数字は公式では発表されてなくて、管理人が色んなレビューサイトを見て拾ってきた数字なのであてにはならないかもしれないですが、公式サイトではRTのバッテリー性能は載っていても、Proについては載っていなかったりします(^_^.)
    なぜ隠すようなまねをするのかは謎ですが、とりあえず誤差があったとしても4時間前後というところでしょうか。
    ですからバッテリー性能については少し残念でした。
    しかし重量については1kgを切っており、サードパーティより発売しているWindows 8タブレットよりは軽い部類に入ると思います。

    RTからProになって、OSだけがWindows 8になってパワーアップした!と思っていたら痛い目を見るので注意したほうが良さそうですね。
    ハードウェア、ソフトウェア共にスペックアップしてますが、その他気付かない部分でスペックダウンしている点もいくつかあるという事ですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1413
    ASUSのウルトラブックVivoBook X202E-CT3317を購入してからしばらく経過しますが、このパソコンはタッチパネルに対応してます。

    そしてOSがWindows 8、となるとやはりタッチパネルどうなの?となりますよね。
    そもそもノートパソコンでタッチパネルを使うのかどうかというところですが、しばらく使用してみてわかったのですが、たまに使います(^_^.)

    購入前は全く使わないと思っていたのですが、実際触ってみると意外と使うシーンがあったりしました。
    これはおそらく11.6インチというサイズと、ノートパソコンという形状だからこそ使うことがあるのだと思いました。
    デスクトップパソコンでタッチパネル対応していても、ディスプレイまでの距離があり過ぎてわざわざ手を伸ばしてタッチするというのはあまりにも非効率的で疲れます。

    しかしノートパソコンであれば、キーボードとディスプレイの距離が非常に近いです。
    さらにノートパソコンにはマウスが付属していないので、マウスカーソルの移動やスクロールはタッチパッドで行うことになります。
    かなりタッチパッドに慣れている方であればタッチパネルを使用することは無いかもしれませんが、なんだかんだでタッチパッドよりも少し手を伸ばしてディスプレイで操作する方が速いという事が何度かありました。

    11.6インチというサイズも大いに影響しているかと思います。
    モバイルノートだと基本、体から近い位置で操作する事になります。
    電車で膝の上や、カフェやカウンタータイプの席の上など、PCと操作する人が近いので、タッチするときに『手を伸ばす』や『タッチしに行く』という感覚があまりありません。

    おそらくは以上のような理由があり、わずらわしく感じずにタッチパネルを操作できたのではないかと思います。
    もし15.6インチのノートパソコンだとどうなるのか…気になるところですが、デスクトップパソコンでは間違いなく使わないだろうなと思いました(^_^.)

    とりあえずウルトラブックで11.6インチ~13.3インチクラスを購入予定の方は、タッチパネル対応を購入しても全く使わないという事は無いかと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    4月に購入したASUSのウルトラブック、『 VivoBook X202E-CT3317』をしばらくし使用してみての感想です。

    IMG_1329
    画像は先日出先で利用している時です。
    残念ながらオシャレなカフェでもスタバでもなく、サミットストアという普通のスーパー内のフードコートです(;^ω^)

    ちょっとだけブログ記事の修正があったので、ササッと広げて修正しました。
    持ち歩いているときは常にスリープモードなので、当然起動は速いです。



    パフォーマンス的にも問題はなく、ブログを修正したり書いたりする分には十分ですね。
    不便に感じることは無いのですが、重さが約1.4kgあるので少し重たい(-_-;)
    タブレットに慣れているとキツく感じますが、じきに慣れるかと思います。

    最近では45,000円で購入できる店舗は少なくなっていて、かなり値上がり傾向にあります。
    価格.comでも48,000円前後なので、ヨドバシカメラやビックカメラなどではあまり期待できなさそうです。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ