タグ:X202E-CT3317

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1748

    仕事の合間にビックカメラに寄り、発売したばかりのSONYのウルトラブック『VAIO Pro11』と『VAIO Pro13』を見てきました。

    VAIO Pro11は想像以上の軽さで度肝を抜かれました。
    やはり軽いは正義ですね~、ハイスペックモバイルノートとしては十分だと感じました。
    店頭に置いてあったモデルはタッチパネル搭載機なので870g、タッチパネル式ではないモデルだと770gということなので、さらに軽いことになりますね。

    私が今使っているASUSのX202E-CT3317だと1.4kgあるので、約半分くらいの重さになります。
    まあ値段は約4倍しますが(^_^.)

    正直この重さであれば毎日持ち歩いても苦にならないだろうと思いますが、やはり価格的に手が出ませんね。
    せめて10万を切ってくれれば検討する段階に入るのですが…

    外観のデザインは悪くないのですが、薄さにこだわったせいか各パーツが若干やわい感覚を受けました。
    IMG_1749

    天板などは押せばたわみますし、軽すぎて少し安っぽさが出てしまっているのかなと。
    なので耐久性は少し心配な感じ(^_^.)
    今後は5万円前後のエントリーモデルでも1kgを切るモデルが沢山出てきそうで、期待したいですね。

    ソニー SVP11218CJBI VAIO Pro11 ブラック
    ソニー(SONY) (2013-06-22)
    売り上げランキング: 10,766

    ソニーストアはこちら
    VAIO Pro 11

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1550

    4月の中旬に申し込んだASUSのキャンペーン『CHANGE YOU!ASUS“変えるを、叶える”キャンペーン!』ですが、どうやらPCバッグとマウスが当選したらしく、本日無事に届きました。
    応募した時の記事はこちら 【ハズレ無し】ASUSのCHANGE YOU!ASUS“変えるを、叶える”キャンペーン!に応募してみた。

    オリジナルPCバッグ+マウスは1,000人に当選という事で、出来れば5人に1人は当選するハードディスクが当たってくれれば良かったのですが、運がなかったようです(^_^.)

    IMG_1552
    IMG_1551
    PCバッグのカラーは残念ながらピンク…これもブラックであれば利用できそうだったのですが、さすがにピンクはちょっときついですね(^_^.)
    まぁインナーバッグとして利用すれば使えない事も無いですが。
    マウスは安そうな普通のマウスです。
    とりあえず後日試しに使ってみます。


    IMG_1553
    サイズはピッタリで、ASUS VivoBook X202E-CT3317がすっぽり入ります。
    衝撃吸収素材のようなものも使っているようで、それなりに利用価値はありそうです。
    まぁ無料の品なので文句は言えませんね(^_^.)

    6月1日(土)より新しいキャンペーン『夏の絶対もらえるキャンペーン』が開始したようですね。
    【ハズレ無し】ASUSがノートPC購入でアクセサリーをプレゼントする『夏の絶対もらえるキャンペーン』を実施

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_1413
    ASUSのウルトラブックVivoBook X202E-CT3317を購入してからしばらく経過しますが、このパソコンはタッチパネルに対応してます。

    そしてOSがWindows 8、となるとやはりタッチパネルどうなの?となりますよね。
    そもそもノートパソコンでタッチパネルを使うのかどうかというところですが、しばらく使用してみてわかったのですが、たまに使います(^_^.)

    購入前は全く使わないと思っていたのですが、実際触ってみると意外と使うシーンがあったりしました。
    これはおそらく11.6インチというサイズと、ノートパソコンという形状だからこそ使うことがあるのだと思いました。
    デスクトップパソコンでタッチパネル対応していても、ディスプレイまでの距離があり過ぎてわざわざ手を伸ばしてタッチするというのはあまりにも非効率的で疲れます。

    しかしノートパソコンであれば、キーボードとディスプレイの距離が非常に近いです。
    さらにノートパソコンにはマウスが付属していないので、マウスカーソルの移動やスクロールはタッチパッドで行うことになります。
    かなりタッチパッドに慣れている方であればタッチパネルを使用することは無いかもしれませんが、なんだかんだでタッチパッドよりも少し手を伸ばしてディスプレイで操作する方が速いという事が何度かありました。

    11.6インチというサイズも大いに影響しているかと思います。
    モバイルノートだと基本、体から近い位置で操作する事になります。
    電車で膝の上や、カフェやカウンタータイプの席の上など、PCと操作する人が近いので、タッチするときに『手を伸ばす』や『タッチしに行く』という感覚があまりありません。

    おそらくは以上のような理由があり、わずらわしく感じずにタッチパネルを操作できたのではないかと思います。
    もし15.6インチのノートパソコンだとどうなるのか…気になるところですが、デスクトップパソコンでは間違いなく使わないだろうなと思いました(^_^.)

    とりあえずウルトラブックで11.6インチ~13.3インチクラスを購入予定の方は、タッチパネル対応を購入しても全く使わないという事は無いかと思います。

    このページのトップヘ

    ブログパーツ